ディラントーマス単語

ディラントーマス

4.5千文字の記事
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ディラントーマス(Dylan Thomas)は、2003年まれのアイルランドの元競走馬で、現在種牡馬

2007年に古としては49年ぶり史上3頭となるキングジョージVI世&クイーンエリザベスステークス凱旋門賞の同一年制覇を達成し、同年のカルティエ年度代表馬・最優秀古となった。名はウェールズの大詩人ディラン・トマスに由来すると思われる。

概要

世界で活躍を多数輩出したDanehill(*デインヒル)、は現役時代は14戦未勝利だったものの繁殖として既にGIを出していたLagrion(ラグリオン)、イギリスで2歳GIを2勝し種牡馬としても大活躍を収めたDiesis(ダイイシス)という血統。名門クールモアグループの所有馬として、クールモアの専属調教師であるエイダンオブライエン師の管理となった。

2歳時

6月アイルランドティラリー競馬場未勝利戦デビューし、ここを1身差で勝利9月にレパーズタウン競馬場で出走したステークス競走も勝利した。

その後はイギリスに向かい、10月オータムS(GIII)に1番人気で出走したものの、8番人気ブリッツクリークにクビ差交わされて2着と惜敗。レーシングポストトロフィー(GI・1マイル)では7頭立ての最低人気を覆して勝ったパレスエピソードの6着と大敗を喫した。

2歳時は4戦2勝。アイルランドの2歳GIであるフェニックスS・ナショナルSを連勝してカルティエ賞最優秀2歳となったジョージワシントンや、デビューから4連勝でジャンリュック・ラガルデール賞を制し、英GIのデューハーストSも2着としていたホレーショネルソンを擁するクールモア勢の中ではあまり立った存在ではなかった。

3歳時

3歳時はデリンタウンスタッドダービートライアル(GII)から始動すると、ここを勝利して重賞勝利を挙げ、英ダービーに向かった。ジョージワシントン2000ギニーを勝った後にマイル路線に向かって不在だったこともあり混戦模様だったが、それでも2歳時に4連勝でデューハーストSを制して2000ギニーでも2着となったサーパーシーダンテS(GII)を8身差で圧勝したオブライエン厩舎のセプティマス2000ギニーでは8着と不覚を取ったホレーショネルソンなどが出走してきており、本は18頭中9番人気にとどまった。しかしスタートが切られると果敢に先行し、最内から鋭い差し脚を伸ばしたサーパーシーと短頭差+アタマ差の3着に健闘した。2着のドラゴンダンサーは13番人気の未勝利だったがそれはそれである。

続けて出走した愛ダービーでは英ダービー組の有皆無だったこともあって1番人気に推され、中団追走から最後は2着のダービージェントルウェーヴに3身半差を付けて突き抜け勝。GI勝利を挙げた。

続けて英インターナショナルS(GI・10f56y≒2063m)に出走したが、スローペースになったのが災いして末脚勝負で後れを取り、単勝1.83倍の1番人気を裏切る4着に敗退した。その後出走したチャンピオンSは僅か5頭立てながら、対戦相手4頭に英オークスを含むGI6勝の*ウィジャボードGI5勝のアレクサンダーゴールドランという2頭の強が含まれるというメンバー構成となったが、ウィジャボードをクビ差退けて勝利した。

この後営はブリーダーズカップ・クラシック挑戦を見据えてアメリカ遠征を行い、前戦としてジョッキークラブゴールドカップ(GIダート10ハロン)に出走したが、スタートから全くついていけないまま4頭立ての4着(勝ったバーナーディニとは32身1/4差)に大敗。あまりの内容の悪さのためにブリーダーズカップ出走も立ち消えとなり、そのままシーズンを終えた。

4歳時

4歳時は始動戦に選んだアレッジドS(リステッド)を3身差で快勝し、渡して出走したガネー賞(GI2100m)も単勝1.44倍の圧倒的人気に応えてレコード勝ちした。しかしその後はタタソールズゴールドカップ(GI・10f110y≒2110m)で先に抜け出したノットナウケイトを捉えられずにアタマ差2着に惜敗すると、プリンスオブウェールズS(英GI・9f212y≒2004m)でもマンデュロの1身1/4差2着に敗れた。

続けて出走したのは、愛ダービー以来の12ハロン路線となるキングジョージVI世&クイーンエリザベスSだった。ディラントーマスが単勝2.25倍の1番人気となり、3歳時に愛ダービー2着があった5歳スコーピオンが対抗筆頭で、他にはGIで善戦続きながら勝ちを挙げていないマラヘルが続いたが、この路線の実績はほぼ不在だった。レースではディラントーマスが実を存分に発揮し、2着の善戦マンユームザインに4身差を付けて圧勝した。

次走は英インターナショナルSとなり、ここでは先行したノットナウケイトを捉えたもののこの年の英ダービーオーソライズドの1身差2着。それでもチャンピオンSでは単勝1.53倍の1番人気に応えて史上初となる連覇を達成した。

続いて渡し、凱旋門賞に挑戦。3歳が古よりも3.5kg軽い斤量で出走できるということもあって、英インターナショナルSから直行してきたオーソライズドと、愛ダービーを9身差で圧勝したソルジャーオブフォーチュンが上位人気となり、ディラントーマスは3番人気となった。

スタートが切られるとオブライエン厩舎のペースメーカーが予定通り先頭に立ち、ディラントーマスは中団後方を追走。直線に入ると内に切れ込む場面を見せながらも勢い良く伸び、猛追した9番人気ユームザインを退けて優勝オブライエン厩舎の凱旋門賞初制覇を飾るとともに、*ラムタラ以来12年ぶり6頭、古としてはバリーモス以来49年ぶり3頭となるキングジョージ凱旋門賞の同一年制覇を達成した。しかし残り300m地点で8位入線したザンベジサンに甚大な不利を与えたために確定まで約30分にわたる審議が行われており、レース後も物議を醸すなど後味の悪い結果となってしまった。

閑話休題、凱旋門賞となったディラントーマスの次走はブリーダーズカップ・ターフとなった。しかしここではスタートで後手を踏み、勝負どころでも伸びを欠いて、時の米国芝路線のトップホースであるイングリッシュチャンネルの5着に終わった。

これで引退となる予定で、種牡馬入りの準備も進めていたのだが、ジャパンカップに招待されたため、これを受諾して来日した。ところが種牡馬入りの準備の際に義務付けられているウイルス性動脈炎(EVA)のワクチン接種を既に済ませていた後だったために、来日後の検で陰性が確認出来ず、日間の衛生規定に引っかかって入許可(検疫厩舎からそのまま出することになる)となってしまった。

この埋め合わせのためか、急遽2週後の香港ヴァーズに出走。単勝1.7倍の1番人気に推されたが、出遅れた上に中で不利を受けたのもき、ガネー賞で3着に破っていたドクターディーノの7着に敗退。これを最後に引退した。この年のカルティエ賞では最優秀古年度代表馬を受賞した。

種牡馬として

アイルランドクールモアスタッド種牡馬入りし、オーストラリアへのシャトル種牡馬としても供用されている。初年度産駒のナンフェアが4歳時にベルリン大賞(独GI)を制したのを皮切りに徐々にGIを輩出しつつあり、大成功とは行かないまでもまずまずの成績を挙げている。

血統表

*デインヒル
Danehill
1986 鹿毛
Danzig
1977 黒鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitioner
Razyana
1981 鹿毛
His Majesty Ribot
Flower Bowl
Spring Adieu Buckpasser
Natalma
Lagrion
1989 栗毛
FNo.9-c
Diesis
1980 栗毛
Sharpen Up *エタン
Atan
Rocchetta
Doubly Sure Reliance
Soft Angels
Wrap It Up
1979 栗毛
Mount Hagen Bold Bidder
Moonmadness
Doc Nan Francis S.
Betty W.

クロス:Natalma 4×4(12.5%)、Native Dancer 5×5×5(9.38%)、Tom Fool 5×5(6.25%)

主な産駒

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/16(火) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/16(火) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP