今注目のニュース
関わりのない人から嫌われる、という意味不明な状況 「挨拶しても無視されて憂鬱…」
もし火星に人類が到達したら是非調査してほしい場所。Google Marsで発見された奇妙な地下基地への入り口
美味しんぼ「とんかつの厚切りは貧しいころの後遺症」 本当か試してみた結果…

デイジー姫単語

デイジーヒメ

掲示板をみる(263)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE


デイジー姫とは、マリオシリーズに登場するキャラクターである。

概要

スーパーマリオランド(1989年/ゲームボーイ)にて初登場。同作品の舞台であるサラサ・ランドのお様で黄色ドレス色のが特徴。マークシンボルにしている。
実はヨッシー(1990年)やワリオ(1992年)よりも登場がいかなりの古キャラクターである。

経緯

当初はまさにピーチ姫色違いで特徴らしい特徴もく、他作品への出演機会にも恵まれなかった。

マリオテニス64にて「人キャラクターが足りない」という理由で引っり出され、久々に日のを見る事となる。マリオパーティ4にて丸顔・大きなカールのかかったセミロングヘアという現在の見たに変更され、その後も明るく活発・おてんば・わがまま・怪力・直情的と徐々にピーチ姫との差別化が図られた。
(逆にデイジー姫が登場してからのピーチ姫は徐々に大人しくなっていった)

パーティスポーツ系の数多くの作品に出演し、現在ではマリオファミリーレギュラーキャラとして定着している。
しかし、出番といえばそのジャンルぐらいで、ジャンル外の作品ではスーパーマリオランドしかない。2Dマリオでのプレイアブルとなると、2017年アップデートで追加された「スーパーマリオラン」まで待たなければならなかった。見たによらずかなりの苦労人である。

そんなデイジーだが、なんとスマブラシリーズ5作大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」に参戦。
ピーチダッシュファイターという扱いのため性こそピーチとほぼ同じだが、デイジーらしくお転婆にパワフルにそして可憐に動き回る姿が見られるぞ!

ボンボン版での扱い

コミックボンボンに連載されていた本山氏によるマリオシリーズコミカライズでは、マリオランドヒロインを務めた後も準レギュラーとして登場し続けていた。

マリオピーチとの三角関係になったり、なんだかんだでルイージと良い感じになったりといろんな意味でが離せない活躍であった。ゲームでのデイジーキャラに少なからず影をあたえたという説もあるが、このマンガではピーチ姫も負けず劣らずのおてんばキャラである。

海外での扱い

海外版のマリオシリーズでは、ピーチ姫の名前がゲーム中で表示される機会がなく(PRINCESSとしか表示されない) マリオランドではDAISY!」と何度も名前で呼んだため、海外ではピーチ姫の本名をデイジーと勘違いした人が多かったという。実写映画ピーチを差し置いてヒロイン役を務めた事[1]もそれを後押ししていたと言える。

元々スーパーマリオランドヒロイン役も従来通りピーチ姫が務める予定だったが、当時の任天堂アメリカから
「『peach』という単には卑イメージがある」とクレームがついたため急遽考案されたという説がある。
しかし、当時のピーチ姫海外名は『Princess Toadstoolキノコ)』であり、『Princess Peach』という名前が初めて登場した「ヨッシーロードハンティング」は1993年スーパーマリオ64で名前が統一されたのは1996年のことなので、この説には疑問が残る。

関連の深いキャラクター

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *実写映画スーパーマリオ 魔界帝国の女神」ではピーチデイジーが別人であることを認識した上でデイジーヒロインに選び、 作中でルイージ仲にさせている
  2. *マリオテニスGCではデイジーシングルトーナメントで優勝した際の映像ルイージを「Sweetie!(『人』の意)」と呼んでいるシーンがあったりする

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP