今注目のニュース
どのデザインを覚えてる? 「UCC ミルクコーヒー」の復刻デザイン缶 7月1日発売
「マックシェイク ヨーグルト味」3年ぶり登場、“マックシェイクでリフレッチュー!!”/日本マクドナルド
シャチのケンカ、3分以内に仲直り

トラメダル単語

トラメダル

掲示板をみる(468)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「トラメダル」とは、『仮面ライダーOOO』に登場するオーメダルの一種である。
オーメダルコアメダルセルメダルの二種類が存在するが、本記事ではコアメダルの方を扱う。

概要

トラメダルは系の胴体用メダルで、オーズ変身に使用すると腕に優れたトラアームとなる。

作中では全部で三枚存在し、物語開始時点からアンクが所有していた為トラアームとしても第一話から登場している。

折り畳まれているトラクローを展開し武器として戦うほか、ブレーキアンカーとしても多用される。またオーズの基本形態であるタトコンボの中核を成している。

グリードの体内からコアメダルを奪うに長けており、腕を最大限に発揮すれば仮面ライダーシン改造兵士レベル2を倒した様な芸当も不可能ではないかも知れない。

作中での扱い

基本形態で使われており要なメダルの一つなのだが作中での扱いは恵まれているとは言い難く、立場の割には活躍が少ない印を受ける。

最たる例が第1話でカマキリヤミーを倒したのがタトコンボではなく亜種形態のタカキリバであった事であろう。初戦でいきなりカマキリメダルに交換され、最初の怪人を倒する栄誉をカマキリアームに奪われてしまった。
更に映の攻撃のキメ台詞でもある「セイヤーッ!」の初使用はこのコンボからである。
また第2話こそタトコンボで敵を倒したものの、映がトラメダルからカマキリメダルに交換した際に「やっぱり使い易いなぁ、これ」と発言した事で方向性及び視聴者への印を決定付けられた感がある。

オーズの特徴である、「各部位のメダルを交換して戦う」と言う要素を端的に現す表現の一つが「武器となる腕を交換する」である事は確かなのだが……。

結果的にトラメダルは露出が多いのに何だか微妙メダルになってしまった。トラメダルは犠牲になったのだ……
以下にトラメダルの特徴的な扱いを列挙する。

第1話
メダルとパンツと謎の腕

タトコンボ及びトラアームの初登場だが、戦闘中にトラメダルはカマキリメダルに交換され、カマキリアームの一カマキリヤミーを撃破する。

第2話
欲望とアイスとプレゼント

ビルから落下する際にトラクローに突き刺して勢いを殺すアンカーとして活躍するも、オトシブミヤミーの攻撃で窮地に陥りカマキリメダルに交換。前述した「やっぱり使いやすいなぁ、これ」が飛び出す。その後、再度トラメダルに交換されるも決め手はオーズバッシュ

第3話
ネコと進化と食いしん坊

メダジャリバーですら弾かれてしまうネコヤミーの皮膚にトラクローが通じるく、挙句には渾身の一撃でヤミーを吹き飛ばすも跳ね返ってきてダメージを受けてしまう。更にタトコンボ必殺技であるタトバキックを放つもカザリの妨で不発に終わる。

第4話
疑いと写メと救いの手

カザリと戦うがアンクの「こっちにしてみろ!」で最定番のカマキリメダルに交換される。が、カマキリメダルカザリに奪われてしまう。
トラメダル「ざまぁw」
後半のネコヤミー戦では同じ系に属するチーターメダルチーターレッグが大活躍し、系が役立たずではない事を明して見せた。

第5話
追いかけっこと巣とセレブ

ウヴァとの戦いに前回に続いてチーターメダルが活躍し見事に撃退する。トラは、その……

第6話
お洋服と契約と最強コンボ

タキリバコンボが初登場し活躍したがトラメダルについては特筆すべき事項し。

第7話
ダメ亭主と罠と大当たり

バイソンヤミーとガメルの二人にボコボコにされる。メダジャリバートラックを切り裂いた。

第8話
サボリと無欲と休憩中

800年前の回想シーンでは活躍した(※回想はイメージです。事実とは異なる場合があります)。
バイソンヤミーとの戦闘でガタキリバコンボの使用を要請する映アンクが渡したのは信頼のカマキリメダルライオンヘッドカマキリアームの組み合わせで見事に勝利する。

第9話
ずぶぬれと過去と灼熱コンボ

トラーターコンボが初登場し変身しただけでだが圧倒的な覇気だけでメズールを吹き飛ばしコアメダルを奪って見事にデビューを飾った。その後もサメヤミーを相手にトラクローで切り裂く必殺技勝利いほどトラメダルがいた間である(物理的にいているのはライオンメダル)。

第10話
拳と実験と超バイク

サメヤミーの動きをトラクローで止めて、チーターレッグで止めを刺した。
後半、ラトラーターコンボトライドベンダーに騎乗し、メダジャリバーで多くのヤミーを切り裂いた。

第11話
旅人とアゲハ蝶と有名人

ガメルとの戦闘トラも活躍するも最後に決めたのはやっぱりチーター
チーターで加速して標を通り過ぎたのをトラクローを地面に突き刺してブレーキとして役割を果たす。トラクローが役に立ったよ! トラの役は終わったので戦闘カマキリに交換。アゲハヤミーの羽根を切り裂くと言う高等技術はトラクローには荷が重いアンクに判断された。カマキリソードでアゲハヤミーを追い詰めるも止めを刺す寸前に後藤さんに誤射されてしまう。
トラメダル「後藤さんGJ!」

第12話
ウナギと世界と重力コンボ

バッタレッグの優れたジャンプを飛ぶアゲハヤミーに組み付くが、トラアームが簡単に振り解かれてしまう。その後、サゴーゾコンボの登場でトラの出番は終了。

第13話
シャム猫とストレスと天才外科医

ヤミーすら倒せず、雑魚掃除すら満足に出来ない事が露呈した。結局、クワガタヘッドクワガタホーンより出す撃で一掃した。

第14話
プライドと手術と秘密

シャムネコヤミーとしい格闘戦を繰り広げ、チーターレッグでヤミーの宿を救い出すもカザリの参戦で劣勢に陥りトラメダルとチーターメダルを奪われてしまう。重な戦チーターメダルが失われてしまったぞ! 実はアンクトラはもう一枚持っており、映に「もう一枚あったんだトラ、良かった」と言って貰える。でもぶっちゃけトラは要らn(ry
後藤さんの誤射で胸部に、ピンポイントにトラメダルの部位にだけダメージを受けながらもオーズバッシュ勝利する。
余談ではあるがトラアームでは倒せなかったヤミーを後藤さんが撃で粉砕している描写がある。

第15話
メダル争奪と輸送車と器

後藤さんにリクガメヤミーをバズーカで転ばせると言うお立てをして貰ってからオーズバッシュで撃破する。

第16話
終末とグリードと新ライダー

トラクローでは敵わないヤミーをメダジャリバーで苦もく切り裂く。

17
剣道少女とおでんと分離ヤミー

カブトヤミーの強固な外殻に対抗する為にゴリラメダルに交換される。バースの参戦を経てタトコンボに戻り、満を持して放ったタトバキックが命中し撃破した。17話にしてタトバキック初である(但しバースの攻撃もあるので、厳密にはタトバキック単体の撃破ではない)。

第18話
破壊と理由とウナギムチ

クワガタヤミーとの戦闘に使用されるも立った活躍もく、初使用のウナギメダルに交換される。
トラメダル「ま、まぁ、ウナギメダルの役は時間稼ぎだったし。お、だと強過ぎて倒しちゃうから、じ、時間稼ぎにならないし」
蛇足だがこの回ではヤミーを伊達明が生身で倒している。え? 生身の人間でも倒せたヤミーに勝てなかったコアメダルがあるって? ハッハッハ、面い冗談ですね。

第19話
赤いメダルと刑事と裏切り

ヤミーに寄生された人間ならまだしもヤミーそのものの相手はトラメダルには荷が重いと判断されたのか、ライオンクラゲヤミーとの戦闘アンクは最初からトラメダルではなくカマキリメダルを映に渡す。一途惑った映だが「ま、いっか」と大して気に留めなかった。その後、ライオンメダルチーターメダルが使われるメダルでトラメダルだけがハブられた(但しトラメダルの名誉の為に、ライオンメダルも活躍出来なかった事を付記しておく)。
そしてカザリの策略でトラメダルを含めた映アンクの手持ちメダルが全て奪われてしまい、カザリは自身のコアメダルを8枚取り込んだ。

20
囮と資格と炎のコンボ

アンクカザリの駆け引きに役立ちアンクが自身のコアメダルを手に入れる助けとなった。ブレーキ以外でも役に立つ事の明である。やったねトラちゃん!
暴走したライオンクラゲヤミーにタトコンボで立ち向かうもメダジャリバーを弾き飛ばされてしまい、何のい素手では敵うべくもない。あ、あれ、トラクローは…?
またタトコンボを翻弄した、ライオンクラゲヤミーから分離した小クラゲヤミーを里中エリカ撃で一掃している。つまり…
トラメダル「だってあいつは武器使ってんじゃん。なんか素手だし。ずりぃよ」

21
バッタと親子と正義の味方

例によって例の如くトラでは勝てないヤミーを蹴散らす為にウナギチェンジされる。ウナギなら一で片を付けたのは言うまでもない。
トラメダル「そんな事よりバッタ君。ねぇねぇ今どんな気持ち? 自分と同じバッタヤミーが相手なのにメダルの交換を要されていたけどねぇ今どんな気持ち? ねぇねぇったらー
バッタヤミーの俊敏な動きに対抗する為にオーズチーターメダルゾウメダルを要するがどちらも品切れ。代わりにアンククジャクメダルを投げトラメダルが交換される。あれ?

22
チョコと信念と正義の力

二体のヤミーを相手にガタトラバに変身トラクローで倒せないのは試すまでも明らかなので最初からクワガタ電撃で一掃する。
アンクの息が合わない事が災いしてウヴァクワガタバッタと奪われてしまうも、アンクがどうにかトラだけは死守した。わーきちょうなせんりょくがのこったよー(棒)。
タカトラドルに変身してのバッタヤミー戦では攻撃系統が似通っているからか、コンドルレッグの足技との連携で善戦(コンドル閃光トラ黄色閃光で軌跡を描き非常に格好良い)するも最後はタジャドルコンボの為にクジャクに交換されてしまう。しく活躍したのにオチを外さない辺りが安心のトラクオリティである。状況から見て仕方のい部分があり(ラトラタコンボが使えない、タジャスピナーの販促期間である)トラに落ち度はいのだが、スキャニングチャージせずにヤミーを倒した実績のあるカマキリ存在感が大きい。

23
キレイと卵と眠る欲望

大量に出現した小エイヤミーを、トラクローではなくメダジャリバーで迎え撃ったのは当然の選択であろう。

第24話
思い出と恋と海のコンボ

タカヘッドカザリの体内から探し当てたシャチメダルを、トラクローの繊細かつ強い巧みな手捌きで見事に奪い取った。そのまま奪ったメダルを使用しシャウタコンボに変身したのでトラメダルの出番は終了。

25
ボクサーと左手と鳥ヤミー

オウムヤミーにトラクロー黄色閃光を発する強な一撃を見舞い、続けて攻撃を何度も叩き込みダメージを与える。コンドルレッグを併用せず単体で発動と大躍進である。トラみたいなメダルオーズドライバーを降りたらもっとボロボロなので頑っている。

第26話
アンクとリングと全部のせ

タトコンボオウムヤミーに挑み果敢にトラクローを振り翳すも、映が著しく消耗していた為に、、弱っていた為に手も足も出なかった(は出た)。
トラメダル「でも、もう一度立つよ…リハビリして、本当ので…。死ぬなら戦いの中でだあぁっ!!」

第27話
1000と映画と戦闘員

オウムヤミーが出現するも相性で有利なタカウタに最初から変身した為にトラの出番はし。
バイクに乗った2人の女性叩きめされた後のイカジャガーヤミーにはタトコンボで応戦するも追い詰められてしまう。バースオウムヤミーも加わり乱戦状態となるが例によって例の如くトラは活躍出来なかった。最後はシャウタコンボに変身してオウムヤミーを撃破する。

28
1000と仮面ライダーと誕生日

大量の戦闘員ヤミーにタトコンボでは成す術もく、タジャドルコンボに変身して戦闘員ヤミーを退けた。即ちトラクローでは戦闘員にも勝てないのである。
また前回に引き続きイカジャガーヤミーに苦戦を強いられる。一度は比奈バカぢか…あぁ、いや、怪力に助けられ窮地を脱するもそれだけでは戦況を動かせなかず、勝負を決めたのはバースユニット合体したCLAWs・サソリであった。

第29話
姉と博士とアンクの真実

史上初の出番し。

30
王とパンダと炎の記憶

シャチパンダヤミーにタトコンボで挑みかかトラクローで果敢に攻め立てたが最初に交換されるメダルがトラメダルなのは言うまでもい。タカジャバで戦い止めを刺したのはバースのブレストキャノンであった。
800年前の回想では当時の王が変身した先代のオーズ暴走し、味方であったアンクトラクローで背後から強不意打ちを見舞った。全なグリードに致命傷を与える凄まじい威による見事な活躍である。

31
恩返しとたくらみと紫のメダル

大量のヤミーをクローから放つ衝撃波で消滅させる素晴らしい活躍を見せた。これまで幾度とく拳を交えた因縁の宿敵に勝利したかしい間である。ハッピーバースデー! ヤミーに勝てるトラメダルの誕生だ!!

32
新グリードと空白と無敵のコンボ

新しく登場したプテラノドンヤミー()との緒戦でタカトラタで挑むが、バースと組んで二対一でも全く敵わない強さが相手ではトラならずとも活躍の余地はかった。
二戦プテラノドンヤミー()も参戦した二対二の戦いとなるが状況は好転せず、基本に立ち返ったタトコンボになるが既存のメダルが立たない強さにバース共々変身を解除させられてしまう。この危機を乗り越えるのにはヤミーと同じメダルが必要で、暴走し勝手に変身したプトティコンボの圧倒的な戦闘力で二人めて退けた。
ヤミーにせよコンボにせよメダルは桁違いに強く、その前にはトラメダルと他のメダルの差など誤差の範囲であろう。即ちトラと他のメダルに差はいと言っても過言ではない。過言ではないんだってば。

第33話
友情と暴走と残されたベルト

前回とは別個体のプテラノドンヤミーを相手にタトコンボ変身する。バースとのタッグで以前よりは善戦したのだが強制的に変身を解除させる衝撃波の前には如何ともし難い。自らの意思とは関係に変身してしまったプトティコンボで容易く勝利する。これはトラに限らず仕方がい。他のヤミーなら勝てるのだがヤミーが相手では仕方がい。
後半では待望の他のヤミーが登場した。フクロウヤミーである。フクロウヤミーに襲われてコアメダルが勝手に動き出した事でプトティラが一話で二連勝を飾るかに思われたが、アンクの投げたコアメダルを弾き事にサゴーゾコンボ変身した。めでたしめでたし。……ん?

34
親友と理由とその関係

アンク適当投げたメダルの中にトラメダルはかったので出番はし(その際に変身したサウバは中々の活躍を見せた。いえ、決して他のメダル較する意図はありませんが)。しかしカザリから盟友のチーターメダルを奪ったので今後の活躍が期待される。

35
夢と兄とバースの秘密

とんとご沙汰していたメダジャリバーを携えてユニコーンヤミーに向かうタトコンボであったが、ては猛威を振るったメダジャリバーをも通用しないくらいに敵は強くなっていた。しかしトラメダルをゴリラメダルに交換する事でユニコーンヤミー、ウヴァヤミーを一気に追い払う大活躍を見せる。
ユニコーンヤミーとの二戦サジャゾで始まりサゴーゾコンボ変身したので虎の出番はいと思われたが、カットが変わると何故かタトコンボウヴァと戦っていた。しかもサジャゾやサゴーゾでは優勢だったのにカザリに助けられるまでウヴァに、あのウヴァ追い詰められていた。
トラメダル「サゴーゾは姑息にもメダガブリューを使っていたからなぁ。条件が違うよなぁ。これ(とメダジャリバーを見つつ)じゃなぁ。もメダガブリューを使わせて貰えたら違うのになぁ。不足の仲間に足を引っられるのもみたいな強者の宿命か」

第36話
壊れた夢と身体とグリード復活

前々回で取り戻したチーターメダルはシャジャーターとして覚しい活躍を見せたのだが、タトバはウヴァユニコーンヤミーに成す術もく通常営業である。
トラメダル「大きな夢になればなるほど時間がかかるから、急がない事が大事なんだよ。ゆっくりじっくり育てていかないと。それよりも今回はウヴァ君だよね。『より強くなられても困る』なんて情けない台詞を吐いておきながらまんまと裏切られるなんて、まぁ、実にウヴァ君らしいよね。いやぁ、残念だったねぇウヴァ君。これに懲りずにを見習って頑る事だね」

37
眠りと1億とバース転職

ウニアルマジロヤミーを前にして様子見でタトコンボ変身したものの、アルマジロの厚い装甲に攻撃は弾かれ、柔らかいウニの部分を狙っても突起が刺さり逆にダメージを負う惨憺たる結果となった。メズールガメルの弱点となるライオンヘッドの使用を映が提案するもライオンメダルアンクの手元にはく、代案として火が使えるクジャクメダルが選ばれ例によって例の如くトラメダルは交換されてしまうのである。タカジャバが苦もウニアルマジロヤミーを追い払った事に触れるのはであろう。もしもライオンメダルが残っていたら、などと仮定の話をしても詮き事である。
時間を置いて再び出現したウニアルマジロヤミーに対してまたもやタトコンボ変身する。勝てないと分かり切っているコンボの選択に疑問符を浮かべてしまうところだが判断はまだい。そう、タトコンボが地面からメダガブリューを取り出したのである。具に頼っている感はあるもののタトコンボが活躍するチャンスであろう。もが勝利を確信した間であった。だったのだが、予想外と言うべきか、期待を裏切らないと言うべきか、タトコンボが装備したメダガブリューは、トラアームで握ったメダガブリューは、ウニアルマジロヤミーに傷付ける事がわなかった。それがトラウナギに交換してを込めると難勝利である。

第38話
事情と別れと涙のバース

カッターウィングが初めて単体で使用されたりしたが、トラメダルは一切の出番がし。29話以来である。

39
悪夢と監視カメラとアンクの逆襲

ヤミーを相手に研ぎ澄まされたトラクローが久し振りに猛威を振るい、ダメージを与えた。だが成長して軍鶏ヤミーになるとトラでは、もとい、タトバでは分が悪いのでシャゴリーターへの変身を余儀くされる。
時間を置いて再出現した軍鶏ヤミーに、比奈タトコンボ以上に善戦している様に見えたのは梯子と言う武器があったからで、何故かクローも使わず素手で戦っていたタトバが比奈に劣るわけではない。決して。タトバにも梯子さえあれば比奈と互か、いはそれ以上に戦えたであろう事は想像に難くない。
残念ながら梯子の確保が出来なかったオーズチーターメダルを使用しても苦戦を強いられ、戦局の逆転はバースエリカの増援、そして何よりプトティコンボの登場を待ってからとなった。

40
支配と誕生会と消えるアンク

下田邸に立て篭もる軍鶏ヤミーに接近しようとするオーズリボンが襲うが、同じ手とはいとばかりにメダジャリバーで切り裂く。
そして三度突したオーズ軍鶏ヤミーであるが、バースの援護を受けつつメダジャリバーによる攻撃でダメージを与えていく。バースの弾切れで一時的に逆襲されるもバースエリカが時間を稼いでいる間にラトラーターコンボ変身。ライオディアスリボンで作ったドームを焼き尽くし、加速してから繰り出されたトラクローの一撃で見事に軍鶏ヤミーを仕留めた。久々となる大戦果である。

41
兄妹と救出と映司去る

オーズサポートをする練習タトバから最初にシャトラーターに変身チーターで高速移動してからシャチ流でヤミーに見立てた火を消す。あ、あれ、つ、は…? つ、…あ、あぁ、いえ、本物のヤミーが相手ならいざ知らず、練習ではを使うまでもありませんよね。あるトラを隠すと言いますからね。実際この場面では、火のヤミーを有利なで消すと言う意図だったのでを使わなかったのはその必要がかったからであり当然ではある(もしもで破壊していたら信の意思を映が全く組めていない事になる)。
アンクを助けようとする映と慎太郎の前に、木により生み出されたアンキロサウルスヤミーが立ちはだかる。変身した二人はバースが援護射撃をしつつオーズタトコンボがメダジャリバーりつける、前回も見せた見事な連携を繰り出すが相手は強敵ヤミー、これまでオーズを的確にサポートしていたアンクを欠いた事もあってその反撃に変身を解除させられてしまった。

第42話
氷とグリード化と砕けた翼

オーズを呼びめる悲痛な叫びに応える為にラトラーターコンボ颯爽と駆けつけ、熱線放射とトラクローの衝撃波でアンキロサウルスヤミーが氷漬けにした人々に一切の傷を負わせる事く救出してみせる。

皆勝手な望みを言う
それを黙って全部引き受けるんだ彼は
そんな事が出来るメダルだけがきっと………

第43話
ハゲタカと対立とアンクリターンズ

出現したハゲタカヤミーを前にして、アンクタカメダルを取られてしまったのでタトバではなくラトラバに変身する。エリカの援護を受けながらバースと共闘しトラクローの攻撃が炸裂する。ハゲタカヤミーが起こした暴を掻い潜りながらバッタレッグのキックによる撤退させた。
その後ヤミーが再出現するがオーズはシャゴリタで対抗した為に二戦はトラメダルの出番はかった。

44
全員集合と完全復活と君の欲

5人ったグリードの襲撃を受けた映は、前回に続いてラトラバに変身する。バースと協してグリードを分断しメズールガメルと相対したオーズはラトラーターコンボ変身した。しかしアンクの不意打ちで変身を解除させられてしまう。再変身しようとするのだがカザリの策略でコアメダルを奪われ、系のメダルが9枚全て集まりカザリ全復活を果たした。そう、今ここに3枚のトラメダルが集結したのである。全体となり全てのトラメダルを手中に収めたカザリ戦闘力は絶大でオーズ(プトティコンボ)とバーストラクロー底的に痛めつけたのだが、バースによる捨て身の援護を受けたオーズの攻撃がカザリの体内にあるライオンメダルを1枚破壊した。
戦場から離脱したカザリ木にコアメダルを取られてしまい、這う這うの体で彷徨い、やがて崩れ落ちるのであった。こうしてトラメダルと最も関係の深かったグリードカザリが消滅した………

45
奇襲とプロトバースと愛の欲望

全体のメズール相性の良いラトラーターコンボ変身して挑むが、全体のは凄まじくバース(試作品)と二人掛かりでも手も足も出ない。しかし久し振りの登場となるトライドベンダーで機動が向上、メダガブリューでメズールの一部を凍らせてトライドベンダー、ラトラーター、メダガブリューが一体となった強な一撃でメズールコアメダルを破壊した。
メダガブリューと体内のメダル、そしてなによりそれらが信頼してを預けられる歴戦のベテラントラアームをもってすれば、コアメダルの破壊はプトティラ以外でも可明された一幕。 トラは一見何にもしてないように見えるかもしれないが、トラが縁の下の持ちであることは、1年間オーズを、いやトラメダルを見守ってきた視聴者ならきっと分かるはず。だよな。どうかな。そんなわけないな。

第46話
映司グリードとWバースとアンクの欲望

グリード化が進み左腕を変質させアンクと争っていた映だが、木が投げ入れて体内の恐竜メダルが増えた事で、自身を御し切れないまま紫色タトコンボ変身してしまう。そのままアンクを圧倒したが木が更にメダルを投入した事で体がグリードと化してしまう。
久しぶりの、しかもかなり思わせぶりな登場を果たしたタトコンボに、これはトラクローが唸るか?と思いきや、拳で攻めている間にすぐメダルを入れられたため特に活躍はなし。

第47話
赤いヒビと満足と映司の器

本編終了を前にして第38話以来となる出番し。
次はとうとう最終回! 次回予告に映っていたので出番があるのは確定、果たして丸々1話分の休息を経たトラメダルに最終回に相応しいどんな活躍が用意されているのか? 全ては一週間後に明らかに!!

最終話
明日のメダルとパンツと掴む腕

800年前にオーズが初めて使用した10枚メダルを使ってタトコンボ変身する。そのコンボの名に恥じぬ驚異的な戦闘力の高さで、ダブルバース牙にもかけなかった全体ウヴァを終始圧倒し、最後はタトバキックで文句しの完全勝利を収めた。ウヴァ木に暴走を誘発する為にコアメダルを投入された事で一命を取り留めたが、暴走に怯えたウヴァは逃げ出しそれ以上戦う事はかったので、タトコンボの辞書には最後まで敗北の二文字は刻まれていない。
しかし大量のセルメダルを取り込んだ映の強大なエネルギーに耐え切れず、この戦いの直後にタトコンボに使用した10枚メダルは全て割れてしまった。こうしてタトコンボが登場する機会は永遠に失われてしまう。なんとも中途半端な形でテレビ版での出番を終えた。

映画
劇場版 仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ

Wを助けるべく颯爽と現れた映タトコンボ変身してルナ・ドーパントと戦うも、その長い腕に拘束されてしまう。しかしそんな時に頼りになるのはカマキリメダル! トラメダルから交換されカマキリソードで窮地を脱し、タトコンボに再変身しメダジャリバールナ・ドーパント勝利する。
オーズが登場した初めての映像作品なのだが、最初にしてまさにパターンである。この時点で既にトラメダルの運命は決定付けられていたと言って良い。しかし果たしてこの映画を見た中でどれだけの人が、後にトラメダルがこんなに冷遇されると言う事を予期していたであろうか。
なお、劇場版カマキリメダルを使用したのはコンボ形態を除くと以外にもこの一回きり。

映画
劇場版 仮面ライダーオーズ/OOO ノブナガの欲望

入場者プレゼントで二枚のガンバライドカードが配られ、一枚がオーズ、一枚がダブルとなっているのだが、何とオーズは基本形態のタトコンボではなくタカゴリバである。放送ではサゴーゾコンボが登場したばかりの頃の上映で、一応「初登場形態」ではあるが、ダブルサイクロンジョーカーゴールドエクストリームべたら外見やカードステータス的な意味で見劣りしている感は否めない。
肝心の映画での活躍は・・・。 

映画 
劇場版 オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー

冒頭でのタトコンボモールイマジンとの戦闘では不慣れな相手への戸惑いと数の差もあって一時は追い込まれるが、すぐにメダジャリバーの優れたで逆転してみせる。メダジャリバーにとって大変幸先の良いスタートとなった。
子供を守らなければならない状況でザンジオー、ガニコウモルに追い詰められたオーズはラトラーターコンボ変身しライオネルフラッシュで敵のまし、俊足で危機から脱する事に成功した。ライオンチーターはとても役に立って頼りになる。トラを持つ腕にはもちろん子どもたち(4人)を抱えて。
トライドベンダーに乗り込み対抗していたがショッカーに捕まってしまい処刑されそうになる映だが、数多の仮面ライダーの活躍と、そして何より大勢の人々のおかげでオーズドライバーを取り戻し満を持してタトコンボ変身する。すかさずメダジャリバーを振るって怪人を切り伏せていく。
そしてお待ちかねヒルカメレオンとの一騎打ちでは何とトラクローで引っ掻いてダメージを与えたのだ! これだけでも驚きだが更に保護色で姿を消したヒルカメレオンタカヘッドの視で探知し、バッタレッグで高くジャンプ、そのままトラクローで切り裂き止めを刺した。トラクローが活躍し況してや幹部怪人を倒すなど、一人として予想し得なかった驚動地の出来事である。まさに大金星と言って差し支えあるまい。

映画 
 劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル

大量に出現したナイト兵をタトコンボで迎え撃つオーズタカクワガタに交換されようと、バッタチーターに交換されようと、トラは交換されずに自慢のクローでナイト兵を薙ぎ倒した。この戦いの直後に現れたガラによって大部分のメダルが奪われてしまうがトラ(とバッタ)は残っていた。どんな事があっても、片時も映から離れない最後に頼りになるメダルなのである。
アンクが決死の覚悟を決め彼の命を預かって変身したタトコンボだがヤミーに苦戦を強いられ、暴れん坊将軍徳川吉宗が持っていたメダルブラワニコンボチェンジしたのでこの戦闘では以後の出番はい。
ガラ怪人態)との緒戦はブラワニではなく慣れたタトバで挑み、そしてガラ憑依されていた若葉五月の手をトラアームの手が掴み、そのまま引っり出した。メダルを奪う場面が立ったトラアームだが、人を助け出す事が出来る手なのである。死ぬほど後悔しない為にトラは手を伸ばすのだ。そしてガラ怪人態)の強さに押されながらも仮面ライダーフォーゼの援護を受け、最後はフォーゼマジックハンドで振り回された勢いで突撃しトラクローの強な攻撃で倒した。
辛うじて生きておりメダルからオーズを得たガラ怪人態)との闘ではガタキリバコンボによる大量の分身がそこからコンボ変身し、全コンボい踏み(タマシーコンボを除く)が実現した。スキャニングチャージのが吹き荒れる中で最後を締め括ったのはタトバキックである。
屈辱のスタートを切ってから一年の時を経て、トラメダルは幕で立に活躍するようになったのだ。

 映画
劇場版 仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX

「これがいと始まらないんだよ」

ダブルバースを大破に追い込んだ仮面ライダーポセイドンを前に、映に化けたアンクが上記の台詞と共にメダルを奪う。その後現れた本物の映オーズ変身。最初なので論基本のタトコンボである。タトバキックでダメージを与えてからガタトラドルに変身クワガタ電撃トラクロー撃、コンドルキックと連撃を決め、ガタゴリーターに襷を渡した。その後再度タトバに変身しメダジャリバーポセイドンを果敢に攻めるも、決着は付かなかった。小手調べとしてはトラメダルが不足のい活躍を見せ付け序盤にを添えた。
間を置いて物語は終盤、オーズフォーゼと共にレムカンナギを追う。立ち塞がる大量のマスカレイド・ドーパントヤミー、ダスタードオーズタトバ、ガタキリバ、ラトラーター、サゴーゾ、タジャドル、シャウタの連続コンボチェンジを駆使して葬り去る。トラは言うまでもタトバ、ラトラーターとして戦う。
そしてレムカンナギの元に辿り着くオーズタトコンボ)とフォーゼだが敵は未来コアメダルサメメダルクジラメダルオオカミウオメダル)とSOLUスイッチ銀河王へと変貌を遂げた。未来コアメダルを使用している事で時間をも越した銀河王のは強大でオーズフォーゼも苦戦を強いられてしまう。しかしそこでミハルより未来メダルが届けられた。その内の一枚こそが、そう、未来のトラメダル…スーパートラメダルである。スーパータカメダルスーパーバッタメダルと共に使いタトコンボえるスーパータトコンボへと変身した。銀河王と同じく未来メダルを使っている事でスーパータトバは時間を停止させられる事もく、銀河王に引けを取らない驚異的な戦闘力を見せる。フォーゼロケットステイツと共闘し銀河王と戦を繰り広げ、必殺技スーパータトバキックをフォーゼライダーダブルロケットドリルキックを同時に放って映画を締め括った。
本編最終回がタジャドルをメインに据えた扱いだったのに対し、この映画ではスーパータトコンボの登場に顕著な様に基本形態であるタトコンボを持たせていた。最トラメダルに不憫だった頃の面影はい。

 映画
劇場版 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

全てのライダーを倒すと宣言する大ザンギャックの標的となり狙われた為に、映変身して戦う。しかし乱戦の中でディエンドゴーカイレッドの攻撃を受け消失する。
大量の味方と敵が入り乱れたクライマックス戦闘ではメダジャリバー活用、一気に四人もの怪人を切り伏せた。
尚、映自身は本作では一貫してタトコンボのみで戦い、亜種も含めて他の形態には変身していない。ただし、クライマックスでは「仮面ライダーオーズの大いなる」としてメダルの1枚がラトラーターコンボキーに変化、これを用いてゴーカイイエローがラトラーターに変身している。

PV
Anything Goes! プロモーションビデオ

番組オープニング題歌のPVオーズウヴァゲスト出演している。しかしあろう事かこんな状況でもトラメダルの冷遇は続く。戦闘中大黒摩季より投げられたメダルカマキリメダルで、情にもトラは交換されカマキリウヴァを撃退する。番組準拠と言えばそうなのだが、こういう場面では基本形態が活躍するのが常であろう。

ゲーム
仮面ライダーバトル ガンバライド

001弾~006弾においてメダルスキャンの設置台が搭載され、オーメダルゲームに使用する事が可だった(01でアストロスイッチ対応と入れ替わりに撤)。トラコアスキャンすれば攻撃がアップする。セルメダルスキャンすると対応するカンロイドが存在するメダル固定、カンロイドが存在しないメダルランダムと分けられているのだが、トラメダルはカンロイド付属(トライドベンダーより先にメダジャリバーセルメダルとして付属された)ではなかった為かランダムである。

タイアップ
ポリンキー

番組開始から程なくして、『オーズ』とタイアップしたポリンキーが発売されたのだが、パッケージの袋に載っていたのはよりによってタカキリバ。基本形態をチョイスしなかった事に対して東映は何も言わなかったのだろうか。

能力・関連用語

タトバコンボ

タカ!トラ!バッタ!

仮面ライダーオーズの基本形態で、戦闘では最初にこの姿に変身する事が多い。タカトラバッタの三枚を使用して変身する。

必殺技タトバキックは初使用は不発に終わり、その後17話まで使われる事がかった不遇のキックである。但しタトバキックの名誉の為に言っておくが(バッタレッグの変形には賛否あるものの)見たはとても格好良い。

ラトラーターコンボ

ライオン!トラ!チーター!

タトコンボ同様にトラメダルを使用するコンボ形態。ライオントラチーターメダルで統一されている。
トラメダルだけ日本語なのは気にしてはいけない

トラメダルが存分に活躍出来る形態である。制御が困難なほどの圧倒的なパワーを持つが、トライドベンダーに乗る事で安定する。その為に実質上、トライドベンダーはラトラーターコンボの専用となっている。

トライドベンダーに乗ったらハンドルを握っているだけとか言ってはいけない。

必殺技は急加速で接近しトラクローで相手を切り裂く「ガッシュクロス」。初めて必殺技を放った時はせっかくの加速を殺すかのような急停止を見せたが、その後ノンストップで駆け抜けながらり裂く技に変わった。

                                 ,、  /i
                                 /ヾ、/  ヽ..‐‐i            ,,,,,,-‐‐
                               i、/ヽヽヽ  ヽ  j        ,,,,-='' ̄_,,,,,,,,-ー
                         ,,,,,_   / ヽヽ ヽヽ  iヾ i7  ,,, ,,-'''´,,,,,-‐'''''´
                       /    ヽ、,,,/‐、 ヽヽヽヽ  j i i/,,,,/´-'''二ゝ'''´,,,,,==='''''''' ̄
                      /、      ヽ, `ヽ 、ゝ' ヽヽi// /,ヽ   ∠マ''''´
                   ii /i i ゝ‐ 、     ヽ二ニゝ、  ゝ< j/ jj j _ヽ=、ゝ
                   jヽ./j/ j>'´ ` ヽ - / ゝニニゝ''''''´ >'-‐‐'''''   `'''´
                  ,,,ゝゝ‐ ヾ、_     ./ヽ   ヽヾニ,/
                 〈 //ヽ__ゝヽ  /  /ヽ /`ヽ''´
                 ヽi_//∠、ヽiヽヽ,    / /iく夕ハ
                  .i| i二i i‐i-jニj''iニニヽ/ /ニゞ=くィ
                   ̄ ''‐''iヾj,,7j77 ̄''''ヽヽ彡《/       __、
                 __,,,==ニニ二二二'''''''''ー、‐‐ 、ミイ ,,, --i /  .゙7
                ヽ ̄          ̄'''''''ゝ‐、二 ヽ彡 7  `ヽ/、
                 ゙ヽ、           /     ニ/ /      ゝ─- ,,-、__ ,_、
                ,-''´_j‐、     /´ ,j二ー- 、/// 、     /ニヽ、 j、 ̄i´_/
            _,,,,/'''' ̄'ニ/ ヽ`ヽ、./. /ヽ 、ヽ//j /  `ヽ、/ ヽ ゙ヾヽ、ヽニ
        ,,--‐''´  j_/''´//ヽヽ //i  /ー ニ_`ヽ/j j ゙'' `ヽ //  /  `ヽ、ヽ .`‐'´
      /   ,,,--‐''´ヽ,,,,,/   ヽ  ヽ /二 /_ヽ /‐/j/ /  /7!/ミ 7     ヽ ヽ
    /   /   _  ヽヽヽ     iヽ ヽ  /l / ニ;ヽく/   / /ミミ/      .ヽヽ
    i  ./   /ヽヽ-ヾ ヾ    i ゝ`''´  iヽニノ丿 .//  /_/ヽ /        ヽi
    ii/   ./  i i i/、‐、、  l( ◎  /  ̄  /‐、  / /ニV ̄''77‐‐‐---‐''´
    ヽ   /    j i  j  .j jj ヽ、i i   /    /__   7/ヽ .Q ノ  //
     ヽ __ //‐ 、  .j j‐-j  .j ji i `ヽi  /     /  7c/  i ''''i   /            __
     /  ゝ'\ / / / /  / ヽ ii i  .i /´ヽ ‐、  /  /    .i  i  /     ,,,---、‐‐、く--ヾ ヽ
    /  /  / ./ // / / iji i   i'  j   ヽ/  /   ,‐‐<---く/⌒ヽ ̄ ヽヽ ヽ .ヽ ヽ ヾ、 ヽ
    /  /  /  ./ /`ヽ、 /  i i i   i   i   ヽ--/、  ./   ヽ   ヽ  .ヽ   ヽヽ ヽ .ヽ ヽ ヾ 、ヽ
   ./  /  /  ./ /    i   i .i i   i   i    ヽ   \'    ヽ   ヽ  ヽ   .ヽヽ ヽ ヽ ヽ_ヾヽ ヽ
  /  /  /  / /    /  / / j   j   j    .ヽ    ヽ   ヽ   ヽ  ヽ   ヽヽヽ/  // ヾヽ ヽ
  〈、 /  /  /  / _  /   // ./  j   /     i     ヽ   i   ヽ   ヽ   ヽ ヽヽ ./ /  ヾ ヽ ヽ
  / / ./  / / ./ ./ ` ヽ 、// /     ̄     i      ヽ   l    lヽ  j    ヽヽ ヽ'''ヽ  ヾ ヽ ヽ__ニニ ̄ ̄二フ
  / / ./  ./  // /       ゝ           j      ヽ  /    ヽ‐‐'     j .j j  ヽ  ヾ /ーーーニニ‐'''' ̄  /
 / / /  /  /  /       /            `''''''‐‐‐---ゝ/             i .i i  i  ,/     /     /
 i i /  / /   /       /                                  j j j,,,,,-'''´     /     /
. i i/ / /   /       /                                  / / /       /    /

カマキリメダル

安心の使いやすさ

昆虫系に属する腕部用のメダルでトラメダルの出番を奪う本人。DXオーズドライバーにもタトコンボ用のメダルと共に付属。
カマキリソードは映にも使いやすいと好評で多用される。

    ゝ|三-、ヽ                               ゝi iヽ 
    〈;;;;i;;;;i\;;;i                              〈ヾ彡 〉-, 
 .    ヽi;;;;;i二;;i                              ノ;;;/|;;;;;i 
   ゝ´ ∨;;i i;i                              i--i二;;;;;[ 
   /_ -==;;;;;二;         ______, -- 、ゝ-、            i i;i_|;;;;;〕 
   ´ /´_ -;;;;i_i         i二-‐-、:::ゝ--、:i              i  i;i--、;;|、 
    コ-‐´〉;;;;-'、        i:/: : : : ii::i: : : :i::i               i  i;!--';;;;;i 
   /-‐ -‐ヽ;i_〉        ヽ--‐':::::`i'‐'`i              i ノ;i‐‐i;;;;'、 
   ゝ´-‐ -‐i;;;;;;_iゝ-‐‐‐-、     ∨;;;;i:::::::::i;;;;;i            i ゝi;--;;;;;;;| 
   '-=´´ゝ;;´;∨;,∧_ -‐-、 ヽ_   ヽ_`二´_/    ゝ-- 、  _ -‐>.i;;i‐‐i;;;;i 
  / -‐´\;;;;;∨;,∧;;;;;;;;;;;;;ゝ-i三三_‐‐-、_  `>、=´i_i_ > ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;i  i;;;;i 
  ´       \;∨;,∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;/ ゝ-`‐ヽ_〉‐<〉-‐、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/i;;i  i;;;;i 
         `∨;,∧_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i 三;i i i;;/ゝ-〈ヾ、ヽ'.ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  i;;i  i;;;;i 
             ∨;,∧.ヽ;;;;;;;;;;;;;;;i -‐;i ヽ' 〉 〈 '-' .i- .i;;;;;;;;;>"´   i;i .i;;;;i 
             ∨;,∧ .\;;;;;;;;;∧ >"´ ` ̄ ̄ヽ、iヽ i>"´      ii .i;;;;i 
            ∨;,∧ 〈;;;;;;;;;;;;;\´ヽ、ヾ i = ii |彡ヽ/        ii .i;;;;;i 
          / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ 
          | 答 |     タ カ キ リ バ       │| 
          \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

なおカマキリメダルは19話でカザリに奪われて以来、放送終了までついに手元に戻ることはなかった。また劇場版でもコンボ以外で使われることはなく、出番に関して言えばトラメダルとは対照的に熟系のメダルだったと言える。

チーターメダル

チーター!

系に属する脚部用のメダル。トラメダルにとっては同じ系であり装着部位が重ならないので仲間なのだが、活躍度合いには大きな差がある。チーターレッグの加速で動きの速いヤミーを捉える他、連続で繰り出されるリボルスピンキックヤミーに取り込まれた人を助け出したりグリードを退けたりと大活躍である。トラメダルとチーターメダル、どうして差がついたのか…慢心、環境の違い。 

メダジャリバー

鴻上ファウンデーションオーズ専用に開発した。素手でも強な他の腕に持たせるのは勿体無いからなのか、タトコンボの際に使用される。トラアームの優れた腕はメダジャリバーをしっかりと握るのに向いているのであろうか。このより繰り出される必殺技オーズバッシュは多くのヤミーを葬っている。メダジャリバーのおかげでトラアームの活躍があると見るか、メダジャリバーのせいでトラクローの活躍が奪われると見るか、難しいところであろう。

メダガブリュー

恐竜コアメダルで生成されるアックスモード限定ならプトティコンボ以外でも使え、もちろんタトバやラトラーターなども例外なく使用する。必殺技グランドオブレイジ」も発動可
結果として「トラメダルの出番を奪うメダジャリバーの出番を奪うメダガブリュー」というドラゴンボール並のインフレを起こしてしまった。
劇場版「WONDERFUL」とテレビ最終回ではメダジャリバーとメダガブリューの二刀流を披露。

トラカンドロイド

ライドベンダー強化の為に開発されたカンロイドでライドベンダー合体する事でトライドベンダーとなる。名前にトラと入っているがライオンメダルを解析して作られた。それならばどうしてライオンカンロイドにしなかったのだろうかという疑問が湧くが、これは「カンロイドタトバをえたい」というバンダイ玩具開発担当の意向があったから、とのこと。

カザリ

トラメダルはカザリコアメダルである。だからトラメダルとカザリは分身、いや、親子の様な関係なのかも知れない。
いはトラメダルは本来、カザリの様に頭なのかも知れない。そんなトラメダルに理に戦わせたのが現在の状況なのではなかろうか。但しカザリトラクローと同等と思われる両腕のを巧く活用している。

カッターウィング

仮面ライダーバースに飛行支援ユニットで、背部に装着する事でバース中の高速飛行が可となる。非常に有益に思われるのだがバースが持つユニットの中でカッターウィングのみ何故か単独で使用された事がい。ヤミーがを飛んで逃げていくのを悔しそうに見る場面があったが、意地でもカッターウィングを使わない姿に多くの視聴者が疑問を抱いた。カッターウィングが画面に出たのは全てのユニットを装備するバース・デイとCLAWs・サソリのみで、トラメダルとは別の形で冷遇されている。
だったのだが、第38話にて後藤慎太郎変身したバースが念願の単体使用を行った。アンクく「伊達より酷い」と言わしめるほどの三次元だったが、これでグリード達を翻弄し勝利している。
以後は飛行や某マジンガーの如く武器としてに使用したりと大活躍。
と言うかこんな便利装備を何故伊達さんがバースデイ以外で使わなかったのが最終回でも落下する映の救出に活躍した。

タックルボア・メタルトリロバイト

仮面ライダー剣』に登場。ボアアンデッドを封じたラウズカードブレイドが所有。
使用すると相手に突進するボアタックルを発動する。仮面ライダーブレイド最初から持っていたのだが、単独で発動した場合躱されるか弾かれるかで一度としてまともに命中していない。
な事にてれびくん応募者全員サービスビデオ作品『仮面ライダー剣バトルビデオ』で偽者ブレイドが使った際は命中したのだが、本物は最後まで有効的に使えなかった。使用回数が少ないのでトラメダルほど立っていないが作品のを越えた同類と呼んで差し支えないであろう。
メタルトリロバイトも同じくブレイド所有のカード。短時間の硬質化を発動するが、こちらに至っては作中一切未使用。タックルボアより扱いが酷い。(ただ、キングフォームの場合性質上常時発動している可性がある)
更にこちらも偽ブレイドが有効活用していた。ケンジャキ…。

クローモジュール

仮面ライダーフォーゼ」に登場。32番のクロースイッチオンにすることで右腕にを装着する。
このモジュールを初めて使用した時、フォーゼ変身している如月弦太朗「セイヤー!」と叫びながら敵であるペガサスゾディアーツを攻撃した。これを見たもがオーズのあいつのことを思い浮かべただろう。
MOVIE大戦MEGAMAX」で共闘した時の事を覚えていたのだろうか。実際の所は脚本に書かれていたのか、はたまた弦太朗役の福士蒼汰アドリブなのかは定かではないが。
メインではないが所々で活躍している。
また、バリズンソードと組み合わせることによってコズミクエナジーで形成した巨大なも展開可で、アクエリアスゾディアーツ撃破している。

他作品の“トラ”

参考用に他の平成ライダーシリーズに登場した虎をモチーフにした怪人について列挙した。
トラメダルのあつかいとくらべてみよう!

クウガシンボル仮面ライダークウガ

グロンギのメ集団に属するトラ怪人としてメ・ガドラ・ダが登場。
一人の怪人が二話に渡って登場するのが基本フォーマットの本作だが、ガドラ総集編の登場だった為に一話のみの出番であった。その為に画面に映っていた時間は短いがクウガとは2時間30分もの長時間の闘を繰り広げた設定で、クウガのマイティキックで爆発四散した頃にはになっていた。

アギトシンボル仮面ライダーアギト

未登場

龍騎シンボル仮面ライダー龍騎

史上初となる虎がモチーフ仮面ライダーとして仮面ライダータイガが登場。
アクションフィギュアのR&Mシリーズなりきり玩具としてデスバイザーがラインナップされるなど、玩具展開も行われたライダーである(本作には全部で13人の仮面ライダーが登場したがソフビヒーローシリーズ以外の玩具展開が行われたのは龍騎、ナイト、ゾルダ、王オーディンタイガと半数ほど)。
怒りのままに振り下ろしたデストクローが網に傷一つ付けられなかった事はトラクロー的に考えて忘れてはならない。

また必然的にタイガの契約モンスターとして白虎ミラーモンスターデスワイルダーが登場した。

555シンボル仮面ライダー555

本編には登場しなかったが『仮面ライダーディケイド』で描かれた555世界では新たに虎の特質を持ったオルフェノクタイガーオルフェノクが登場、同世界におけるボスクラスとして活躍した。

ブレイドシンボル仮面ライダー剣

虎の祖たる不死生物タイガーアンデッドが登場。
カテゴリーQに分類される上級アンデッドで、城光と言う人間女性変身し終盤の物語に関わった。上城睦月にわざと封印され彼が救われる一助となるなど、大きな扱いを受けている。

響鬼シンボル仮面ライダー響鬼

直接的にトラモチーフにした怪人は登場しなかったが、魔化魍ツチグモデザインは虎の意が盛り込まれている。第1話の登場怪人である。

その他、劇場版に登場した仮面ライダー西鬼大阪阪神タイガースと言う事で虎がモチーフとなっている。
しかし阪神タイガースの本拠地は兵庫県で、大阪の球団は解散した大阪近鉄バファローズである。

カブトシンボル仮面ライダーカブト

未登場

電王シンボル仮面ライダー電王

未登場

キバシンボル仮面ライダーキバ

未登場

ディケイドシンボル仮面ライダーディケイド

前述の様に555世界にてタイガーオルフェノクが新たにデザイン、設定され登場した。
余談ではあるがタイガーオルフェノク変身する百瀬を演じたのはアンク役の三浦涼介である。

サイクロンジョーカー仮面ライダーW

厳密には虎ではないがサーベルタイガーモチーフにしたスミロドンドーパントが登場。
幹部クラスドーパントであり序盤から終盤まで登場し、戦闘回数こそ少ないがスピード仮面ライダーアクセルトライアルを上回るなど強さを保持した。最後はメモリブレイクされた為にスミロドンドーパントとしては死んだも同然だが変身するミックは最終回後も生き延びている。

仮面ライダーウィザード

ワータイガーが登場。
虎の猛々しさそのままにパワースピードを兼ね備えたファントムであった。

ちなみに仮面ライダービーストの有するファントムキマイラ」は近親種のライオンベース

仮面ライダー鎧武

ビャッコインベスが登場。
第1話の登場怪人であり、後には大きな役割を担う事になる。
詳細は単独記事を参照。

以上の様に平成ライダーでは虎をモチーフにした怪人が頻繁に登場している。また虎が持つ勇ましく強そうな印からか大きな扱いを受けている事が多い。
まさにトラメダルにピッタリだね! まんをじしてせいぎのみかたとなったとらを、テレビのまえのみんなもおうえんしてね!

関連AA

   ∩キ∩
  ミ ・ω・ミ
  /〓 つ〇
~〓( ゝ

   ∩キ∩
  ミ*TωTミ
  /〓 つ〇
~〓( ゝ

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP