デジタル切腹 単語

デジタルセップク

2.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

デジタル切腹」とは、自的に自分のアカウントゲームキャラクター削除する行為である。海外でも「Digital Seppuku」と呼ばれている。ちなみにアグネスデジタル(ウマ娘)との関係はない。

概要

オンラインゲーム上やSNS上で自らが引き起こした不祥事の件で、自的に自分のアカウントゲームキャラクター削除することでその責任を示す時に使われる。その行為を武士が自らを切って死ぬ「切腹」になぞらえて「デジタル切腹(Digital Seppuku)」と表現した。

そのは古く、2009年からTwitter上で「Digital Seppuku」を使った下記の英語ツイートが確認されている。
日本語翻訳すると「私のいまいましい外付けHDDがデジタル切腹を確定する前に、私のデータをもう少し保存する時が来たようだ」のような意味になる。この頃からデータを消すことを「デジタル切腹(Digital Seppuku)」として使われていた。

ただし、「Digital Seppuku」「デジタル切腹」は2022年までのTwitterではに数回程度の投稿頻度だった(→参考exit)。「デジタル切腹」の用例が急増するのは下記項で述べる出来事以降となる。

ファイナルファンタジーXIV騒動とデジタル切腹

「デジタル切腹」という言葉が自的に自分のアカウントゲームキャラクター削除する行為としてネット上で認知されたのは、スクウェア・エニックスMMORPGファイナルファンタジーXIV(以下FFXIV)」で起きた不正騒動がきっかけとなっている。

2023年1月24日実装されたFFXIV高難易度コンテンツ「絶オメガ検証戦」において、世界最速でクリアした日本チームプレイ動画が流出し、「ズームハック」という外部ツールを使用していた疑惑が浮かび上がったことからコミュニティで大きな騒動になった。FFXIVにおいて、外部ツールの使用は一切認められていない。

ファイナルファンタジーXIV禁止事項

ゲームバランスを崩壊させる行為
不正プログラムや外部ツールの使用は、ゲームバランスを崩壊させる行為として禁止しています。またプレイヤーが不在でも何らかの具を用いたり、不正プログラムや外部ツール等を使用したりすることにより、自動的に特定行動を繰り返させ続ける行為は「不在プレイ」として禁止されており、当社によって禁止行為に該当する内容が確認された場合は、ペナルティが科されます。

問題発覚後、チームメンバーを名乗る人物がTwitterにて謝罪文を投稿。謝罪した人物や過去に参加していたグループメンバーの一部は、キャラクター削除プレイを停止することを発表した。このキャラクター削除によって責任を取る行為を海外プレイヤーから「Digital Seppuku」と表現され、これが日本人プレイヤーにも広まって「デジタル切腹」となった。2月1日正午Twitterでは「デジタル切腹」がトレンド5位に入り話題となっている。

こうして「デジタル切腹」はインターネット上で責任を取る言葉として認知されることになった。

FFXIVに於いて、デジタル切腹は責任を取る行為になるのか?

アカウントキャラクター削除することは、今までネット上に培ってきた名ステータス、場合によっては課金による恩恵を全部捨てることになるのである程度は罰となっている。しかし、いくらでもアカウントを作り直す(いわゆる「転生」)ことができるため、罰としては甘く本当に責任を取っているとは言い難い。ひねくれた見方をすればネット上で炎上したからアカウントを消して逃げたようにも見える。ペナルティを粛々と受け入れ、二度と不祥事を起こさないように反省することが本当の責任の取り方ではないのだろうか。

前項で触れたFFXIVの不正疑惑騒動においてFFXIVプロデューサーディレクター吉田直樹運営側で外部ツール使用の調を行っており、確認され次第該当プレイヤーにペナルティを課すことを表明した。「今回、外部ツール不正使用が調によって明らかになった場合、少なくともは、当該チームワールドファーストチームとは認めません」と強い姿勢で不正行為を認めないことを示している。

絶オメガ検証戦における不正行為について | FINAL FANTASY XIV, The Lodestoneexit

他の界隈でのデジタル切腹

似たような文化は、かなり昔の時代から、インターネット上のコミュニティの至るところで見られる。
消し・投稿作品の全削除(または非開設定化)ツイートの全消し・退会・アンインストール古いものだと掲示板閉鎖ホームページ削除)などがそれに該当する。

そもそもデジタル切腹は『責任を取る手段』や『禊』のようなご立なものではなく、(自分自身を含めた)特定コミュニティに所属する人間に、これ以上嫌な思いをさせないように行う『自衛手段』という側面が強い。

一度やらかしてしまった人間は、その後どう取り繕おうとも『困ったちゃん』や『厄介ファン』というレッテルを剥がすことはできないだろうし、再び同じような過ちを犯してしまった日には「またか、いい加減にしろ!」というしい批難を受けることは免れないだろう。

他にも価値観の変化から、過去の自分の活動が黒歴史化する、うんざりする、恥だと感じるようになるということもある。ニコニコ動画の場合、最もありふれた事例は『シリーズをエタらせてしまい自己嫌悪に陥る』といったところか。

その際に行われるのがデジタル切腹である。
インターネット上のコミュニティの流動性と匿名性を徴する文化であることは間違いないだろう。

 

 

 

 

 

・・・ところで、見るからに初心者ではない作品を投稿している新しいアカウントのあなた。
『何回』ですか?

関連静画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/22(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/22(月) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP