今注目のニュース
隣人の飼い犬を銃殺した男「なでようとしたら噛まれた」(台湾)
ローソン「スライムわらびもち」スライムベス/メタルスライムも
5連休すると「お小遣い」3万円支給 “逆ブラック企業”の有給休暇制度に「素敵すぎる」

デュラガウア単語

デュラガウア

掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

デュラガウアとは、MHFに登場する大モンスターである。別名「氷狐竜」。
部位破壊可部位は両、頭、尻尾背中
生息地は峡谷、高地。

概要

飛竜
デュラガウア
別名
原種 氷狐竜
登場作品
モンスターハンターフロンティア
モンスターハンターのモンスターテンプレート

シーズン8.0「氷撃、デュラガウア」(2010/4/21)にて実装された飛竜モンスター
格はティガレックスに近く、非怒り時はティガレックス同様肉弾戦を得意とするモンスターであるが突進などのモーションは大きく異なる。
別名や武器、防具から察することが出来るようにモチーフモンハンシリーズでは初のモデルモンスターとなる。

怒り状態では体表面に氷をうことからわかるように氷属性の攻撃を得意とし、氷の竜巻ジョー東のように飛ばすかまいたちや、通過した周囲を凍りつかせるブレスなどの攻撃で8.0からの新たな状態異常「凍傷」をハンターに負わせる。
凍傷はMHF-G6(2014)でドゥレムディラが登場するまで長らくデュラガウアの固有状態異常であった。
また一部攻撃では尻尾から睡眠ガスを出すほか、カウンター攻撃付いている膝崩れやられもデュガウアが初。

ヒプノックヴォルガノス以降、特殊な狩猟形態であるラヴィエンテを除けば上位(HR31)以上から登場するモンスターばかり実装されていたMHFであったが、デュラガウアはHR22~のクエストも用意されており、久々に下位個体の存在する新モンスターとなった。

剛種以上では追加行動の一つとして打ち上げ→ブレスというコンボを使ってくる。
アンノウンなど多くのモンスターに見られる、打ち上げで根性が発動しないラインまで削られ追撃でトドメという貫通コンボの始祖である。

下位上位剛種どの個体にも共通することだが、他の同じランク帯のモンスターより攻撃HPがずば抜けて高い。なかでもHPの高さは非常に有名で昔のFでタフネスべるときには引き合いに出されることが多かった。
その異様なタフネスHPは下位は10000、上位は17999、剛種は25000。ルコディオラ(下位8000、上位12000、剛種16000)とべてみても異常さがすぐに分かる値になっている。該当ランクでのソロでの撃破は困難なため、戦いたいだけなら育成クエストを受注するのが吉である。
あまりに馬鹿げた数値だったためG級は最初から控えめの20000という数値に落ち着いており、剛種もG9.1の難易度調整によって18999と上位と変わらない数値になった。

の秘に生息しているがデュラガウアのクエストは長い間上位以降であっても下位同様ベースキャンプスタートだったので、狩猟するまでに1~2分ほどのエリア移動をしなくてはならなかった。現在では下位以外は秘前からクエストが始まるようになりエリア移動で困る必要はなくなった。しかしながらイベクエなどのお得クエストはBCスタート

近年ティガレックスに変わるまで長らくHRPたっぷりクエストHR51バージョンに君臨しており、「特デュラ」の名で知られていた。これの呼び名は運営把握しているようで公式オリジナルモンスター紹介動画でも挙げられている。
最近では不評だったゴゴモアに代わって魂入り秘伝デイリーを担当している。

MHF-Gになってミ・ルという容姿が似ているモンスターが発見されプレイヤーからデュラと呼ばれることもあるがデュラガウアとの関連性は不明。
一応リオレイアに似ているアンノウン運営から「レイアから関係ない」といわれているが、ミ・ルは一切フォローがされてないためを呼んでいる。
という別名が共通しているためデュラガウアと関連がありそうなのだが。

MHF-G2(2013/7/10)でG級対応。難易度7。
G級行動として剛種の地面氷結→割る攻撃の凍結が高くなり、巨大な氷塊を作り、それを破壊して周囲に飛ばす攻撃に変化している。

特異個体

シーズン10(2011/1/26)で追加された。全体にくなり、が反りあがっている。
閃光玉をステップ回避するほか、怒り状態になると冷気オーラって拡散弾を効化するのが大きな特徴。

下位上位からでも剛種の打ち上げコンボを使う。そのおかげでターン制モンスターとしての要素が強くなった。剛種の突進には脅威のホーミング機が付与されており位置取りでは簡単に避けられないレベル進化している。
さらに追加として尻尾を振って睡眠ガスを出す技や怒り時のバックジャンプ→3Wayレス
溜め動作から回転し自身の右側面に氷の竜巻を3つ飛ばす技もある。

は攻撃は高くなっているもののそれ以上にデュラガウアの本来持つ恐るべきタフネスが落ちている。
剛種のHPは0.8倍にまで落ちているので、特異個体全体の傾向だが手強いながらスムーズ狩猟を進めることが出来るようになった。

生態、行動など

前述のとおり格はティガレックスナルガクルガの系統。ティガべると少々小さい。
怒り状態になると体の一部を氷結させ、アスパラガスは恐怖のトゲトゲに変貌する。閉じていた尻尾が開いたことでそこから睡眠ガスが出るようになるらしく、怒り状態では睡眠攻撃をしてくるようになる。

特異個体では、拡散弾を撃っても小爆弾凍結してしまうのか爆発しない。どんな温度だ。恐らく素手で表面に触れるとくっついて剥がれなくなるだろう。

全身を大きく使った様々な攻撃はモーションが大きい分攻撃範囲が広く、そして威が高いものが多い。突進もホーミング性が高く、慣れないと通常のコロリン回避で避けるのは至難の業。
MHMH2MHFを始めとしてその生作品の伝統と言えるターン制が色濃いモンスターであり、武器種による難易度の差も少ない。色々なお得クエストに登場するのはこれが理由だろうか。

設定上、警心の強いモンスターと言うこともあり、実装時点では他のモンスターが登場しない新エリアでの戦闘のみであった。この新エリアだが、入り口はの秘(夫妻希少種がいるあそこ)と同じ。どう繋がっているのか気になるところである。まあ古自体クエストによって地形が変動しているフィールドなので・・・
後に高地にも登場。さらに新闘技場クエストも存在する。
また、ベンチマーク第二弾では峡谷に出向きベルキュロスに全で喧を売っており峡谷クエストもある。

アスパラガス

ある意味デュラガウアの別名。
何故そう呼ばれるかは「アスパラ MHF」あたりでグーグル画像検索をかけてみると分かりやすいだろう。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 29ななしのよっしん

    2013/07/25(木) 15:35:50 ID: o+ZQi3rt5a

    ドラギュロスコイツはモーションが格好良い

  • 30ななしのよっしん

    2013/10/07(月) 21:17:23 ID: Br2+H4Zfzt

    >>sm21985959exit_nicovideo

  • 31ななしのよっしん

    2017/07/02(日) 22:57:36 ID: QsArO0pbqy

    fモンスター勢で動画とか見ててまともに哮聞き取れるのコイツぐらいしかいない

急上昇ワード

最終更新:2019/09/20(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/20(金) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP