テーオーケインズ 単語

39件

テーオーケインズ

6.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

テーオーケインズ(T O Keynes)とは、2017年生まれの日本競走馬栗毛

門別町・ヤナガワ牧場生産、東・高柳大輔厩舎所属
馬主は小也(テーオー冠を使っている元プロボクサーリフォーム会社の社長ホウオウ冠を使っている小芳央は実)

な勝ち
2021年:帝王賞(JpnI)、チャンピオンズカップ(GI)、アンタレスステークス(GIII)
2022年:JBCクラシック(JpnI)、平安ステークス(GIII)

名前の意味は「冠名+人名より」。おそらく経済学者ジョン・メイナード・ケインズと思われる。同期にテーオーマルクスいるし。

概要

*シニスターミニスターマキシムカフェマンハッタンカフェという血統。

の*シニスターミニスターは現役時代ケンタッキーダービーの有ステップ、ブルーラスSで2着に12身以上離して圧勝したが、それ以後勝ちを挙げられず引退引退150ドル日高の生産者グループに購買され、アロースタッドにて種牡馬入り。種牡馬入り後はインカンテーションヤマニンアンプリメドライスタウトなどダートの短中距離を得意とする産駒を多数輩出している。
マキシムカフェは現役時代未勝利の半レディスプレリュードを勝ったタマブリネット、4代産駒オークスレディパステルがいる。

砂上の帝王

3歳まで

2歳になり高柳大輔厩舎へ入厩。2歳10月京都開催でデビューし、ダート1400mを7番人気から3着に入る。次戦に同条件で後続に4身差を付けて勝ち上がり、続く1勝クラスの寒椿賞で3番手から上がり最速の脚を使うも前残りを許し3着となる。

年が明けて2月東京ダートマイル1勝クラスを勝ち、続くダートオープン伏竜Sでは中団から脚を伸ばして2着に入るも、リステッド鳳雛Sでは大きく出遅れて最後方からとなり、追い込むも7着となる。

休養(詳しくは後述)を挟んで京都開催最終週の2勝クラスでは後の重賞サンライズホープを相手に4身差をつけて快勝し、続く3勝クラス摩耶Sでは好位から脚を伸ばし2着に2身差をつけてオープン入りを果たす。
続くリステッドベテルギウスSでは1番人気に支持され、レースでは中団から構えて脚を伸ばしたが、先に抜け出たオーヴェルニュに届かず2着も昇級初戦で好走。
そして年末の東京大賞典GI初挑戦。3連覇が期待されたオメガパフュームが圧倒的人気となり、ダノンファラオウェスタールンドダートグレード実績に離されたがそれに続く4番人気となる。レースでは中団前を追走し、直線では最後まで前に追いすがり、0.2差の6着と好走する。

4歳

年が明け3月の中オープン名古屋城Sから始動。1番人気に支持され、の浮く不良馬場で行われたこのレースでは、中3番手からめに先頭を捕まえてそのまま押し切り勝ちを収める。
続いて阪神アンタレスSへ出走。2勝クラスから松山弘平が乗っていたが騎乗停止の為スイッチ。ヒストリーメイカーやアナザートゥルース等実績を抑えて1番人気に支持され、レースでは中団前からめに上がり、直線半ばで抜け出して2着に1と3/4身差をつけて重賞初制覇を果たす。

そして帝王賞へ出走。ここでは大井2000巧者オメガパフュームドバイWC2着からの内復帰戦であるチュウワウィザードJpnI2連勝中のカジノフォンテン人気を集め、テーオーケインズはそれに次ぐ4番人気となる。大井競馬場曇天馬場分を多く含んだ重馬場であった。
レースカジノフォンテン逃げダノンファラオがそれをマークする形で淡々と流れる中、インの好位でじっくりと脚を溜める。直線に入って一気に最内から突き抜け、途中ヨレながらもノンコノユメクリンチャーの追撃を全に振り切り、2着ノンコノユメに3身差を付けて圧勝。松山2015年コーリンベリー以来、厩舎や馬主JpnI初制覇となった。なお人気薄のノンコノユメが突っ込んできた事もあり3連単は238万馬券となった。

休養を挟んで金沢2100mのJBCクラシックから始動。ここでは1番人気に推され、続いてオメガパフュームチュウワウィザードと、戦前帝王賞の再戦ムードが漂っていた。しかしスタートで大きく出遅れてしまい、それをカバーする為脚を使って先頭を見る3, 4番手まで押し上げる。しかし直線に入って今ひとつ伸びを欠いて4着となる。

その後チャンピオンズカップへ出走。ここでは白毛桜花賞ソダシダート路線に参戦し注を集め、地方からカジノフォンテンが出走。他にはチュウワウィザードカフェファラオなども参戦。最終的には単勝3.3倍の1番人気に支持された。
レースでは最内ソダシハナを切り、テーオーケインズは5, 6番手の好位から追走する。若干行きたがる素振りもあったが上の松山が宥めつつ進み、直線入口でソダシを捕まえにかかったインティを残り200m地点で楽に交わすと勢いは衰えず。結果2着チュウワウィザード6突き放して圧勝。一気にダート路線の頂点へと上り詰めた。
なおチュウワウィザードとのタイム差はジャスト1開いている。JRAダートG1で1以上のタイム差が付いたのは、あのクロフネ2001年ジャパンカップダート以来2例であった[1]

5歳

年が明け、チャンピオンズカップ勝利によって優先出走権を得たサウジカップへ出走。日本からはこれを引退レースとするマルシュロレーヌと共に出走し、海外勢からは前年勝Mishriffを筆頭にGIMandalounや欧州芝路線の有も参戦。
レースではスタートからポジションを取ろうとするも、流れがしくこれが上手くいかず、厳しい流れで中おっつけ放しのまま直線でも伸びず8着に敗れた。騎手調教師共に敗因としてペースを挙げていた。

その後間もなく帰し、若干間をけて帝王賞標に平安Sへと出走。相手にはオーヴェルニュやメイショウハリオなどがおり、別定戦の為59kgを背負う事となるも、最終的には単勝1.8倍と一本被りの人気となる。
レースでは普通スタートを決め、サンライズホープダノンファラオを行かせて中それらを見る3番手から進める。向こう正面に入る頃にはペース全に落ち着き、4コーナーから直線にかけて最内から非常にスムーズに外に出され、直線では先に抜け出したケイアイパープルを残り150m付近で捉え、なお2身半突き放してゴール重賞4勝を挙げた。

次走の帝王賞では本の他にオメガパフュームチュウワウィザードの7歳2大巨頭を抑えて単勝1.5倍の1番人気に支持された。出走地方の回避が相次ぎ中央7頭、地方2頭の9頭立てとなった。
レースでは前に行くオーヴェルニュ、クリンチャーを見る位置で追走し、中盤でスワーヴアラミスが仕掛けた所に対応して突っっていったが、結果的にここでリズムを崩して脚を使わされた格好となり、中団以降に構えていたメイショウハリオらに直線交わされて4着に敗れた。

盛岡JBCクラシックへと直行。チュウワウィザード電撃引退オメガパフュームも回避したため、実績でもNo.1の立場となり単勝1.8倍の1番人気
レースは積極的に逃げがおらず、3歳クラウンプライドスローペース逃げる展開の中、外からなりに6~7番手の外で進めると、3コーナー前から徐々に進出。直線入口で射程圏に捉えると、残り200mでクラウンプライドを捕まえ、ねじせるように強くかわして横綱相撲勝。前走の辱を果たし、めてダート界の王者であることを示した。

年内ラストは連覇をめざしチャンピオンズカップへ。昨年圧勝した舞台クラウンプライド立った相手にも前走で勝負付けが済んでおり、がどう見ても連覇濃厚。1.5倍の1番人気に支持される。
ところがスタートで出負けして、終始大外を回らされる展開に。直線でもいつもの伸びがなく、先行押し切りを図るクラウンプライドを捕まえられない。さらに外から飛んできたダート転向からの上がりジュンライトボルトの末脚に置き去りにされて、3歳ハピもかわせず4着。

6歳

明けて6歳となった2023年ドバイワールドカップ標に定め、川崎記念から始動。追い切りの内容が良くないことが不安視されつつも、東京大賞典を勝ったウシュバテソーロ人気を分け合い、2.0倍の1番人気に支持される。
今回はスタートを決めて先行し、ハナを切るライトウォーリアホームストレッチで捲ってきた紅一点テリオスベルの2頭を見ながら内に構えるが、後ろからウシュバテソーロガッチリマークされる。松山騎手ライトウォーリアの方が手応えがいい、テリオスベルは垂れると見て4コーナーで外に出し、ライトウォーリアの外を回したが、テリオスベルが垂れなかったことで結果的にこれが痛恨の判断ミスに。その隙を逃さず内のいたスペースを綺麗に回ってきたウシュバテソーロにかわされ、直線で追いかけたものの相手は類の末脚自慢。上がり最速の脚に押し切られ半身差の2着。松山騎手は「最後は差はなかっただけに、その(判断の)差が痛かったです。申し訳ないです」と肩を落とした。

続いては標のドバイワールドカップ上にはオイシンマーフィーを迎えた。
からそのまま中団の最内に構えると、パンサラッサとそれを潰しに来たリモースの作るハイペースマーフィー騎手がほぼ押っつけっぱなしの展開となるが、それでもそのまま経済コースを上手く立ち回り、直線では外から猛然と追い込んできたウシュバテソーロ体を併せて前を追いかける。一ウシュバテソーロに続いてアルジールスを捕らえるかに思えたが、最後に脚が止まってエンブレムロードにかわされて4着。

次走は帰して昨年のリベンジとなる帝王賞に出走。の暑さが苦手でに再び海外へ赴くウシュバテソーロが不在のレースで、昨年の同レース覇者で前走のかしわ記念を制したメイショウハリオGI級のを持ちながら中々勝ちきれずにいるクラウンプライド川崎記念から当たってきたノットゥルノテリオスベル重賞を勝ち世代交代を狙うグロリアムンディに同期のハギノアレグリアスらとの対決となった。
スタート直後やや出遅れ、中は群に囲まれながら5~7番手の位置でインコースを進む。直線に入り、前の壁を何とか抜け出し加速、前にいるクラウンプライドに追いつこうとするも外からはメイショウハリオが脚を伸ばしてくる。最後はメイショウハリオクラウンプライドとの大接戦となるも、メイショウハリオクラウンプライドからアタマ差の3着、帝王としての意地は見せつけたが悔しい結果に終わった。

その後連覇のかかるJBCクラシックでは、再びメイショウハリオとの対決になる。他にはノットゥルノウィルソンテソーロキングズソードが出走。前回と違い好スタートを切り、ハナに立つノットゥルノの番手に位置しそのまま追走。直線に入り、ノットゥルノ必死に競りかけるも中々差し切れず、そのままキングズソードノットゥルノ共々差し切られ今回も3着に終わった。一方、メイショウハリオは4着となり、前走のリベンジは果たした形になる。

大一番のチャンピオンズカップではメイショウハリオクラウンプライドといった度々顔を合わせてきたメンツの他、この年のフェブラリーステークスを制してダートGI勝利を狙う1つ下のレモンポップなどが出うことに。
戦前に、営から今年いっぱい限りの現役とアロースタッドでの種牡馬入りが表明される中、5.6倍の4番人気を受けた。大外からレモンポップが切り込んで引っレースの中で、こちらも負けじと先行策で前方に取りついて3・4番手の辺りで進んでいく。迎えた最終直線、レモンポップを仕留めにかからんと内から脚を伸ばすものの、既に全盛期ほどのはなかったか前方を捉えきれずに4着。せめて1年前なら…と惜しまれるところがありつつも、今回も因縁深いメイショウハリオ(5着)やクラウンプライド(11着)には先着しており、老いてもなおダート界の帝王としての執念はしっかりと見せつけることが出来ただろうか。

東京大賞典に出る可性もありますが」という高柳師談ではあったものの、最終的にチャンピオンズカップを最後にアロースタッドにスタッドインすることに。
この戦を務めた松山弘平騎手から「長きにわたってコンビを組ませてもらい、海外でも騎乗させてもらいました。たくさんの経験をさせてもらい感謝しています。思い出レースは2年前のチャンピオンズCです。6身差と、とても強い内容で相当ながあると思いました。種牡馬としてもいいを送り出してくれると思います。子どもに乗るのを楽しみにしています」と引退に際して、これまでを振り返りつつもこのの将来に期待するコメントが見られた。

シニスターミニスターは、この以降もダート大物を次々に輩出したこともあり、かなり高齢のダート種牡馬ながらついに種付け料が700万に到達するなど凄まじい高騰を見せている。そんな中で同スタッドで種牡馬入りしたテーオーケインズにも、初年度250万と後継補として相応に期待が寄せられているようだ。
4歳からダート界の最前線で世代を引っり続けたテーオーケインズ。第二の舞台でも帝王として名を馳せることに期待したい。

休養の中身

ダート路線の帝王として一世をしたテーオーケインズ。
だが、実はこのの競走生活は、3歳で終わっていてもおかしくなかったのである。
といっても故障をしたわけではない。

ちょうどこのころ、テーオーケインズは鳳雛ステークスから間隔をあけ、の3歳限定ダート重賞であるレパードステークスに出走を予定していたが、あえなく除外。
その後、新潟競馬場で行われる2勝クラスレースに出走するため、高柳厩舎に滞在していた。
そのレースの2日前。
高柳厩舎の隣にある村山明厩舎で火災が発生してしまったのである。
この火災村山厩舎に所属していた4頭が逃げ遅れ、さらに被災した1頭が翌日に死亡し5頭のが犠牲になる大惨事になってしまった。

そして、この火災村山厩舎にとどまらず、隣接していた高柳厩舎にも延焼してしまい、高柳厩舎のどいが溶ける被害が出た。
幸い同火災に巻き込まれることはなく事に救出されたのだが、この火災を受け出走予定だったレースの出走を取り消し、休養に入ることとなった。
その後復帰し、競走馬としての現役を走り切ったテーオーケインズ。
もしかしたら、あの奮戦の裏にはいろいろな人やの思いを背負って走っていたのかもしれない。

血統表

*シニスターミニスター
2003 鹿毛
Old Trieste
1995 栗毛
A.P. Indy Seattle Slew
Weekend Surprise
Lovlier Linda Vigors
Lida Summers
Sweet Minister
1997 鹿毛
The Prime Minister Deputy Minister
Stick to Beauty
Sweet Blue Hurry up Blue
Sugar Gold
マキシムカフェ
2007 黒鹿毛
FNo.1-l
マンハッタンカフェ
1998 青鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*サトルチェンジ Law Society
Santa Luciana
カフェピノコ
2000 栗毛
*ジェイドロバリー Mr. Prospector
Number
*ピノシェット Storm Cat
*ピンクタートル
競走馬の4代血統表

クロスMr. Prospector 5×4(9.38%)

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *同様にレーティングでも日本国内のダートとしては久々に、大台の120記録している。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
白銀ノエル[単語]

提供: 夏蜜柑

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/21(日) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/21(日) 06:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP