今注目のニュース
夜中2時に鳴ったインターホン 「一人暮らしの女性宅への訪問者」にゾッとする
新手のナンパ登場? 女子高生に「久しぶり、前世はあなたの夫でした」と声を掛ける不審者
喫煙中に電子タバコが爆発 米・17歳少年のあご砕ける

トリスタン・ミュライユ単語

トリスタンミュライユ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

トリスタン・ミュライユ(1947~)とは、クラシック音楽のうち現代音楽に属する作曲であり、1970年代から始まるスペクトル楽の始祖の一人である。

概要

当初はアラビア地域や経済学など音楽とは異なる研究生活を送っていたが、やがてパリ国立高等音楽院でメシアンに師事、そして留学先のイタリアジェラール・グリゼーとともにジャチント・シェルシの音楽と出会った。帰後彼はグリゼー、ミカエルレヴィナス、ユーグ・デュフールらが結成したアンサンブル・イティネレールに属し、音響分析を元にした独自の音楽理論を組み立て、スペクトル楽の誕生につながったのである。

1977年に発表した「忘却の領土」など様々な曲を作るが、IRCAMにおいて行われた情報理論の研修で情報理論との出会いが彼の作に影し、1980年に発表した「ゴンドワナ」など情報理論を基に楽器音響音響合成を用いるものに変化したのである。

くに亡くなったグリゼーと異なりいまだなお存命で、現在は後進育成にあたりつつも作曲活動も続けている。

音響解析した特定の音の倍音構成を和の基盤に据える、FMAM、RMなどの変調をポリフォニーに応用する、といった作曲法が特徴的である。

関連動画

さすがになかった。

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/25(火) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/25(火) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP