今注目のニュース
地元人も「さっぱり意味がわからない」 東北地方に伝わる謎の踊り「ナニャドヤラ」とは
投票しても無効になる白票の行方
我が子がADHDと診断され、自分もADHDであることがわかった母親(オーストラリア)

トヨタ・コンフォート単語

トヨタコンフォート

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

トヨタ・コンフォート(Comfort)とは、トヨタ自動車1995年から生産をしている乗用車である。

概要

名の由来は英語の「快適な」の意味のComfortから。駆動方式はFRのみ。タクシー教習車といった営業的がメインとなる。全長が4.6m以下のためタクシー仕様の場合は小タクシーとなり、中タクシーにはコンフォートよりも全長・室内長を10cm長くして中タクシーの基準に合わせたクラウン・コンフォートが存在している。タクシー仕様はLPG仕様のみとなるが、教習車にはLPGエンジンの他にガソリンエンジン仕様も存在をする。デビューから2001年まではディーゼルターボエンジン仕様も存在をしていた。

また2003年には特別限定生産として教習車ベーススーパーチャージャーを搭載したスポーティモデルGT-Zも存在した。

なお、一般人でもコンフォートは購入が可で、特にマニュアルが好きな人にはガソリンエンジン教習車仕様が購入が可

痛タクシーベース車両でもある。

初代・XS11/13系・TSS11/13系(1995年〜)  

1995年に発売。今までのコロナタクシーマークIIタクシー教習車の後釜として登場。搭載エンジンは、2000ccのLPGエンジンタクシー教習車)、1800ccガソリンエンジン教習車)、2400ccディーゼルターボエンジンタクシー教習車)となる。

2001年ディーゼルターボエンジン止となるが、教習車ガソリンエンジン1800ccから2000ccに排気量がアップされる。2002年にはエアバックABSが標準装備化がされる。

2007年には教習車ガソリンエンジンが、ハイエース用のエンジンに転換され形式がXS13からTSS13へと変更される。

2008年にはLPGエンジンの燃料噴射方式がキャブレター方式から電子制御方式のEFI化がされパワーアップと同時にタイヤも14インチから、15インチへとサイズアップがされる。形式もXS11からTSS11となる。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP