今注目のニュース
奇跡の実話。死ぬ運命の子供6500人を1人で救った「ニセ医者」
美少女ゲームレーベル「feng」運営のホワイトローズが破産 「あかね色に染まる坂」など人気
〝食べログやくざ〟が波紋。事実と違う口コミは罪に問われないのか?恐喝行為の可能性は!?

ディオンヌ・ワーウィック単語

ディオンヌワーウィック

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ディオンヌ・ワーウィックとは、アメリカ女性歌手である。

概要

1940年生まれ。幼少時代にニュージャージー州イーストオレンジ教会で歌い、10代でのディー・ディー・ワーウィックと共にゴスペルグループ「The Gospelaires」を結成。ハートフォード音楽大学では音楽教育ピアノを学んだ。在学中に通っていたニューヨークスタジオバックコーラスなどのセッションを重ねるうちに、カーペンターズの曲などで有名な作曲バート・バカラックと出会い、卒業後の1963年プロとして本格的な活動を始める。1964年バカラック作曲ハルデイヴィッド作詞の「ウォーク・オンバイ」がヒットし、グラミー賞にもノミネートされた。

その後もバカラック=デイヴィッド作の「サン・ホセへの」や「よさようなら」などの曲をヒットさせ、スターへのを歩む。70年代に入って低迷期を迎えるが、79年に「コパカパーナ」で有名な人気歌手バリー・マニロウのプロデュースによる「涙の別れ」をヒットさせ、グラミー賞を受賞した。
80年代に入ってもビー・ジーズのギブ兄弟作の「ハートブレイカー」やバカラック作曲の「ハーモニー」をヒットさせる。有名な作曲ミュージシャンが曲を提供するのは、歌手としての実が認められている明でもある。

彼女は故ホイットニー・ヒューストン従姉妹でもあり、「ハーモニー」をステージで一緒に歌ったこともある。ふたりの名シンガーの歌唱は、同じ血を引いていることを納得させるものがあった。近年ホイットニーが急死したり、あろうことか自己破産したりと、晩年はあまりいい話を聞かないが、グラミー賞を5回も受賞した彼女伝説歌手のひとりであることは間違いないだろう。

関連動画

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 11:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP