トライピオ単語

トライピオ

  • 12
  • 0
掲示板をみる(71)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

トライピオ(Trypio)とは、タカラ(当時)が2001年4月に発売した爆転世代のベイブレードであり、伝説ネタベイである。

概要

飛べ!!ねらえ撃て!!必殺スティングシュート!

爆転シュート ベイブレード』に登場。漫画版・アニメ版(第27話)ではネタ軍団アメリカチームエディが使用する。聖獣サソリ。何より立つ巨大なプロペラ形状のアタックリングを持ち、で本体を床に押し付けて吹っ飛びにくくするダウンフォース活用、敵の攻撃に対して踏んる防御というふれこみ。アタックリング単体で回すことでトンボのように飛ばすという一変わった遊び方もできる。

が、実際に回してみるとそのデカ過ぎるアタックリングこそが最大の問題だった。
ある時は相手ベイに下から潜り込まれ、反対側をスタジアムに擦って秒殺。逆にこっちが下から潜り込む形になっても、やっぱりスタジアムを擦って自滅。上手いことぶつかっても大きすぎてすぐスタジアムの壁突しスタミナを失ってダウン。あげくは床を擦った拍子に輪のように転がってダイナミック自爆。などなど数多の面い負け方を提供してくれる。ちなみにアタックリングは安全のため軟質素材を使用しているが妙に薄いため、相手の攻撃で破損して敗北という漫画のような負け方まで見せる。

なら相手と接触しなければ勝てるかというと、絶えずスタジアムに押し付けられている(=摩擦が増している)のであっという間に息切れするし、バランスを崩したら最後スタジアムを擦って自滅する。そもそも直径が大きすぎて相手の攻撃を全く躱せない。この八方塞がりっぷりこそベイブレード史上最弱とも言われる所以である。ついでに付属のシールも回転で剥がされる。

結局強さで脚を浴びることは一切かったが、インパクトの強い形状と性を投げ捨てて手に入れた異色の「飛行」、何よりその弱さと愉快な挙動で人々の記憶には残った存在である。発売から約20年、第三世代『ベイブレードバースト』に入った今もなんやかんやされる様は玩具としては正しいのかもしれない。

何故か海外版では良が加えられている。ウイング度が変わりダウンフォースが発生しなくなった。また外周部のリングが太くなり出っり部分もない円形になった。これにより空気抵抗が弱くなり遠心力アップしたので持久が大きく善された。更に外重心になり安定性がよくなり出っり部分もなくなったので攻撃を受けても傾きにくくなり下に潜り込まれることも少なくなった。結果、なかなかに強いベイとなっている。

受け継がれるトライピオの系譜

その妙な人気からか、後世のベイブレードにもトライピオの特徴を踏襲したベイが度々現れている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 69ななしのよっしん

    2021/05/07(金) 18:30:54 ID: FPDdcZ1Yx/

    ストームカプリコーネって何者なん?

  • 70ななしのよっしん

    2021/05/07(金) 19:40:11 ID: 6fkBpKB1FX

    >>68
    なお後出し

  • 71ななしのよっしん

    2021/05/09(日) 10:53:17 ID: nWRbdDW6b7

    >>sm37463100exit_nicovideo

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/14(金) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/14(金) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP