トヨタ・オーリス単語

トヨタオーリス

2.5千文字の記事
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

トヨタ・オーリスとは、トヨタ自動車2006年より製造をしているハッチバック乗用車である。カローラのコンポーネンツを使用しているため、固有の形式は「E」が付与される。

概要

ラテン語で「」を意味する「Aurum」および「オーラ」からの造ヨーロッパ市場ではカローラの名ハッチバックの名称として 販売がされていて、日本では、トヨタ・カローラランクストヨタ・アレックスの後継種となる。

特徴はカローラ系でありながら、ベース海外仕様なことである。海外仕様のものは5ナンバーサイズオーバーのコンポーネンツを基本としていたため、幅も3ナンバー幅となる。そのためコンポーネンツを共有するトヨタ・ブレイドとは姉妹になる。また、ホイールも5となっている点も注される。

2009年マイナーチェンジ後には1800パワーアップ化がされた。 ミッションは当初はCVTのみとなるが、2009年マイナーチェンジでは1800に6速MTも選択可となる。 

初代モデル(E150型・2006年~2012年)

2006年に登場。販売はネッツ店のみであり、トヨタ・アレックスの実質的な後継である。さらに言うならば、ネッツ店の前身であるトヨタオート店のかつての種であるトヨタ・スプリンターの直系の車両ともいえる。ベース海外仕様カローラなので、形式がE150系となる。エンジンガソリン15001800が用意され、駆動方式はFF4WD15001800のいずれかが選択可である。ギアは登場時においてはCVTのみであった。

2008年に一部良により装備が充実。

2009年マイナーチェンジ1800エンジンバルマチックを導入した2ZR-FAEに変更、新たに設定されたRSグレードは6速MT仕様も選択可となる。

二代目モデル(E180型・2012年~)

2012年8月に初のモデルチェンジE160カローラアクシオ、E170海外向けカローラに割り振られたため、E180となった。全体的な意としては海外向けカローラに通じるところが多い。

エンジン1500cc1800ccが用意される。駆動方式はFF4WDがあるが、1500ccのみに4WD仕様が用意されるが、ミッションCVTのみとなる。1800ccは駆動方式はFFのみとなるが、ミッションCVTとスポーティさを強調をした6速MTも用意される。

またリアスペースを従来よりも広くなった。

2015年4月マイナーチェンジ。近年の世界的な潮流であるダウンサイジンコンセプトの流れをんだ新開発エンジン「8NR-FTS」を搭載した120Tグレードが追加になる。1200ながらも1500クラス強の性を発揮することが可である。お値段はやや高めに設定されている。

2016年4月に一部良。ここで初めてハイブリッドモデルが追加となった。海外では初代の段階で登場しており、内でも導入が待たれていた。プリウスのものと同一とされている。またネッツ店専売だったのが、トヨペット店でも販売されることになり、グリルの「N」マークトヨタのエンブレムに変更となった。

シャア専用オーリス

2代目機動戦士ガンダムとのコラボレーションがたびたび登場している。

登場時においてはシャア専用オーリスが登場、当然塗装でありネッツマークやエンジンスターターボタンの部分がジオン公国のものになってたり、アンテナザク2の意になっていた。残念ながら性や出通常の3倍とはなっていない。

2015年マイナーチェンジ後の7月にも第二弾が登場、さらに磨きがかかったものになっている。またこの際にシャア専用以外にも量産型ザクイメージしたモデルも登場し、2本立てとなっている。

これらは「ジオニックトヨタ社を設立した」という設定の下で生産されていた。

海外仕様

元々、海外向けがメインであり、日本には設定がないモデルが多数存在している。

初代

ヨーロッパではカローラランクスと同一のカローラハッチバックの後継種として登場。当地の税金の関係でガソリンの排気量は14001600があったが、ディーゼル人気があってか140020002200ディーゼルエンジンラインナップにあった。当然ディーゼル日本には存在していない。マニュアルが根強いご当地故、6速マニュアルは当然ながら、オートマはセミオートマ式であった。さらに3ドアも存在していた。これらの組み合わせによって幅広い品種が存在していた。そしてハイブリッド車も導入されており、「日本には存在しないトヨタハイブリッド車」として知られた。

では販売こそされていなかったが、似たコンセプトトヨタマトリックス2代目(日本ではヴォルツの名前で初代が導入されている)が存在した。

名称は多くのでは「オーリス」であったが、オーストラリアなどでは「カローラ」を名乗った。

2代目

ヨーロッパでは引き続き幅広いラインナップであるが、3ドア止となりディーゼル22002000ラインナップより落ちている。格にべても較的大エンジンで重量的な問題があったのかもしれない。新たにBMWから供給を受けた1600ディーゼルエンジンが加わっている。やはりマニュアルメインであり、120T相当のモデルに6速MTを組み合わせた日本には設定のないモデルもある。

ではかなり遅れて2015年サイオンブランド向けにオーリスが導入され、サイオン・iMを名乗ったが翌2016年サイオンブランドは消滅、サイオン・iMを名乗った時期は1年にも満たず、そのままトヨタラインナップに加わり、カローラ・iMを名乗り、名実ともにカローラファミリーとなった。

この他、オーストラリアでは引き続きカローラを名乗っている、

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク 

オーリス公式サイトexit

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2013/10/14(月) 21:13:59 ID: QXGIoSyYoV

    >>3
    発売される事になったな。そして公式サイトストーリーシャアは坂発進できない事が判明。まああの時代はMTなんて過去の遺物なのかもしれないが。

  • 7ななしのよっしん

    2015/06/03(水) 00:26:08 ID: AbCj371u2K

    1.2T買っちゃった

  • 8ななしのよっしん

    2020/12/20(日) 06:31:10 ID: 8PuqDazpDO

    以前シャア専用オーリスなんてものがあったが、隣にフェラーリがあったら迷わずシャアはそっちを選んでしまいそうだ。
    どうせシャアコラボするならスープラにすればよかったのに。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

    ほめられた記事

    最終更新:2022/09/25(日) 11:00

    スマホで作られた新規記事

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP