今注目のニュース
ズボンをはかない息子を怒鳴るも…息子の“大人”対応で怒り方を反省した漫画 「涙が…」
隠れた病気が潜んでいることも…あまり知られていない「出血傾向」とは?
暴行を受け頭が陥没! 犯人のあっけない出所に被害者家族が猛反発

デモクリトス単語

デモクリトス

  • 1
  • 0
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

デモクリトス(Dēmokritos、紀元前460年頃~紀元前370年頃)とは、古代ギリシア哲学者である。原子論を唱えた。

生涯

紀元前460年頃、トラキア地方アブデラに生まれる。アナクサゴラスと、原子論の創始者であるレウキッポスの子であった。

デモクリトスの思想

存在論

パルメニデスの存在論の影を受け、デモクリトスも存在論について論じることから始めた。

デモクリトスによれば、世界は「充実体(プレーレス)」と「虚(ケノン)」から成立するという。

これは、パルメニデスの「あるものはある、ないものはない」という議論に似ているが、大きく違う点がある。それは、デモクリトスの議論では「ないものはない」のではなく、「ないもの」は「虚」という形で「ある」という点である。

原子論

パルメニデス議論に対して、デモクリトスは次のように考えた。

  1. 世界は「充実体」と「虚」で成り立っている。
  2. 「充実体」が「虚」に分割されることにより、複数のものが存在する。
  3. そうして次々に分割してゆくと、これ以上分割できない最小の実体が現れる。これを「原子(アトム)」という。
  4. 世界は原子の結合・離散によって成り立っている。

以上のデモクリトスの議論は、パルメニデスの存在論・変化否定論に対する回答となっている。

まず存在論については、「虚」という概念を導入することにより、「非存在」の概念を取り除いた。

次に変化否定論だが、パルメニデス議論では「存在が非存在から生成されたり、存在が非存在になることは矛盾」となっていた。これに対しデモクリトスは、原子の集合により生成、虚分割により消滅が起こっているように見えるが、それは原子の形で「存在」したままであって、「非存在」になったわけではないとした。

唯物論

デモクリトスは原子論の考えを底し、魂さえも原子の集合だと考え、魂は「火=熱」の原子の集合だとした。魂さえも原子によって説明できるという彼のは、物論の祖とされる。

また、彼によれば、原子の離散集合は「必然(アナンケー)」であり、偶然などは起こりえないとも説いた。こうした機械論的物論とも呼ばれる。

後世への影響

エンペドクレスが唱えた四元素説をアリストテレスが支持したこともあり、デモクリトスの原子論は長らく忘れられてきた。ただ、エピクロスのように、彼の思想に影を受けた者が皆無であったわけではない。

彼の思想が評価されたのは、近代にドルトンやラボアジェによって原子論の正しさが明されてからである。

プラトンとの関係

プラトンはデモクリトスをしく嫌っており、彼の死後、彼の著書を焼き払うよう命じたという逸話がある(偽は不明)。

関連商品

関連項目

掲示板

  • 3ななしのよっしん

    2018/01/23(火) 13:16:18 ID: BvlXMhoAZl

    紀元前の人間り合おうとするなよ

  • 4ななしのよっしん

    2018/01/24(水) 19:12:47 ID: 6Ibl2Eduuq

    紀元前に理論が熟しきってたら今はとっくに腐ってるなw

  • 5ななしのよっしん

    2018/01/26(金) 16:37:03 ID: KFQ8BYAbC9

    >>sm32626973exit_nicovideo

    この動画である推論(4:30ごろ)
    みると古代の人たちは非可算無限の濃度という概念がなかったんだと思う。実数集合Rを可算無限回の分割では元に分割できないという発想があれば原子論は生まれないし無理数の存在(√2など)を否定しなかった

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP