トマ・ピケティ単語

トマピケティ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

トマ・ピケティ(Thomas Piketty,1971年~)とは、フランス経済学者である。

概要

経済的不等についての専門であり、資本主義と格差拡大の関係について論した「21世紀の資本」で一躍世界から注を集めた。

「21世紀の資本」は2013年フランス刊され、2014年4月に英訳版が発売されるとAmazon.comの書籍売上総合1位を獲得、発売後半年で50万部のベストセラーとなるなど大ヒットした。 日本でも翻訳版がみすず書房から2014年12月に発売された。700ページ以上の経済書であるにもかかわらず10万部以上のヒットとなっている。

リベラルで知られるポール・クルーグマンは、本書を「この10年間で最も重要な経済書」であると評価している。一方、ローレンス・サマーズは本書を株式市場への信任という立場から批判している。

アベノミクスには懐疑的な立場をとっており、アベノミクストリクルダウン理論について上手くいく保はないと述べている。(ちなみにクルーグマンアベノミクスについても評価している。経済においてアメリカ日本の「リベラル」は多少考え方が異なる。)

日本でも様々な解説本、要約本が出版されているが、ピケティの意図しないところで、右、左それぞれの立場から正当化、または批判材料ともなっている。

ちなみに「21世紀の資本」というタイトルカール・マルクスの「資本論」を思い起こさせるが、本人は「マルクスは一度もきちんと読んだことがない」とっている。

「21世紀の資本」においての主張

長期的にみると、資本収益率(r)は経済成長率(g)よりも常に大きい。(r>g)

つまり、資産によって得られる富は、労働によって得られる富よりも大きい。

その結果、富の集中が起こり、持てる者(富裕層)と持たざる者(貧困層)の格差は徐々に広がっていく。

1930年代70年代の格差縮小は世界恐慌戦争による一時的現であった。

等を是正するためには富裕層の所得や資産に対する累進課税を強化すべきである。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/10/02(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2023/10/02(月) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP