今注目のニュース
『テトリス』生みの親パジトノフ氏が好きなテトリミノは”Jミノ”!好きじゃないのは……
香港長官、逃亡犯条例を事実上廃案に 「撤回」明言せず
2019年新入社員の理想の上司「相手の意見に耳を傾ける」「一人ひとり丁寧に指導」「好き嫌いで判断しない」

ディファレンス・エンジン単語

ディファレンスエンジン

掲示板をみる(14)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ディファレンス・エンジンとは 曖昧さ回避 

1. 階差機関(かいさきかん、英:difference engine) 英国数学チャールズ・バベッジによって設計・開発が計画されていた機械式計算機。歯車の組み合わせによって計算を行い、クランクを手動で回すなどして動作させる。後継機として開発が計画されていた解析機関は、蒸気機関によって駆動するコンピュータである。どちらも未完成に終わる。

2. ウィリアム・ギブスン、ブルーススターリングらによって合作されたSF小説。本項ではこちらを解説する。

概要

 ウィリアム・ギブスン、ブルーススターリングらによって合作された歴史改変SF小説1990年出版。翻訳丸尚。
 階差機関完成し、それに付随して生まれた蒸気で駆動するコンピュータによって、産業革命情報革命が同時に進んだ19世紀の架英国、およびロンドン舞台となっている。
 

 一般的にはスチームパンク作品として紹介されている本作だが、コンピュータやそれに付随する情報革命などを描いている点から、サイバーパンクに分類する意見もある。

特徴

 実在した歴史上の人物が多数登場する。また、作中の歴史現実歴史との間には大きな差が生じている。例えば、

アメリカ南北戦争によって内が分裂。複数の独立が生まれている。また、ニューヨークに渡ったカール・マルクスコミュナードを建設。党員と共にマンハッタンを占領している。

フランスナポレオン3世が史実よりく登場。フランス皇帝となって英国との間に蜜関係を築く。

英国:世襲貴族制が否定され、に応じて貴族に列せられる貴族制が推進されている。階差機関の発明者であるチャールズ・バベッジも貴族に叙されており、“産業革命期のニュートン”と称されている。

日本英国艦隊船来航により開1854年に明治元。後に福沢諭吉有礼が英国に秘密留学する。
 
これ以外にも、大小さまざまな違いが現実歴史との間に生じている。
こうした現実歴史との間にできた差分(difference)を発見することが本作の醍醐味のひとつとなっている。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP