今注目のニュース
生前は人を笑わせることが大好きだった男性、遺言通りに葬儀中のサプライズ。追悼者らを笑顔に(アイルランド)
奇跡の実話。死ぬ運命の子供6500人を1人で救った「ニセ医者」
美少女ゲームレーベル「feng」運営のホワイトローズが破産 「あかね色に染まる坂」など人気

デグスビイ単語

デグスビイ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

デグスビイ(Degsby)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.納谷六朗

概要

地球教教。宇宙798年(帝国489年)時点で「まだ三〇歳になってはいないだろう」とされる。
づきが薄く異様にい顔をしており、唇は薄く、長い黒髪は手入れされていない。狂信的な教条義者と評され、熱気はあれど不快な熱帯太陽のごときを宿したからは理性と信念の不均衡がみてとれはするものの、全宇宙に暗に勢を広げる宗教の幹部として相応の知性を有した人物。

フェザーン自治領アドリアン・ルビンスキーを監視するため地球教よりフェザーンに送り込まれた敬虔な職者であるが、自治領補佐官ルパート・ケッセルリンクによる陰謀に巻き込まれて堕落させられた末、フェザーンを脱出する船の中で死去した。

経歴

陰謀と堕落

デグスビイがフェザーンに来訪したのがいつ頃かは不明だが、宇宙798年初頭には自治領府にルビンスキーを訪ねている。このときはすでに数日にわたってルビンスキーと密談を重ねており、前日に伝えられた対帝国・援助の重増という新たな方針について、従来の勢均衡策を覆すものとして糾問した。ルビンスキーからはラインハルト・フォン・ローエングラム銀河を統一させたうえで統一国家の中枢をおさえるという新たな策略を提示されたが、理解しつつも疑念を隠さず、するどい摘をもさしはさんでいる。最終的には国家論をルビンスキー説に皮で応じ、用意された饗応を固辞して退出した。

しかし、その後のデグスビイは、ルビンスキーを打ち倒すという野心を抱くルパート・ケッセルリンクをつけられることになる。デグスビイの弱みをにぎり、手駒にしようとしたケッセルリンクの手によって、彼は漬けにされ、麻薬と女に溺れさせられることとなった。それでもデグスビイはルパートの「総大主教にとってかわり、地球教握しろ」という提案を一蹴して嘲弄したが、彼の瀆と堕落は当然すべて録画されており、露脅迫されたデグスビイはもはや弱々しい罵倒を返すしかなかった。

フェザーンからの脱出

同年12月帝国軍がフェザーンに侵攻すると、ケッセルリンクドミニクに、フェザーンからデグスビイを脱出させるよう示する。ケッセルリンク帝国への抵抗を糾合するべくいよいよルビンスキーを排そうとしており、ルビンスキー地球教の癒着の人としてデグスビイを必要としたのである。ドミニク自身の密告によりケッセルリンクが反撃を受け殺されてのちも、彼女はその示の通りにデグスビイの脱出を手配した。

いわくつきの職者であるデグスビイの身柄は複数の商人に忌避されたが、結局は独立商船の事務長をつとめるマリネスク少将じゃない方)に拾われ、同盟方面への密航をもくろむ貨物船ベリョースカ号へとおちつく。だが、物とアルコールの過剰摂取は彼の内蔵をいちじるしく衰弱させており、すでに死期が近づいていた。そしてベリョースカ号が帝国駆逐艦メル4号を逆に拿捕し移乗した直後に死去した。遺体は宇宙葬にふされた。

地球教教にして背教者をも自認していたデグスビイは、同様にフェザーン脱出を企図してベリョースカ号に搭乗した同盟軍駐在武官ユリアン・ミンツ少尉の関心を引いていた。デグスビイは死ぬ前にルビンスキーとケッセルリンクの相についてユリアンに伝え、最期に社会の裏側に隠された地球教の勢について重大な示唆をあたえた。いわく、「すべての事地球地球教にある。過去現在の裏面を知りたかったら地球をさぐれ」、そして地球にたいする恩義と負債とを人類は忘れてはいけないのだ」と。

この示唆を受けたユリアンは、バーラトの和約ののち、ボリス・コーネフらとともに地球へと赴くこととなる。

人物と影響

まちがいなく地球教の狂信者ではあったものの、彼はケッセルリンクのいう「禁欲の権化」でもあり、厳格にされた生活をおくる清教徒的な宗教家であった。

ケッセルリンクのために物によって堕落させられはしたものの、彼は底に強固な信仰心を維持していたといえる。事実、ケッセルリンクを「瀆の徒」と罵倒し、その提案を怒気をふくんだ嘲弄でもって笑い飛ばしたあげく、

きさまごときの野心と浅知恵で、総大主教猊下に対抗しようというのか、お笑い種だ。最下等の笑い話ファルスだ。なりの夢をみろ。に対抗しようなどと思うな。それが身のためだぞ

と嘲り、圧倒的に優位にあるはずのルパート静さをわずかながら失わせている。

ベリョースカ号に乗り込んでからは、瀆をなした自分自身をもはや職者ではなく背教者であるとユリアンっている。ユリアンには、デグスビイが身体の異常がもたらす痛を背教への罰として受け入れ、なかばは自殺のようなかたちで死去したように感じられたという。

その死については総大主教地球教上層部にも伝わっており、「不肖者のデグスビイ」が末期に秘密を洩らしていないかどうかが危惧されている。デグスビイがいかなる感情のはてに地球教の暗躍について示唆したのかは定かでないが、このことはユリアンや話を聞いたヤンをして、フェザーン地球教との関係、ひいては地球教の裏面に関心を持たせるきっかけとなったのだった。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2019/01/14(月) 07:03:30 ID: IFHhPtolaQ

    もし生き延びていたら、そして地球教ラインハルトテロしかけて滅びていくのを見てたらどうしたんだろう
    作中で宗教してるのってこいつだけだから気になる

  • 2ななしのよっしん

    2019/02/02(土) 20:55:36 ID: eGrm28N44y

    ケッセルリンクの誘惑にもっ向からNoを突きつけてたし、信仰心と教団への忠心は強かったんだろうな。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/19(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/19(土) 11:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP