今注目のニュース
やるからには勝つよ『オーバーウォッチ』より「D.Va」がfigma化
アニメ好き女子アナ・藤田かんな「女子校出身の私は共感だらけ」 新作「女子高生の無駄づかい」
京アニ募金「可能な限り最も直接的で意味のある援助を」 海外発のクラウドファンディングが2億円を超える

デストロイオールヒューマンズ!単語

デストロイオールヒューマンズ

掲示板をみる(48)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

デストロイオールヒューマンズ!とは、PS22007年に発売された日本バカゲーである。
ジャンルTPS方式のアクションゲーム

概要

舞台1950年代のアメリカ
フュロンUFOアメリカ大陸墜落し、フュロン人「クリプトスポリジウム136」の体が政府に回収された。主人公であるフュロン人「クリプトスポリジウム137」とその上科学者「オルソポックス13」はクリプトスポリジウム136を救出するため、そしてDNA(日本語版ではエンドルフィン)を集めるために、米軍や秘密組織「MJ12」などと戦い地球人をブチ殺していく…
というのが大まかなストーリー

元はアメリカゲーム会社THQが2005年に『Destroy All Humans!』としてPS2Xboxで発売したTPSゲーム。だが、そのあまりにもグロすぎる…「キャトルミューティレーション人間でやっちゃおう」…描写のため、日本ではローカライズされなかった。それを、セガの小正人氏が監督を務めてなんとか2年後にCERO-Cまで抑えて販売にこぎつけた製品である。
発売に際し、CEROを通すためにセガがとった方法は、”おバカに走る”であった。その為に、トンデモSFに詳しい山本弘氏らも引き込んで、様々なネタを盛り込んだ。さらに山口勝平大塚芳忠富田耕生青野武田中敦子などの声優を引き込み、究極のバカゲーに仕立て上げたのである。
(ちなみに主人公クリプト達は関西弁を喋るが、山口氏や大塚氏は関西人ではないので関西人の方々から見るとイントネーションがどこかおかしいのだとか。最も本場でないことがかえって胡散臭さの演出に一役買っているそうで…)
作品中にちりばめられたネタには有名な特撮アニメ作品やCMネタ、いわゆると学会ネタなど夥しい数にのぼり、全てのネタを理解できる人はまずいないだろう。だがその元ネタを探すのもまた楽し。
もっとも、ゲーム自体の難易度はそこそこ高いので油断するとすぐに死亡してしまう。

以下はクリプトがテレパシー一般人兵士などの思考を読んだ時に出てくる台詞。何気に脇役までフルボイス
解る人だけ笑ってください。ちなみにこれでもほんの一例。

なお、発想が「ビーストウォーズリターンズ」と同じなのは気にしない。

この話の舞台裏・ネタの一部を閲覧したい方は下記の関連リンクを参照。

続編

ローカライズ前の『Destroy All Humans!』はなかなかの人気を得たらしく、海外ではシリーズ化して続編も数作出ている。しかし2作が出たハードであるPS2Xboxは双方ともに既に前世代ハードとなってしまっており、日本ローカライズ版の発売は望み薄である。

Destroy All Humans! Crypto Does Vegas」という2007年に配信された携帯電話アプリもある。オルソポックスがフュロンに送るはずだったDNAが何者かに盗まれた。クリプトはそれを補填するため、地球人を殺しまくってDNAを集めることになる。 

関連動画

関連商品

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP