今注目のニュース
休校前と休校中で毎日はどう変わった? ADHDの子どもたちと共働き母のビフォーアフター漫画
白髪染めの理想的な頻度とは
あ~もうかわいすぎるっ! 子猫がかわいすぎて思わず抱っこする猿

テレンス・T・ダービー単語

テレンスティーダービー

  • 6
  • 0
掲示板をみる(396)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

イ グ ザ ク ト リ ー
Exactly

(そのとおりでございます)

テレンス・T・ダービーとは、漫画ジョジョの奇妙な冒険」第3部スターダストクルセイダース」の登場人物である。

ダービーと申します テレンス・T・ダービー
再起不能にされたダービーの…弟です

テレンス・T・ダービー

DIOの館で執事をしている1月5日まれの21歳。DIOの部下、ダニエル・J・ダービーの10歳年下の実。 特技はTVゲーム籍はUSA。額、鼻筋、に横線の模様がある。

賭けの敗者の魂を奪うという、ダニエルと共通のスタンドを持つ。は魂をコインにしていたがテレンス手作り人形に魂を入れてコレクションしている。飾ったり着せ替えたり、しゃべる人形と会話して楽しむというマニアック趣味がある。

それなりにを尊敬しておりギャンブルイカサマ天才だと認めているが、見下しもしている。スタンドテレンスの方が多機なため、子供の頃からテレンスとの勝負事を避けていた。テレンス15歳の頃、テレンスガールフレンドにちょっかいを出したので、しこたまブチのめした過去もある。

承太郎たちに勝負を挑むのはDIOを守るためであり、を再起不能にされたことに恨みはないと言い切っている。

Exactly(そのとおりでございます)

対決

注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

DIOの館に乗り込んできたジョースター一行に、「シュゴオォーッ」という擬音とともに謎ポーズをとったままの空中浮遊[1]で高速接近し出迎えた。承太郎の『スタープラチナ』による攻撃の動きを読み軽々と避け、一行にショックを与える。
ケニーGによる幻覚の廊下にを開け、承太郎花京院ジョセフの3人を南の孤に模した地下室にひきずり込んで閉じ込めた。承太郎の心の隙をついて右腕にスタンドの腕を食い込ませており、右腕を賭けてTVゲームバトルを挑み敗者の魂を一人ずつ奪おうとする。

レースゲームF-ZERO」『F-MEGA』を花京院が選び、勝負を挑む。花京院が上級者のゲーマーだと判明。

テレンス花京院 きさまこのゲームやり込んでいるなッ!

花京院答える必要はない

に争い、のちにテレンス若干リードするが花京院体を弾き飛ばす技を繰り出し優勢になった。
・・・と思われたがテレンス花京院がその技をやることを計算に入れショートカットをするという、さらに上手の技を見せ花京院に負けを認めさせて魂を奪う。

そして承太郎の腕に食い込んでいたスタンドの腕を解き、今度は花京院の魂を賭けて承太郎が選んだ野球ゲーム『OH That's A BASEBALL!!』での対決をする。承太郎のあまりの下手さに、偽りなく初心者であるとテレンスは経験から察する。
しかし承太郎は8回のスイングのみで「おぼえた」と言いコツを掴み、ホームランを打って見せる。テレンス精密な動きをする『スタープラチナ』をもつ承太郎の実、そしてDIO承太郎を問題視し、が負けた理由を実感する。

テレンスは自身がどういう球を投げるか「投球予告」をしてスタンドの「心を読む」を使い、承太郎が選ぶバットの振り方を読み取る。攻守交替し、バッターになると「ホームラン予告」をし承太郎が投げる球を読んで点を稼ぐ。心(魂)は質問に対して「YES」「NO」など、2択で表示される。

承太郎ひさしぶりにちと汗をかいたからと帽子を脱ぐ。しかしもう汗はかかないですみそうだと言い、テレンスと同じく「投球予告」をする。テレンスは読心術を使うが、承太郎に表示される心と、ゲームで選ぶ投球が違う結果になってしまう。心の表示はがつけないので、イカサマをしているのかと質問をすると「I DO」(している)という表示が出る。

承太郎が途中で帽子を脱いで置いたのがイカサマトリックなのかと慌てて思案し探るが、テレンスイカサマを見抜くことが出来ず余裕の態度が崩れ次第に焦りだし、苛立っていく。さらに読心術が使えるにも関わらず初めて状況を覆されたショックで、一気に老け込んだ。
そして攻守交替し承太郎ホームランを打たれ、ゲームの負けを内心で認め花京院の魂を離してしまう。

勝負前にテレンスは、とは違いイカサマはしないと発言しておりイカサマに関する経験がないためか、また読心術を持つスタンドであらゆるイカサマを看破できる事に高を括っていたからか『ジョセフ承太郎の代わりにスタンドコントローラーを動かす』という簡単なイカサマに気付ける観察がなかった。ダニエルならなんなく見破っていただろうと承太郎に評される。

執事らしい紳士的な態度を捨て背後から襲おうと足掻くがすぐにバレ、最後は承太郎オラオララッシュ叩き込まれて再起不能リタイヤ)となった。

承太郎「質問だ・・・右の拳で殴るか?左の拳で殴るか?あててみな」

テレンス「ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ」

NO!NO!NO!NO!NO!

テレンス「ひ・・・左?」

NO!NO!NO!NO!NO!

テレンス「り・・・りょうほーですかあああ~」

YES!YES!YES!YES!YES!

テレンスもしかしてオラオラですかーッ!?

ジョセフYES!YES!YES!"OH MYGOD"

バラしてしまいますが これが私の「スタンド」の能力 

アトゥム
【破壊:D / スピード:C / 射程距離:D / 持続:B / 精密動作性:D / 成長性:D】
スタンド名の由来は、エジプト九柱の々の最高天地創造「アトゥム」。
スタンドで顔には本体のイニシャルのTD、肩当や胸など各所にハートの模様がある。
ダニエルスタンドオシリス」同様、賭けに勝つと相手の魂を奪えるをもち、奪った魂は人形に入れている。相手の心に隙ができた時、スタンドが触った部位の内部にスタンドを食い込いこませることも可
相手に質問をすることで「YES」「NO」などの2択形式で相手の心(魂)を読める。2択で答えられるもの限定なので「どんなイカサマをしているか」という内容はわからないが、「イカサマをしているかどうか」はわかる。詳細な内容まで読み取ろうとすると心は表示されなくなる。作中では承太郎イカサマをしている事は「I DO」と表示されるものの、どんなイカサマかという質問の際には「・・・」としか表示されなかった。
心はサーモグラフィーのように表示され、ウソはつけない。

歴代担当声優は本物の人間の魂をこのわたしに宿らせたのです

御覧にいれましょう 兄もあなた方にお見せしたと思いますが………
自分の関連動画を………

この関連商品はわたしのコレクションの中でも特に価値のあるものとなった
大切に保管して楽しむとしよう………

イカサマをしているのはこの関連コミュニティだなッ!このあたりかッ!


NO!NO!NO!NO!NO!

もしかして関連項目ですかーッ!?

 ペット・ショップ(ホルス神)

ケニーG(ティナーサックス) 

脚注

  1. *この動作は、アニメ以前では空中浮遊かスキップで近寄ってきたと解釈されていた。
    アニメでは前者の空中浮遊で描写された。

掲示板

  • 394ななしのよっしん

    2019/10/24(木) 05:47:36 ID: 6OTvHLzpt1

    >>391
    ジャンル違うけどまあ…心読める分テレンスのが上なのは一応間違いではないんじゃないかな、ダービーの強みが明確に効化される相手ではあるし。
    ただそれってた時の話見ても人間では惨敗だろうなあ。
    そもそも親相手に遊びの範疇でスタンド使うって方が頭おかしいとしかいえないし、軽く遊ぼうぜレベルの話でイカサマ使って勝ってやると思うわけないと読心術で無敵イカサマも効かない!なで上下っても虚しすぎるっていうな。

  • 395ななしのよっしん

    2020/01/22(水) 09:04:24 ID: HBg/Ssz21+

    キンクリの先駆けみたいな

  • 396ななしのよっしん

    2020/01/22(水) 09:29:08 ID: mEmd7OkQxq

    >>395
    前にも書いた気もするが、質問はYesかNoでしか答え得られないから、ギャンブルにもよるけど選択肢と心変わりの多い序盤では使っても意味ないし選択肢が絞られたころにはどのみち負け、みたいな展開に追い込まれそうな気がする。
    極論、ダービー戦の演だと受けた時点で負けというか、最後のブラフ勝負(これもダービーが仕掛けたわけじゃない)以外、テレンスじゃイカサマしてることはわかっても、どういうイカサマか、それにどう対処するかの絵が描けない……


    もちろん逆にテレンスが得意とするようなTVゲームだと始めからとりうる選択肢はそこまで広くないから結局のところジャンル次第っていうありきたりの結論になるし、そもそもダービーにそこまでやる気ないってのも間違いないだろうけど。

急上昇ワード

最終更新:2020/04/01(水) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/01(水) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP