今注目のニュース
容疑の母親のインスタ投稿が「怖い」 3歳娘「放置死」事件で注目集めた理由
あの頃のゲーセンの熱狂を自宅で再び! セガ、アーケード筐体のミニゲーム機「アストロシティミニ」を2020年12月発売決定!
人気声優の結婚ラッシュ? 小野賢章さんと花澤香菜さんが結婚を発表!「2日連続でポプ子が結婚」の声も

ディープウェブ・アンダーグラウンド単語

ディープウェブアンダーグラウンド

  • 28
  • 0
掲示板をみる(2,102)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(28)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

DeepWeb Underground(ディープウェブ・アンダーグラウンド 通称「DWU」)とは、深層web底から現れた「新人バーチャルYouTuber」である。

概要

Googleクローラすら届かないネット深海の出身。表層webでのバーチャルYoutuber盛を見兼ね、ダークウェブ代表VTuberとして送り出されたのがDWUだという。

自らった来歴と活動予告を信じるならば、4chan等の欧webで著名なアノニマスのようなハクティビズム集団を思わせるが、アノニマスシンボルガイフォーク仮面であるのに対して、縦ロールドレスバーチャル美少女シンボルとなるのは日本的である(?)。

誕生日5月16日麻原彰晃逮捕された日でもある。

”最強”のバーチャルYoutuber

その活動的は「最強バーチャルYouTuberを決すること」らしい。

この”最強”の意味するところはおそらくキズナアイや総再生回数やチャンネル登録者数とは関係がない。

2018年4月10日の短いデビュー動画DWUが「第一回 漫〇村を燃やします」と宣言したところ、その翌日に漫画村アクセス不能となっているのが確認された。

演者と運営の軋轢

注意 注意
ここでは、便宜上「演者」という言葉を使用しています。
また、内容が、演者寄りとなっております。
予めご了承の上、突っ走ってください。

2020年5月23日、この日は、5月20日DMMで発売したDWUのスクラッチ企画についての宣伝生放送を行う予定だった。
しかし、配信の前になっても、DWUの演者には、セバスチャン運営)からの配信に関する詳細な連絡がなく、演者はこれについて運営に催促をかけたところ、運営はこの配信についてまったく認識しておらず、それどころか、運営全員がこの企画に関してもほとんど把握していなかった。

また、一、この企画を回していたとされるグッズ屋のI氏(ここでは名前を伏せる)が、運営側に、LINEで「スクラッチが発売されたので宣伝をしてくれないか」と発言したところ、運営は、I氏の個人情報が写り込んでいるLINEスクリーンショットTwitter投稿した。
これについて、I氏が「一番偉いセバスチャン」に、この投稿を消すよう要したところ、運営はこれを既読視した。仕方なく、演者側が対応をした。

以上のようなことがあり、信頼関係が傷つけられ、運営の体たらくに怒った演者は、5月23日の放送の内容を変更し、運営批判する放送が行われることになった。

説教放送

5月23日20時から、ライブセバスチャンからの卒業~Iさんごめんね~exit」が開始した。

はじめに、演者がこの放送の経緯を簡単に説明し、運営から渡された「セバスチャンからの質問」に答えていった。質問は以下のような内容である。

これらの質問に対して、演者は、過去運営の行動などを交えて、度々運営批判した。
この中では、演者が「仕事めてるの?」と運営に問いただしたところ、運営側はホワイトボードで「こっちは遊びでやってるんだよ」と笑いながら伝え、演者は、「私は仕事でやってるんだよ」「私はプロ意識が高い声優なんだよ」「遊びみたいなことをちゃんと仕事にするからVTuber業界成り立っているんだろうが!」と昂するといった場面もあった。

その後、本来する予定だったDMM企画の宣伝や、おっぱいマウスパッド思い出話をし、最終的に「一人でツイキャスやるよ」と独立を示唆する発言をして、この放送は終了した。

説教放送後

5月24日、DWUのTwitterアカウントから、以下のようなツイートがされた。

ツイートによると、運営側はある程度反省し、今後は演者も企画に関わっていくとのことだった。

そして、5月27日に、運営側と本気で話し合う生放送をすることが発表された。

演者と運営の対談放送

5月30日20時から、YouTubeツイキャスで放送「セバスチャンもう無理exit」は開始した。

形式としては、演者と運営の代表者が対談するというもので、基本的に演者が質問をし、運営が答えるという形で進行された。

以下に大まかな対談の内容をまとめる。

演者「(前回の発言から)今まで遊びでやってきたのか。」
運営「遊ぶように仕事をし、仕事をするように遊ぶということは、エンタメ業界の基本であると思う。ただ、ふざけてDWUに関わっていたわけでわない。にやっていた。」

演者「にやっていたら前回の放送のようにならないのではないか。」
運営「前回の件について多少申し訳ないと思う点はある。ただ、前回に放送を手伝ったし、落ち度はあるが、できる範囲のことはやった。」

運営既読視はそんなにしていない。だるい時は『確認します』と答えている。」
演者「そう返されても、それから返答がない。」
運営「確認はするが、返答するとは言ってない。」

運営お金くなったら、土方仕事をする。土方おっちゃんは面い。やってみないか。」
演者「やるわけないでしょ。」

運営「案件は基本的に視している。ただ、DMMの件については、1度視したのに、再度依頼があったので、『勝手に進めていいですよ』と伝えておいた。その後は、『確認します』か既読スルー、『チェックします』で対応した。」

演者「運営を集めた時に、私が一信頼してる人以外は遅れてきた。しかも、店を出る時、靴を履いているのに待ってくれなかった。」
運営「靴を履いてるのには気づかなかった。遅刻は中央道の集中工事の。」
演者「信頼関係が失いつつある時に、遅刻はしないほうが良い。」
運営「それを言ったら、今も(放送の)時間がおしている。」

演者「『運営と話通じないのなら独立したほうが良い』というが来ている。」
運営運営一同、独立を心より応援する。」

運営「(社会不適合者というに対して)精科を予約している。3ヶ待ちと言われた。」

運営「(いきなり演者の3Dモデルを安物のアジア男性モデルに変更して)DWUではなく中身が重要ならば、安物のアジア男性モデルでもいいはず。そうじゃなきゃ、皆をついてることになる。」

運営「DWUのモデルは、必要ないと思うが演者にあげても良い。」

演者「私はこの2年間すごく楽しかった。すごく楽しかったよね?」
運営「…まあまあ楽しかったです。」

演者「これからも一緒にやってくれみたいなはないのか。」
運営「もしこれからも一緒にやってくださるのであれば、これまで通り。」

以上の対談の後、Twitterで「セバスチャン粛清するかしないか」のアンケート投票待ちとして休憩になった。この時、突如、画面が「情報漏洩に関する協依頼」という内部文書のようなものに切り替えられた。(この文書に関する詳細な記述はここでは控えるが、内容としては同時期に話題になっていた鳴神裁氏のリークに関するものである。)
これについて、演者から説明をめられた運営は、「これが独立してあなた達が向かわれる所の例」「みなさんが大好きなVTberの運営がちゃんと社会人として仕事した世界」と説明した。この文書の偽は不明だが、この文書自体にはおかしな点は見当たらず、運営側が何を言いたかったのかは不明である。

そして、前述のアンケートの結果が発表され、「粛清する」が89%、「粛清しない」が11%で、「粛清する」ことになった。運営は、「自分1人の責任だから他の人は許してくれ」と発言し、演者も「あなたさえ消えれば文句ない」「私が切り盛りできる」と発言し、「私も安心して死んでいける」として、運営の代表者は退場した。

その後、一旦画面が暗転し、画面が復活した後、突如として演者の周りから拍手が沸き起こった。それに対して混乱しながらも、「私が今後DWUを切り盛りしていくことになりました」等と述べた後、放送は終了した。

対談放送後

対談放送終了後、DWUのTwitterアカウント投稿をし、近々ツイキャスを行うとした。

視聴者の間では、放送に出てきた内部文書らしきものについて話題に上がった。また、演者の安否を心配するも上がった。

そして、放送翌日31日の20時から、演者がツイキャスexitで放送した。放送は以下のような内容だった。詳しくは本編https://twitcasting.tv/d_w_underground/movie/619001905exit)を参照すること。

  • セバス長(対談相手の運営)だけ切るつもりだったが、対談放送の最後の方に他の運営の人がスタジオに入ってきて拍手をしてきたのがあり、気持ち悪かったので、ほぼ全員運営を切ることにした。
  • 対談放送で話した「一信頼できる人」は、機材周りの担当で、運営の中でまともな人だった(前述の拍手にも参加しておらず、また運営での発言権も弱かったという)ので、この人と一緒にやっていくことになった。
  • これから自分で切り盛りするために、今日テスト配信をしてみた。
  • 運営から殴られたりはしていない。
  • 対談放送は、やばい画像(内部文書のことだと思われる)が出てしまったので、非開にした。拠として残すために削除はしていない。
  • YouTube動画カテゴリは「非営利活動と社会活動」から「エンターテイメント」に変更する。
  • 今後は人狼とかをやりたい。

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 2100ななしのよっしん

    2020/07/03(金) 20:27:22 ID: /ALRfWRFsB

    "グッとガッツポーズしただけで5点くらい入った"程度のものでは?

  • 2101ななしのよっしん

    2020/07/04(土) 02:51:02 ID: 3h58ppzOCK

    漫画動画漫画書いてる女の人がクッソメンヘラそうで怖い…
    DWUの知り合いだろうか…

  • 2102ななしのよっしん

    2020/07/04(土) 23:27:37 ID: FaWrsl0MDn

    ピアノ配信が実にお嬢様だった

急上昇ワード

最終更新:2020/07/09(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/09(木) 11:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP