ディンプス単語

ディンプス

3.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

株式会社ディンプス (Dimps Corporation) とは、大阪に本社を置くゲーム製作開発会社である。

概要

SNK開発1部に所属していた社員を中心に2000年3月株式会社キアックとして設立。
同年7月サミーバンダイSCEセガの資本をうけて株式会社ディンプスに社名を変更した。
同時にを51%取得したサミー子会社となったが、2005年8月31日サミーとの資本提携を解消し、独立した。
業務用および庭用コンピュータビデオゲームソフトウェア研究開発な事業内容である。
版権物のキャラクターを用いたゲームの受託開発が中心となっている。

2005年PC向けに機動戦士ガンダムでは初のMMOである「UniversalCentury.net GUNDAM ONLINE」を開発運営を行った。しかし、度重なるサーバーの不調やバグの問題などが発生。対応の遅れ・放置などから、多くのユーザーから不満を買う形となった。

一方でカプコンから受託されたストリートファイターIVシリーズは(一部バランスが悪いが)海外で異例の高評価となっており、販売数は全世界250万本をえている。(http://gs.inside-games.jp/news/179/17976.htmlexit

このように制作タイトルによって出来不出来の差がしいため、俗に「良いディンプス」と「悪いディンプス」があると言われる一因となっている。

主な作品

ドラゴンボール作品

ディンプスはドラゴンボール作品を担当することも多く、開発と言えるレベル開発が行われている。
担当作品も多いため、一部作品は省略

ドラゴンボールZ 1・2・3

PS2で発売された、3作続いたオーソドックスな格闘ゲームで、現在に繋がるDB人気ゲーム作品に恵まれる立役者の一つ。
ストーリーの追体験に加え、ゲームオリジナルストーリーがも収録されている。

ドラゴンボールZ 武闘会 1・2

PSPで発売された、格闘ゲーム
当時ではドラゴンボールゲーム史上最速」を謳い文句にしていたため、バトルスピードが向上。
基本的にゲームシステムは「ドラゴンボールZ3」の流れを踏襲している。
ゲームオリジナルストーリーで、魔人ブウ編の後の話が展開される。

ドラゴンボールZ バーストリミット

PS3で発売された格闘ゲーム
ゲームシステム自体は「ドラゴンボールZ3」、「ドラゴンボールZ 武闘会2」の流れをんでいるのだが、ボリューム低下や戦闘の単調化がき、発売から1か月経たずで50%offとなってしまった。

ドラゴンボールZ インフィニットワールド

これまでの作品の集大成作として発売された作品。(バーストリミットは除く)
ゲームシステムベースは「ドラゴンボールZ3」のものとなっているが、一部システム削除されており、追加システムめられたものと方向性が異なるため、その劣化と称される作品になってしまったため、評価は厳しい。

現在主流のドラゴンボール作品

現在、ディンプスがに展開されているドラゴンボール作品は以下の2シリーズである。

ドラゴンボールヒーローズシリーズ

ACで展開され、度々CS機にも登場するシリーズカードを用いてプレイする全く異なるシリーズカードでの展開である特性上、原作基準だけでなくIFの形態・キャラクターや、後述する「ドラゴンボールオンライン」のものが再利用されたキャラクターも存在する。

ドラゴンボールゼノバースシリーズ

PS3/PS4で展開され、続編の2はPS4で発売されたシリーズPC版も存在する。
ゲームオリジナルストーリーを基盤に原作IFストーリーを垣間見るという特殊な形態のストーリー構成で、原作者監修の基で構成されている「ドラゴンボールオンライン」の設定が基になっており、オリジナルストーリーが収録されたディンプス作品の中では最も原作に近いシリーズと言える。また、ストーリー自体も評価は高い。
ちなみに世界観上、舞台年号現在の「ドラゴンボール超」よりもはるか未来であるが、基となった「ドラゴンボールオンライン」のゲームプレイ部分よりは前の時代となっている。

詳細は割愛するが、正史である原作や「」の部分とIFである劇場版ZやGTの部分を分けて描写出来る特性を持つため、続編の2では劇場版キャラも増加し、劇場版キャラ正史に絡むようになった。

ゲームの形態もディンプス作品らしさと「ドラゴンボールオンライン」を踏襲したもので、主人公アバターを作成するというものになり、PvEとPvPが両方存在しているオンラインゲームに近い形態を採用。また戦闘システム視点周りも「Sparkingシリーズに寄せられており、操作も簡略化されている。ゲームバランスにおいてまだ洗練しきれていない点が多く存在するのが欠点か。

その他作品

ガンダム オペレーショントロイ

韓国開発会社とタッグを組み、4年の歳と10億円注ぎ込んで作られた作品最新鋭の地雷
クソゲーと言われる一方で『MSの足元で歩兵としてプレイ出来る』重なゲームでもある。

ストリートファイターIV

サガットのぶっ壊れ性バランスは悪いものの、内外で好評を博しているタイトル

スーパーストリートファイターⅣ

庭用のみで発売した、ストリートファイターⅣの続編。調整の結果ぶっ壊れキャラは居なくなり、溜めキャラ若干強めだがバランスはかなり良くなっている。

スーパーストリートファイターⅣ アーケードエディション

スーパーストリートファイターⅣから更に調整、追加キャラを加えて稼働したタイトル
しかし追加キャラがかなり強く、調整も失敗気味で再びバランスが悪くなってしまった。
その後パッチで「Ver.2012」となりAEよりはバランスが良くなったと思われる。

テイルズオブザテンペスト

ストーリーが短い、オープニングフルアニメーションでない、戦闘システムがつまらないなどかなりの酷評だった。

ランブルフィッシュシリーズ

1、2が稼働。共にバランス若干悪く流行はしなかったが、一部の根強いファンがいる。
2の庭用は2011年7月現在でも発売されていない。

ストリートファイター X 鉄拳

バンダイナムコ製作している鉄拳シリーズとのコラボレーション作品。
だが、発売からしばらくは数々のバグが発見され現在も修正作業中。
対戦バランスも一部のキャラが突出して居る為悪く、評判は悪い。

『ストリートファイター』と『餓狼伝説』の生みの親

2013年現在、代表取締役社長を務める西山隆志と常務取締役を務める松本は、実はカプコン『ストリートファイター』シリーズと、SNKの『餓狼伝説シリーズ及び『龍虎の拳シリーズの生みの開発チームメンバー)でもある。

この事実は一部で度々にするが、あまりにされていないので、20年以上経っても知らない人が多い。

西山松本カプコン在籍時に初代『ストリートファイター』の製作に携わった。それから後にSNKに移籍して『餓狼伝説』や『龍虎の拳』といった、『ストリートファイター』シリーズに匹敵する作品の製作に携わった。なお、松本は『サムライスピリッツ』の製作にも携わっていた。

詳しい話は以下の本に書いてあるので是非読んでいただきたい。

関連商品


関連項目

関連リンク

ディンプス公式サイト
株式会社ディンプスexit
http://www.dimps.co.jp/exit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/23(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/23(金) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP