トリオ・ザ・パンチ単語

トリオザパンチ

2.0千文字の記事
掲示板をみる(44)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 勝ち
 呪ってやる

トリオ・ザ・パンチとは、データイーストアクションゲームである。
正式名称は「トリオ・ザ・パンチ―NEVER FORGET ME・・・」
元はアーケード用のゲームだが、後にPS2携帯ゲーム移植されている。

概要

とても個性的な三名のキャラクタータフガイサントス」「忍者・カマクラくん」「剣士ローズサブ
のうちから一人(二人プレイも可)を選び、全部で35あるステージクリアするのが的。
特にストーリーのようなものがく、上記の三名が何故戦っているのかという説明も全くい。

基本的な進め方は雑魚キャラが落とすハートを規定数集め、登場するボスを倒せばステージクリアとなる。
最初からボスが登場していて、ハートを集める必要がないステージもある。
ステージクリアするたびに師匠のチンさんが現れ、クリアーたからくじを引かせてくれる。
通常攻撃や特殊攻撃を強化したり、ライフ回復したりできるが、
逆に通常攻撃と特殊攻撃が一段階弱くなることもある。

登場する敵キャラクターは同社のゲームキャラクターであるカルノフチェルノブを初めとして
レッドがいこつやピンク、石膏像の足、巨大な招き猫忍者スライム紫色お化け
下半身がで上半身がピンクを着たごつい女、スライムロボスライム・・・などと、
世界観が今ひとつ統一してないものばかりが出てくる。

またステージの演出も、チェルノブボスで登場した土偶の頭が飛び跳ねながらしたり、
だるまさんがころんだ」という言葉が一文字ずつ出てきて、
文が完成すると動きが止まったり(敵味方問わず)と、
プレイヤーを置いてきぼりにしかねない意味不明な展開が多い。

このあまりにもナンセンスで変な世界観のゲームのために、
カルノフチェルノブと共に「デコ三大奇ゲー」などと呼ばれている。
しかしゲーム自体は至ってまともであり、ほど良いゲームバランスが取られていて遊びやすい。

ちなみに、
かつてロケテストが行われた際のタイトルは「TVすごろく トリオ・ザ・パンチ」というタイトル
本当にすごろくだったが、上層部の判断で現在の内容に作り替えられた。
このロケテストバージョンは、2005年頃に一度ヤフオクで高値で取引されたことがあるので、
今も日本のどこかに現存しているはずである。
また、製品版のアーケードROMチップの中には、
すごろく時代の面としてすごろくのマスの絵データが残されているらしい。

登場キャラクター

関連動画

関連生放送

関連リンク

関連商品

関連項目

ば れ た か げろげろ

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/17(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/17(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP