今注目のニュース
【神対応】大坂なおみ選手が負傷した相手選手の元に駆け寄って行なった行動が素晴らしいと話題に!
妊娠中に突然別れを告げられた妻 「ひどすぎる理由」に怒りの声
人生の有益な判断には、数学に対する「理解と自信」が重要と判明

デュランダル(競走馬)単語

デュランダル

掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

デュランダル(競走馬)とは、日本の元競走馬・種である。
名の由来はローランの歌に登場する不滅の聖剣デュランダルから。
その名前の通り、凄まじいまでの切れ味を誇る圧倒的な末脚を持っていた。 

研ぎ澄ませ、聖剣

言わずもがなスーパーグレートサイヤー・サンデーサイレンスはサワヤカプリセスノーザンテーストという良血である。
ところで、サンデーサイレンス×ノーザンテーストと言えば社台を大帝国にのし上げたスーパーサイヤーコンビだが、サンデーNTの組み合わせはなぜかGⅠには届かないという事で有名であった。
そのせいかどうかは知らないが、ダイナアクトレスアドラーブル、ダイナカールといったNTの名サンデーを相手にする機会が多かったのだが、プライムステージくらいしかサンデー相手では立った産駒は出なかった。
他にもスカーレット一族やファンシミン系もノーザンテーストの血を引くが多く、その尽くがサンデーと配合されGⅠどころかOPにも届かずに終わるが多数という有様であった。
それがいいのか悪いのかはともかく、この配合は期待外れ感がすごい配合として有名だった。

戦を上がり最速で駆け抜け快勝するが脚部不安でクラシックを棒に振る。彼にとってはそれが良かったのかもしれない。
その後じっくり立て直し、3歳のに復帰。初戦は追い込み不発で2着に敗れるが怒涛の3連勝でマイルチャンピオンシップに出走するも、上がり最速こそ叩きだすが10着に敗れる。
その後は自己条件を2戦で突破し、中山記念で重賞制覇に挑むが敗。休養に入った。この休養が明けた時、彼の価が発揮される。

聖剣、抜刀

初戦に選んだセントウルステークスでは、やはり上がり最速で突っ込むがテンシノセキビリーヴ叩き合いに届かず3着となる。ここで調教師はマイルオープンポートアイランドステークス出走を検討するが
セントウルステークスで初コンビとなった池添謙一スプリンターズステークス挑戦を進言。1200mで追い込みしか出来ない彼へ懸念を抱く向きもあったが、結局池添の進言を容れてスプリンターズステークスへ。
重賞未勝利ながら五番人気それなりの人気に推される。ちなみに上位人気にはここが引退レースビリーヴ安田記念を2着し全復活した素質SS×NT配合のアドマイヤマックスディープインパクトブラックタイドの半5歳にようやくデビューしながら5連勝でここにやってきたレディブロンドあたりが人気であった。
レースはテンシノセキが不本意気味にハナを切り、直線半ばで一番人気ビリーヴが先頭に立つ。若干遊び気味になったがこのまま有終の美を飾るか?
と思われた刹那一番外から解き放たれた弾丸のように突っ込む影が一騎。そう、デュランダルである。 
ビリーヴ絡みの券をしこたま買っていた? フジテレビ実況担当アナはきわどいと連呼したが、ハナ差だけ差しきったところがゴール。見事なGⅠ制覇を成し遂げた。
ちなみに、サンデーサイレンス×ノーザンテースト配合初のGⅠ制覇でもあった。そう、この配合は個体差はあれど短距離向きの配合だったのである。
の活躍故にクラシック戦線や中距離戦で消耗させられ、価を発揮する前に引退に至ったもいたであろう。
このあと、呪縛から解き放たれたかのようにダイワメジャーマイル王として君臨、アドマイヤマックス高松宮記念勝利するなどGⅠを勝ち始めた。思い込みというのは怖い。
そして、気性が荒くスタートが下手で好位には付けられないが、極上のカバーするデュランダルと、ガッツポーズがクッソキモいが、中央では彼以上の胆の持ちはそうそういない、決め打ち騎手の池添謙一ベストに近しいコンビが結成された間であった。

続くマイルチャンピオンシップでは、前走がハマりすぎたと思われたのか五番人気。ちなみに一番人気サイドワインダーGⅢ2勝)であった。さすがにちょっと人気がなさすぎである。
レースは逃げた3歳ギャランアローりこみを図るが、一番外からエリザベス女王杯を捨ててまでここにやってきたファインモーションが抜け出しかける。不振にあえいでいた怪物補が復活するのかと思われたが
大外から凄まじいまで末脚で全てを飲み込むが一頭。デュランダルである。 見事な末脚で一両断大勝利
この2連勝で最優秀短距離タイトルゲット。見事に一流仲間入りを果たした。 

不滅の聖剣

5歳になっても現役は続行。高松宮記念から始動するが小回りの中京競馬場では彼のスタイルは絶対的に不利であり、苦戦が予想されたが
大外から鋭く伸び、2番手まで上がるがさすがに直線があと100mは足らず2着。サニングデールの前に苦杯をなめた。
このあとは彼にとっては中京競馬場より有利そうな直線が長い府中安田記念に向かう予定であったが、彼の気性以外でのもう一つの弱点である蹄が悲鳴を上げる。裂蹄を起こしてしまい、は全休となってしまう。
幸いにもには蹄も走れるほどに回復したが、スプリンターズステークス前に前戦を使えないまま、本番に向かうことになった。
順調さを欠いたためサニングデールに次ぐ二番人気となったが、記録的不良馬場を物ともせず、前年と同じスタイルで突っ込むが、カルストンライトオ馬場を利した軽快な逃げの前に屈し2着。
しかしマイルチャンピオンシップではやっぱり大外からな末脚で一両断。連覇を達成。
日本マイル王として意気揚々と香港国際競走デーのGⅠ香港マイルに挑むが、追い込みの彼にとっては最悪なことに馬場に大量のが撒かれてしまう。それでも5着に突っ込むあたり実は確かなものであったと言える。

失意の中香港から帰。まだ元気ということで現役続行の予定だったのだが、再び蹄が悲鳴を上げる。
悪化すると死に至る病、サンデーサイレンスの命を奪った病である蹄葉炎を患ってしまったのである。一時は即時引退も囁かれたのだが、営の懸命な治療でなんとか競馬からの復帰にこぎつけた。
復帰戦のスプリンターズステークスには当時世界最速と言われた香港最強スプリンターサイレントウィットネスが一番人気を背負い出走していたのだが、彼も去年も不良馬場を物ともしない驚愕の末脚を見せていたこともあり二番人気となった。
レースは前々につけてサッと抜けだしたサイレントウィットネスを上がり32.7という脅威の末脚で猛追するが、さすがに届かず2着に敗れる。 
三連覇をかけてマイルチャンピオンシップに一番人気を背負い挑むが、上がり最速で突っ込むも前が止まらず8着に敗れ、蹄の状態もあり引退し種入りとなった。
ちなみにマイルチャンピオンシップの走破時計は連覇中より8着に敗れた最終年の方が速かった。マイルはそんなに得意ではなかったのであろう。それでも連覇するあたり非なのだが
やはり彼の価が発揮されたのは1200mでの追い込みである。スプリンターは前に付けられるこそ名であるというのは則ともいえることなのだが
その不文を自らの圧倒的な末脚で快乱麻、切り捨てる姿はまごうかたなき名であった。 

社台スタリオンステーションで種入り。産駒の評判は良くセレクトセールではよく売れたのだが、小倉2歳ステークスを勝ったジュエルオブイル以外はイマイチでは期待外れの部類であり
2010年ブリーダーズスタリオンステーションに移動となった。そんな中オークスエリンコートが出て一発逆転かとも思われたがその後の成績は振るわずなかなか厳しい情勢である。 産駒は短距離もいるが、エリンコートやカリバーンら中距離戦に強いもいるなどバラエティに富んでいてなかなかに面そうなのだが…
は彼に巻き返しを図る時間は与えず、2013年7月7日心臓麻痺14歳の生涯を閉じた。2014年生まれが最後の世代となる。彼の末脚の後継者は生まれるのであろうか。

関連動画

気の狂ったような末脚をご覧あれ。

関連商品

デュランダル(競走馬)に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

デュランダル(競走馬)に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/22(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/22(日) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP