今注目のニュース
イギリスの大家族、20人目で「最後」のはずが…母は22人目を妊娠中<動画あり>
町内会費を独占していた高齢者たちが、現役世代の「正論」に屈服した話(埼玉県・40代男性)
何これ、月面探査機……!? もしかして飛ぶの? ヤマハが「謎の自律移動車」を世界初披露 東京モーターショーで公開

トヨタF1単語

トヨタエフワン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

Panasonic TOYOTA Racing(以下トヨタ、トヨタF1)は2002年から2009年までF1に参戦していたコンストラクターでである。

概要

その名のとおり、トヨタ自動車ワークスチーム。オペレーションは1975年に発足した、ラリーコンストラクタートヨタチームヨーロッパ(TTE)」が称したTMGが担当。エンジン開発はヤマハ発動機も協した。

初参戦は2002年WRCかしい成績を残したチームの参戦とあって、期待されていたが残念ながら思ったような活躍をすることはできず、ミナルディと同ポイントに沈む。2003年フェラーリF2001コピーであるTF103グランプリに挑むが、フェラーリブリヂストントヨタミシュランタイヤが違うため成績は昨年よりはマシという程度であった。パドックからは「ブリヂストンタイヤがなぜかミシュランタイヤを履いている」と揶揄された。フェラーリから告訴され、スパイ疑惑の元従業員に一審で有罪判決が下っている。しかしこれに関してFIAから具体的な処分は下されなかった。そしてその後も2005年こそコンストラクターズラキング4位となったが、他の年はイマイチパッとしない成績が続いた。いちおう2007年2008年ホンダの成績を上回ったのがせめてもの救いである。

ホンダスーパーアグリの撤退により、2009年当時日本コンストラクタートヨタのみとなっていたが、世界的不況の影と拡大路線の失敗から2009年11月4日豊田章男社長、山科忠チーム代表が記者会見を開き、F1から正式に撤退することを発表した。

2009年は終盤シンガポール鈴鹿と立て続けに2位台に上がったり、最終戦アブダビGPにて日本人小林可夢偉が6位に入賞するなどの盛り上がりを見せており、なおかつ2010年シーズンに向けて「TF110」の開発が進んでいただけに、撤退は急遽決められたことだったと思われる。これでF1に参戦していた日本コンストラクターエンジンサプライヤーは全て撤退した。

ちなみに、トヨタ2012年までのコンコルド協定に署名しており、トヨタの撤退により参戦きができることになったが、ここには、2009年までの参戦権しかなかった旧BMWザウバーを受け継いだザウバーが入ることとなった(ザウバーBMWによって2005年に買収されたが、BMW2009年F1から撤退することとなったため、ザウバーの創業者であるペーター・ザウバーチームを買い戻し、単独で参戦することを決定したためこのような事態になった)。ちなみに最後のトヨタF1マシンTF109は、2011年度から今までのブリヂストンに変わってタイヤを独占供給することになったピレリタイヤテストに使用された。

F1でもトップクラスだったが、結局未勝利のまま撤退することとなった。これは、現代のF1においてどれだけ資の技術を持っていたとしても、F1特有のノウハウを持たない新規チーム勝利することは難しいということを如実に表していると言えるだろう。ちなみに蛇足だが、トヨタF1活動における年間投資額は実はホンダより少なかったとされ、2007年度のデータではトヨタが約250億円を投資したのに対して、ホンダ300億円を投資している。だがF1にかけるお金というのは非常に計算が難しく、特に本社研究所とのコラボレーションしていたホンダと単純に較することは難しい。

トヨタF1活動はムダだったのかと言うとそうではく、F1時代に作られたTMGの設備やノウハウはWECWRC活動に大いに役に立っている。またドライバー面でも、中嶋一貴小林可夢偉WECトヨタとして活躍していたり、育成だったスーパーGTで二度タイトルを獲得していたりなど々しい戦果を挙げている。。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 10ななしのよっしん

    2017/04/11(火) 00:50:53 ID: i8tIN/un7V

    まーねー、レギュ変わっても敷居の高さと閉塞感は変わらずだろうし

  • 11ななしのよっしん

    2017/04/25(火) 06:41:28 ID: Gp+wN4p1UI

    ホンダがあの体たらくだからトヨタ復帰を願うも多いが、節操がいなぁと思う
    あと今のTMGでも正直まだ不安な部分は多いし、復帰してもホンダの二の舞になるだけな気が
    スバルヤマハF1挑戦と同じで、WECWRCで名を築くうちに忘れられていきそう

  • 12ななしのよっしん

    2017/06/02(金) 20:24:29 ID: i8tIN/un7V

    >>11
    あ…自分そんなつもりで言ったんじゃないです、すいません(汗)
    前々から勝利しのままじゃあ悔しいので、何時かリベンジして欲しいとは今でも少し思ってます

    でも、本来のハコのレースで活躍してくれれば理に戻る必要もないかな、とも考えますね
    近年のWECでの活躍やWRCの様子を見ていると尚更です

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/21(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/21(月) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP