ディオスパーダ単語

ディオスパーダ

1.3千文字の記事
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
ミニ四駆 > ディオスパーダ

ディオスパーダDio Spada)とは、漫画及びアニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の登場したイタリアチーム「ロッソストラーダ」が使用したミニ四駆であり、フルカウルミニ四駆第18弾である。

概要

イタリア語で「」という意味がある。

自由に向きを変えることのできるリアステアリングを搭載しているが、実はフロントナイフで攻撃を行う「アディオダンツァ」(アニメの名称、イタリア語で別離の踊りという意味)、リアタイヤからは衝撃波を放てるバトルマシンであり、ロッソストラーダと対戦したチームマシンを次々と破壊していた。その威ネオトライダガーZMCにもダメージを与えるくらいである。

原作

仕込みナイフを仕込み、相手を突き刺す死のダンスを使用する。また複数のディオスパーダで相手を囲って攻撃するフォーメーション(死のリング)もある。

アニメ

見えない衝撃波と仕込みナイフによる攻撃は双方ともアディオダンツァと呼ばれる。最初に対戦した星馬豪の話を聞いて疑念を抱いた鷹羽リョウ沖田カイに話を聞きに行くが、大神博士研究していたショックレゾネーターと同じ原理ではないかと推測している。

見えないところでマシンを破壊していたため、ミニ四ファイターと観客には気付かれず、ロッソストラーダと対戦する際に限ってマシントラブルが発生しているとされていた。

TRFビクトリーズと対戦した際も全員マシンを破壊したが、ビクトリーズメンバーサイクロンマグナムベースに開発したサイクロントライ・コブラエボリューション・ハリケーンマグナム星馬豪が命名)に敗れる。さらにアニメ4回の対戦ではルキノ鷹羽リョウネオトライダガーZMCに攻撃を行ったが、ナイフがそのまま抜けなくなるトラブルが発生し、さらにカルロレース終盤にビートマグナムにアディオダンツアを仕掛けてサスペンションを破壊したことでロッソストラーダは2ヶの出場停止処分を受けた。


100話「勝者の条件」では、星馬烈バスターソニックミハエルベルクカイザーがデッドヒートを繰り広げる中でカルロ・セレーニのディオスパーダが怒涛の追い上げを見せ、不正をせずゴール前でバスターソニックを抜いて1位を勝ち取った。このエピソードベストエピソード1位に選出されている。なお奮のあまりヘリコプターから飛んでしまったミニ四ファイター事だった。

しかし最終レースではカルロがこのことにを抱き、ベルクカイザービートマグナムにアディオダンツァを仕掛けたが失敗。優勝争いから離脱してしまうが、リタイアせずに完走した。ジュリオ・デイ・アンジェロマウリーツィオ・ゾーラは生き残って上位をすべくプロトセイバーEVOを攻撃しようとしたが、TRFビクトリーズ団結を前に手出しできず、優勝争いから脱落した。

使用者

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/25(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/25(土) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP