今注目のニュース
『ゆらぎ荘の幽奈さん』湯ノ花幽奈がバニースーツにお着替え中のドキドキな姿でFREEingから1/4スケールフィギュア化!
2万フォロワーくらいの中堅企業公式アカウントの中の人
「天気の子」が興収100億円突破 偶然にも「今日はヒロインの陽菜の誕生日」、新海誠監督が歓喜

トウメイ単語

トウメイ

掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

トウメイとは、1966年まれの競走馬ながら天皇賞有馬記念を制して1971年度代表に選ばれた名である。みどりのマキバオーを地で行くような成り上がり物語で有名。

概要

ブリアニ トシマドンナ メイヒカリという血統。トシマドンナは当時としてはそこそこ良血の部類だったようだが、体格が小さく、実は最初に種付けに行った名種トサミドリに断られてしまい、仕方なく当時まだ何の実績もいために名だったシブリアニを種付けしたのであった。しかしながらブリアニは後に種として優秀である事が分かったので、後から考えるとトウメイは、実は良血のお嬢様であったと言えるのかもしれない。

しかしながら、生まれてみるとこれが気が強いじゃじゃで、しかもどうしたわけかくに成長が止まってえらく小さなになってしまった。後に「ネズミのようだ」とまで言われるほど見栄えがしなかったため、全く売れず、困り果てた牧場が他の2頭のおまけにつけて売りさばこうとすると「他の2頭はそいつはいらん」と言われる始末だった。セリに出してようやく売れたものの均価格の約半額という安値であった。

ようやく競走馬になれると思ったのもつかの間、なんと入厩するはずだった大井競馬場調教師が急逝してしまう。困り果てたは預かり先を捜し歩いたのだがも預かりたがらない。どうにか東の清水茂次調教師にねじ込んで預からせたのだが、その清水調教師も「こんな走りそうもない、頼むから引き取ってくれ」とに泣きつくありさま。

厩舎でも邪魔者扱い。担当厩務員も決まらず、厩舎の前のき地に繋がれていたというのだからなんとも酷い話である。

ところがこれが驚いた事に、デビュー戦で二着。次戦で初勝利を上げる。たまげた厩舎では速担当厩務員を決めたというのだから現な話だ。5着を挟んで三連勝を決めた頃には「ありゃ、ただのネズミじゃねぇぞ!」と大騒ぎになっていた。

翌年にはを交えた京都4歳特別に勝ち、桜花賞ではなんと一番人気に支持されるまでになった。たった数ヶでずいぶんと成り上がったものである。ちなみに、この桜花賞こそ、かの杉本清アナウンサーが始めて実況したクラシックである。杉本アナウンサー実況中、前のペースが速いのをタイムで確認して「後ろのが届くレース展開になりました」と言ったのだが、その通り、逃げ込みを図ったトウメイはヒデコトブキにあと少しのところで差されてしまう。余計な事を言うな杉本

続くオークスも一番人気を裏切る3着に敗れ、成功物語はここまでか、とこの時は思われた。

この後も好走を続けたが、またもトウメイに試練が襲う。今度は清水調教師が亡くなったのである。厩舎を移動したトウメイ。更に今度は蹄に線裂という重度の裂蹄を負ってしまう。これには復帰まで8ヶを要した。

復帰時、トウメイは5歳。「こんな安、しかもをこき使いやがって。く繁殖入りさせてやれば良いのに」というも少なくなかったが、実はトウメイの本当の活躍はここから始まるのである。

復帰戦を5、2、2着した後、破の4連勝。4連勝阪急杯だったのだが、この時は58kgを背負っての勝利だった。この頃にはトウメイは「マイル女王」と呼ばれるようになっていた。そして休養を挟んで出走したタイ杯。1600mのこのレースでトウメイは驚くべきレースを見せる。

馬場59kgというとしては酷な斤量を背負いながら、東京競馬場の直線。後方から一気の末脚で先行をまとめて切り捨てたのであるが、この時上の清水英次騎手の手は全く動いていなかったのである。持ったまま。笑ってしまうような強さであった。

その勢いのまま、トウメイは天皇賞(当時はまだ東京3200m)に乗り込んだ。このレースにはダービーダイシンボルガード菊花賞アカネテンリュウが出走しており、幾ら強くてもここはどうだろうということで、トウメイは3番人気だった。

かしこレース。騎乗した清水騎手が「マイルを二回走ってくりゃ良いんだろ」といたように、中後方待機したトウメイは、直線で鋭く伸びて差し切り勝ちを収めたのである。による天皇賞制覇は史上3頭という大快挙だった。

続くは有馬記念。トウメイは関西だったので、遠征が入れられる厩舎でレースを待っていた。ところがこの時、関東競馬場インフルエンザが流行するというアクシデントが起こる。トウメイは感染を免れたが、有馬記念に出走を予定していたメジロアサマメジロマックイーンおじいちゃんである)やアカネテンリュウは感染して出走を取り消す事態となった。

レース有馬記念としては寂しい6頭で行われ、トウメイは直線中ほど一気に先頭に立つと、1身差で優勝した。「トウメイが勝てたのは、有が回避したからだ」と言われれることもあるが、レース内容は素晴らしいもので、メジロアサマが出ても結局はトウメイが勝っていただろうという意見も強い。有馬記念が勝ったのも史上3頭。トウメイの次に有馬記念を勝ったのは37年後(ダイワスカーレット)の事であった。

トウメイはこのレースをもって引退。この年の年度代表に選ばれている。31戦16勝二着9回。獲得賞は一億五千万円に達し、購買価格の実に100倍近くとなっていた。特筆すべきは掲示板(5着まで)を外した事がいことで、出走した全てのレースで賞を稼いだという孝行もいい加減にしろというであった。

売れ残りの安から年度代表に。正に、競馬界のシンデレラストーリーと言うに相応しい競争内容であり、また、大勢の競馬関係者がって「駄」という烙印を押したトウメイがこれほど走ったというのは、いかにを見抜くことが難しいかという教訓になり得る話だろう。5歳時の強さから「史上最強」に押す人も少なくない。

引退後繁殖に上がったトウメイは、これほど走ったにしては多い14頭もの産駒を送り出す。その二頭の産駒がテンメイである。テンメイ1978年天皇賞を勝って、史上初にして未だ一組しかいない天皇賞制覇を達成し、トウメイに新たな伝説を付け加えたのである。ちなみにこのテンメイ引退後種入りしたが、何故か水沢競馬場で走っていたという愉快な?話があってこれはこれでドラマなんである。

繁殖生活からも引退したトウメイは、が造った幕別牧場で余生を過ごす。トウメイの近藤夫氏という実業だったのだが、トウメイの大活躍に深く感動。彼女彼女たちを育てようと幕別牧場を造ったのである。しかしながら近藤氏は1991年死去。近藤氏は「他のは全て売却しろ。だが、トウメイは一生面倒を見ろ」と遺族と牧場長に遺言したという。

ただ一頭、幕別牧場に残ったトウメイは、牧場長の土井勇氏の情に包まれながらゆっくりと過ごし、1997年静かに死亡した。近藤氏の遺言で既に造られていた墓碑の下に埋葬されたトウメイ。幕別牧場の看は、そのトウメイの墓所の場所を示すためだけに、今も掲げられている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

トウメイに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2016/01/13(水) 22:21:32 ID: WKgZpnbIxt

    >特筆すべきは掲示板以下(5着以下)になった事がいことで、出走した全てのレースで賞を稼いだという孝行もいい加減にしろというであった。


    16行に5着を挟んでって書いてあるんだが

  • 8ななしのよっしん

    2016/07/24(日) 03:16:38 ID: rX+q8fzAla


    >>7
    6着以下の間違いやね。

    ちなみにデビュー2戦と旧4歳に、合わせて5戦がダートで全部連対しとる。
    通算でも16-10-2-3という安定感。距離10003200まで勝っているというw
    こんな二やで。

  • 9ななしのよっしん

    2019/02/01(金) 09:37:56 ID: PDJWPhVZcy

    による天皇賞制覇は史上3頭という大快挙だった。


    これ合ってる?
    調べてみた限り10頭のようなんだが

急上昇ワード

最終更新:2019/08/22(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/22(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP