今注目のニュース
前世が猫のハムスターが発見されました! 洗濯機で“回し車”のように遊ぶ猫に「いい運動」「かわいすぎる」の声
『Call of Duty: Mobile』が10月1日に配信決定。マルチプレイヤー主軸の基本プレイ無料ゲームとして大人気FPSシリーズがモバイルに登場
水着姿で無防備なカバさんチームをあなたのもとに!『ガールズ&パンツァー 最終章 抱き枕カバー 「カエサル」/「エルヴィン」』 予約受付開始

デフラグ単語

デフラグ

掲示板をみる(25)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

デフラグとは、ハードディスク内の断片化されたデータを連続したデータ領域に再配置する事である。

概要

一般的なハードディスクでは、連続したデータへのアクセス(シーケンシャルアクセス)は速く、ディスク上で分散したデータへのアクセス(ランダムアクセス)には弱い。 ハードディスク読み書き先となる場所まで読み書きヘッドを移動させ、さらにデータが格納されている箇所までディスクを回転させてから読み書きを行うため、 ランダムアクセスでは待ち時間(シーク時間)が多くなり、シーク時間のせいで読み書きの速度が遅くなってしまうからである。 つまり、一度に読み取るデータは断片化された状態ではなく連続したデータ領域に配置されている方が良いという事である。 しかし、ハードディスクは利用している内にどうしても断片化が生じてしまい、そのせいでコンピュータの動作が遅くなる事が有る。 そこで、強制的にデータの再配置を行う事によって、データ読み書き速度を向上させる試みがデフラグである。

システムファイルなど読み書きのしいデータの断片化の有は動作速度に大きな影を及ぼすが、通常のデータファイル等ではほとんど影い場合が多く、効果は必ずしも一定ではない。また、デフラグはHDDコントローラチップヘッドモーターフル稼働させてHDDの発熱を大きくするので、熱設計に余裕のノートパソコンや液晶一体デスクトップ等で余りにも頻繁に実行するとHDDが高温になり、経年劣化める恐れがある。

最近、SSDと呼ばれる不揮発性の記憶装置も販売されている。SSDは構造上シーク時間が桁違いに短くランダムアクセスには非常に強いので、断片化解消による高速化はほとんど期待できず、むしろ再配置に伴う大量の上書き動作でフラッシュメモリ寿命を縮めるのでデフラグすべきではない。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 23ななしのよっしん

    2017/05/01(月) 21:09:24 ID: G5nrjEbL6j

    全くやらないだったが
    いつも使ってる機ディスク故障を疑うほど遅くなったのを一発解決してからはちょくちょく使うに転向した

  • 24ななしのよっしん

    2017/06/15(木) 03:14:33 ID: Dx9GX9rSOC

    千と千尋の神隠しに出てくる釜ジイの作業場にある大量の引き出しで例えると友人は理解してくれた。
    整理整頓してあるからこそ大量の品をスムーズに扱えるんだよ って。

  • 25ななしのよっしん

    2018/03/22(木) 14:26:35 ID: on1JtXvd8W

    Windows 8以降は特に考えなくて良い
    起動しっぱなしにしていれば勝手にデフラグするから
    しか起動しないのであれば、手動でデフラグする必要があるかもしれないけど

    その自動デフラグが動いた場合、SSDTrimコマンド発行という形で代替し、デフラグはしない設計

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 04:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP