テーオーケインズ単語

テーオーケインズ

3.1千文字の記事
掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

テーオーケインズ(T O Keynes)とは、2017年まれの日本競走馬栗毛

門別町・ヤナガワ牧場生産、東・高柳大輔厩舎所属
馬主は小也(テーオー冠を使っている元プロボクサーリフォーム会社の社長ホウオウ冠を使っている小芳央は実)

な勝ち
2021年帝王賞(Jpn)、チャンピオンズカップ(GⅠ)、アンタレスS(GⅢ)

名前の意味は「冠名+人名より」。おそらく経済学者ジョン・メイナード・ケインズと思われる。同期にテーオーマルクスいるし。

概要

*シニスターミニスターマキシムカフェマンハッタンカフェという血統。

の*シニスターミニスターは現役時代ケンタッキーダービーの有ステップ、ブルーグラスSで2着に12身以上離して圧勝したが、それ以後勝ちを挙げられず引退引退150ドル日高の生産者グループに購買され、アロースタッドにて種牡馬入り。種牡馬入り後はダートの短中距離を得意とする産駒を多数輩出している。
マキシムカフェは現役時代未勝利の半レディプレリュードを勝ったタマブリネット、4代の産駒にオークスレディパステルがいる。

競走馬時代

3歳まで

2歳になり高柳大輔厩舎へ入厩。2歳10月京都開催でデビューし、ダート1400mを7番人気から3着に入る。次戦に同条件で後続に4身差を付けて勝ち上がり、続く1勝クラスの寒椿賞で3番手から上がり最速の脚を使うも前残りを許し3着となる。

年が明けて2月東京ダートマイル1勝クラスを勝ち、続くダートオープンSでは中団から脚を伸ばして2着に入るも、リステッドのSでは大きく出遅れて最後方からとなり、追い込むも7着となる。

休養(詳しくは後述)を挟んで京都開催最終週の2勝クラスでは後の重賞サンライズホープを相手に4身差をつけて快勝し、続く3勝クラス摩耶Sでは好位から脚を伸ばし2着に2身差をつけてオープン入りを果たす。
続くリステッドベテルギウスSでは1番人気に支持され、レースでは中団から構えて脚を伸ばしたが、先に抜け出たオーヴェルニュに届かず2着も昇級初戦で好走。
そして年末の東京大賞典でGⅠ初挑戦。3連覇が期待されたオメガパフュームが圧倒的人気となり、ダノンファラオウェスタールンドダートグレード実績に離されたがそれに続く4番人気となる。レースでは中団前を追走し、直線では最後まで前に追いすがり、0.2差の6着と好走する。

4歳

年が明け3月の中オープン名古屋城Sから始動。1番人気に支持され、の浮く不良馬場で行われたこのレースでは、中3番手からめに先頭を捕まえてそのまま押し切り勝ちを収める。
続いて阪神アンタレスSへ出走。2勝クラスから松山弘平が乗っていたが騎乗停止の為スイッチ。ヒストリーメイカーやアナザートゥルース等実績を抑えて1番人気に支持され、レースでは中団前からめに上がり、直線半ばで抜け出して2着に1と3/4身差をつけて重賞初制覇を果たす。

そして帝王賞へ出走。ここでは大井2000巧者オメガパフュームドバイWC2着からの内復帰戦であるチュウワウィザードJpnⅠ2連勝中のカジノフォンテン人気を集め、テーオーケインズはそれに次ぐ4番人気となる。大井競馬場曇天馬場分を多く含んだ重馬場であった。
レースカジノフォンテン逃げ、ダノンファラオがそれをマークする形で淡々と流れる中、インの好位でじっくりと脚を溜める。直線に入って一気に最内から突き抜け、途中ヨレながらもノンコノユメクリンチャーの追撃を全に振り切り、2着ノンコノユメに3身差を付けて圧勝。松山2015年コーリンベリー以来、厩舎や馬主JpnⅠ初制覇となった。なおノンコノユメが突っ込んできた事もあり3連単は238万馬券となった。

休養を挟んで金沢2100mのJBCクラシックから始動。ここでは1番人気に推され、続いてオメガパフュームチュウワウィザードと、戦前帝王賞の再戦ムードが漂っていた。しかしスタートで大きく出遅れてしまい、それをカバーする為脚を使って先頭を見る3, 4番手まで押し上げる。しかし直線に入って今ひとつ伸びを欠いて4着となる。

その後チャンピオンズカップへ出走。ここでは白毛桜花賞ソダシダート路線に参戦し注を集め、地方からカジノフォンテンが出走。他にはチュウワウィザードカフェファラオなども参戦。最終的には単勝3.3倍の1番人気に支持された。
レースでは最内ソダシハナを切り、テーオーケインズは5, 6番手の好位から追走する。若干行きたがる素振りもあったが上の松山が宥めつつ進み、直線入口でソダシを捕まえにかかったインティを残り200m地点で楽に交わすと勢いは衰えず。結果2着チュウワウィザード6突き放して圧勝。一気にダート路線の頂点へと上り詰めた。
なおチュウワウィザードとのタイム差はジャスト1開いている。JRAダートG1で1以上のタイム差が付いたのは、あのクロフネ2001年ジャパンカップダート以来2例である。

このレースを制したことで翌年2月開催のサウジカップへの優先出走権を獲得したテーオーケインズ。5歳を迎え、来る海外遠征を含めて日本ダートの中核を担っていく。

休養の中身

いまや、ダート路線の王者として君臨しようとしてるテーオーケインズ。
だが、実はこのの競走生活は、3歳で終わっていてもおかしくなかったのである。
といっても故障をしたわけではない。

ちょうどこのころ、テーオーケインズはステークスから間隔をあけ、の3歳限定ダート重賞であるレパードステークスに出走を予定していたが、あえなく除外。
その後、新潟競馬場で行われる2勝クラスレースに出走するため、高柳厩舎に滞在していた。
そのレースの2日前。
高柳厩舎の隣にある村山明厩舎で火災が発生してしまったのである。
この火災村山厩舎に所属していた4頭が逃げ遅れ、さらに被災した1頭が翌日に死亡し5頭のが犠牲になる大惨事になってしまった。

そして、この火災村山厩舎にとどまらず、隣接していた高柳厩舎にも延焼してしまい、高柳厩舎のどいが溶ける被害が出た。
幸い同火災に巻き込まれることはなく事に救出されたのだが、この火災を受け出走予定だったレースの出走を取り消し、休養に入ることとなった。
その後復帰し、現在の活躍を見せているテーオーケインズ。
もしかしたら、いろいろな人の思いを背負って走っているのかもしれない。

血統

*シニスターミニスター
2003 鹿毛
Old Trieste
1995 栗毛
A.P. Indy Seattle Slew
Weekend Surprise
Lovlier Linda Vigors
Lida Summers
Sweet Minister
1997 鹿毛
The Prime Minister Deputy Minister
Stick to Beauty
Sweet Blue Hurry up Blue
Sugar Gold
マキシムカフェ
2007 黒鹿毛
FNo.1-l
マンハッタンカフェ
1998 青鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
カフェピノコ
2000 栗毛
*ジェイドロバリー Mr. Prospector
Number
*ピノシェット Storm Cat
*ピンクタートル

クロスMr. Prospector 5×4(9.38%)

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 37ななしのよっしん

    2022/01/08(土) 01:47:45 ID: UQ6Y+FM4yk

    正銘のG1ウィザードに六身差つけただけに見る側としてもかなり悩ましい感じだな
    コツコツ内のジーワンで稼ぐか、コロナ馬場の違いをのして海外に飛び込むか…

  • 38ななしのよっしん

    2022/01/08(土) 16:43:26 ID: ZSC3deFd/h

    サウジの砂は聞く限りだとアメリカの土よりなお芝に近いらしいので果たしていい走りができるかどうか
    サウジに行くならそのままドバイWCにも行って欲しいけど

  • 39ななしのよっしん

    2022/01/19(水) 22:48:15 ID: q6r70pKYck

    アメリカがミシュリフ敗してるからなぁ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/25(火) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/25(火) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP