今注目のニュース
ゲームが1台もない「タイトーステーション」が千葉に存在していた
「さよなら夏のカイロセール」で『常夏プールパレス』など3作品がセール。人気作『ダンジョンメーカー』や『Kingdom: New Lands』の値下げも。【スマホゲームアプリ セール情報】
シヤチハタ「痴漢防止はんこ」がついに商品化、テスト販売開始 限定500個

デザエモン単語

デザエモン

掲示板をみる(50)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

デザエモンとは、株式会社アテナより発売されたシューティングゲーム作成ツールシリーズである。 

概要

ラインナップは以下の通り。(プレイステーション版の2作はゲームアーカイブスで配信されていたことがあるため、PS3PSPでも遊ぶことができる。現在は配信を終了している2015年3月11日(株)トリニティより配信が再開された)

コンシューマ機のみの販売で、ゲーム機さえあれば、グラフィックBGM全にオリジナル自作シューティングゲームを作ることができるのが大きな特徴。

ファミコン版は制約が大きく、実験的な要素の強いソフトであったが、2作であるスーパーファミコン版からは自由度が飛躍的に向上し、サンプルゲーム(大王GALE=アテナアーケードゲーム大王」の続編的存在)が下手なゲームよりもよっぽど遊べるぐらい可性のあるソフトに大化けした。

特に当時はパソコンが普及しておらず、ゲームを作るにもプログラム知識が必要だった為、ゲームクリエーターを夢見る学生たち(もしくは気分に浸りたい人たち)の間で重宝された。

似た分野のソフトとして、オリジナルRPGが作成できるRPGツクールがある(こちらはPC版が元祖)。

従来は自作ゲーム不特定多数の人に遊んでもらうことがかなり困難だったが、プレイステーション版がゲームアーカイブスで配信されたことにより、ユーザーが作成したゲーム(セーブデータ)のネット上での配信が容易になった。

絵描衛門(ファミコン)

記念すべきシリーズ第1作。
ハードファミコンということもありSFC版などより、エディットの制約がかなり多い(時代を考えれば妥当?)
グラフィックエディタでは基本的に3色しか使えず、ステージも3ステージまでとなっている。
ミュージックエディタは音色固定の4和音
ゲーム中のアイテムSFC版以降と似通っているが、グラディウスのようなオプションアイテムが存在する。

サンプルゲームは「E.D.I.T.」
敵のグラフィックコアがあったり、上記のオプションアイテムとあわせ、グラディウスを彷彿とさせる要素がある。
サンプルゲームだが難易度がやたら高いSTG慣れしていないとステージ2をえることすら困難だろう。

描いて・作って・遊べる デザエモン(スーパーファミコン)

シリーズ第2作。
当時ビデオゲームに熱中し、「いつか自分もゲーム作ってみたい!」と思っていた人たちは、「描いて、作って、遊べる、デザエモ~ン!」というCMに心ときめかせ、このゲームを入手したのではないかと思う。

今作はアテナSTG大王」をベースに作られているため、ゲームモードシステムもそれに似通っている。
大王については当該記事を参照のこと。

シリーズエディットモードの基礎は今作でほぼ完成している。
ミュージックエディタなどは後の作品にほぼそのまま流用されるほど、この時点でも洗練されていた。
裏技を使うことで「大王」のBGMアレンジ版を聴くこともできる。

また今作からゲームコンテストが開催された。
今作での受賞作の一部は、続編の「デザエモン+」でプレイ、または動画ゲーム内容の一部を視聴することができる。

DAIOH GALE
大王」をベースに作られているが、ステージ内容などはほぼ別物になっている。
ゲーム自体もさることながら、特にBGMの評価が高く、「2トラック特定のサンプルコード、最大16小節」という制約のあるミュージックエディタパワーフルに活かしており、その完成度の高さは多くのプレイヤー希望と挫折を与えた。

デザエモン+(プレイステーション)

シリーズ第3作。
SFC版デザエモンの手直し版といった内容。
新たに敵の拡大・縮小や回転といった設定ができるようになったが、作成ステージ数が最大で5ステージ(任意で4ステージ以下にすることも可)になったり、またデータの保存にメモリーカード1つ丸ごと使う(おかげでデータセーブロード時間が異常に長い)など、不便な点もそれなりに増えた。
またハードが変わったことによりミュージックエディタで使える楽器が一部変更され、同一の楽器でも音の鳴り方や音量なども大きく変更されているため、SFC版と同じ曲を鳴らしても印が大きく異なる。
変更された楽器を使用したBGMを再生したままコンテスト入賞作品選択画面に入ると変更されたはずの楽器がなぜかSFC版に近いものに変化したりする。

DAIOH GALE Ver.2
DAIOH GALE」を元に、デザ+のシステムに合わせ作りなおした内容になっている。
論5ステージで終わるため、前作にあった宇宙要塞突破ステージおよびラスボスとの戦闘い。
裏技を使うことで前作「DAIOH GALE」をそのまま移植したものもプレイできる。

OMAKE POWER STORM
裏技プレイできる隠しサンプルゲーム
こちらはゲーム起動時に特定ボタンを押しっぱなしにすることで、エディットに自動的にロードされる仕様のサンプルゲーム
DAIOH GALE」に負けず劣らず、非常に完成度が高い。
武装はデザ+で新たに追加されたチャージショットシャドウレーザーバルカン2の3種。
全2ステージ構成だが、敵の量がやたらと多く、背景にとけ込んでいる高得点の敵が配置されており、グラフィックエディタスタッフハイスコアが殴り書きされていたりと、スコアアタック重視の内容になっている。
また、ゲーム未使用のBGMも必聴モノ。

コンテスト受賞作品

今作には、2度にわたって行われたSFC版デザエモンゲームコンテストの受賞作品がいくつか収められている。
ただし全てがプレイできるわけではなく、一部の作品は動画として視聴することしかできないものもある。元データ消失したため移植できなかったのか、容量の都合でゲームデータが収録されなかったのかどうかは不明。
受賞作はどれも高い完成度で、ツクールでも活躍したチームグリグリ祁答院慎氏、浜本央氏、洞窟物語を作成した開発室Pixelなど、受賞作には有名な作者さんの名前もチラホラとある。

ちなみに、これまた裏技で、なんと受賞作のデータエディットモードロードすることができる。ハイクオリティドット絵BGMをじっくり楽しむために、データをこぞってロードしたプレイヤーは多いだろうが、何故か岩田氏の作品のみロード不可能と知って愕然としたプレイヤーも、また多いのではないだろうか…。

人気作品は初代グランプリの「SCARECROW」、両コンテストでそれぞれグラフィック賞・アテナ賞を受賞した、岩田氏による「THE HEART OF DARK」「JUSTICE」、かわいらしいグラフィックハイセンスBGM人気を博した「リトルチェイサー」、そしてカセット2本を駆使して壮大なストーリーを創り上げた「けじめ ~七転八起~」など。

デザエモン2 (セガサターン) 

シリーズ第4作。
作成可ステージ数が10まで増え、さらに今作より横シューティングの作成が可になっている。
パーツを組み合わせて3Dモデルを作成し、それをレンリングすることでグラフィックチップを作成できるモードが追加された。これにより、ドット絵を作成できなくてもグラフィックを作ることができるようになった。

 ただし、ボリュームの増加に伴いデータ量も増。セガサターン内蔵のメモリには到底おさまらず、別売のメモリーカセットフロッピーディスクドライブでないと作成データを保存できない。メモリーカセットは非常にデータが壊れやすいため、本を入れて作成するにはフロッピーディスクドライブが必須であるといわれている。

 サンプルゲームとして「DAIOH P!」他、3作品+隠し2作品が収録されている。

デザエモンKids!(プレイステーション)

現時点でのシリーズ最終作。
これまでのシリーズにあった多くの細かな設定を排除し、非常に簡略化されたシステムとなっている。
サンプルグラフィックが多数用意されているが、グラフィックエディタで使用可な色が固定の256色のみとなっており、またサンプルミュージックも多数用意された分、エディタそのものがなくなっている…が、CDゲーム中に使用することができるという利点もある。

また今作はペロンSFC時代から居た緑色ウサギのようなキャラ)がエディタ画面でしゃべるこいつ削ってサンプルデータもっと増やした方がよかったんじゃないかな。

Select100

デザエモン+ゲームコンテスト受賞作を100本収録した別ディスク
Kids!本編よりこちら当てに買ったプレイヤーもいるとかいないとか。
前回・前々回のコンテスト受賞者による作品は相変わらずのハイクオリティ。特に縦シューで横シューをむりやり作ったSIDE」など、そのアイデアの奇抜さに驚いたプレイヤーは多いのではないだろうか。作者が初代コンテストで受賞した怪作「けじめ」の作者と同一であるとわかると、なんとなく納得はいくかもしれないが。
佳作群にもいい作品がひしめき合っていて、その中には「むし~る」などあまりにも鬼畜難易度のため、有名な作品もある。

今回は裏技ではなく、デフォルトで受賞作のデータメモリーカードロードできる機がついているが、一部作品は作者の意向によるためか、はたまたメモリーカード2枚分のデータのためか、ロードできない作品もある。というわけで、岩田氏の作品は今作もロード不可能

SuperLite 1500 シリーズ デザエモンKids!exit

サクセスから発売された廉価版。
エディタとSelect100を同一のディスクに収録されたもの。

アテナから発売されたKids!とはセーブデータの互換性がいので注意。

デザエモンのピコカキコ一覧

デザエモン+(デザエモンプラス) - サンプルBGM

No. 場面・原曲 プレイヤー
BGM17 タイトル
12139
BGM18 ステージ1通常
12109
BGM19 ステージ2通常
7350
BGM20 ステージ3通常
12099
BGM21 ステージ4通常
12059
BGM22 ステージ5通常(SFC)
8913
BGM23 5(SFC:6)面通常/1&4ボス
12040
BGM24 ステージ2ボス
9488
BGM25 3&5面ボス(SFC:3)
9657
BGM26 ステージ5ボス(SFC)
9658
BGM27 ステージ6ボス(SFC)
9659
BGM28 ステージクリア
9660
BGM29 ゲームオーバー
10402
BGM30 エンディング
11994
BGM31 インベンション13番
3256
BGM31 インベンション13番
3262
BGM32 小フーガト短調
9662
BGM33 セーブデータ消失
11990

 

No. 場面・原曲 プレイヤー
BGM34 AC大王1面
8818
BGM35 AC大王2面
12220
BGM36 AC大王3面
8934
BGM37 AC大王ラスボス
9255
BGM38 「けじめ」ED/麻雀「極」BGM
10457
BGM39
10001
BGM40 オクラホマミキサー
10571
BGM41 禁じられた遊びロマンス
3250
BGM42 モルダウ
8030
BGM43 白鳥
9958
BGM44 ドナドナ
12158
BGM45 さくらさくら
10744
BGM46
10194
BGM47 ACアテナハテナ BGM
BGM48 ACアテナハテナ タイトル
11235
BGM49 GBアテナハテナ1面
11863
BGM50
BGM51
6934

デザエモン+(デザエモンプラス) - その他

タイトル 場面 プレイヤー
デザエモン+BGM集 (BGM17~33)
9678
リトルチェイサー タイトル
10652
リトルチェイサー ゲームオーバー
10929
リトルチェイサー エンディング
11227


ピコカキコを一度にたくさん再生すると重くなる場合があります。いくつか再生を行った後はリロードすることをおすすめします。
ピコカキコ再生開始直前の状態で再生されない場合は flash player を 10.3等exitにすることなどをおすすめします。

関連動画

 

 

 

 

関連マイリスト 

関連商品

 

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/26(月) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/26(月) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP