トリック 単語

340件

トリック

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

残念だったなぁ、トリックだよ

自分が生きていることについて、ベネット

簡単なトリックだ

エネルギー波などについて、ミスター・サタン

お前らのやってることは、全部すべてまるっとスリっとゴリっとエブリシングお見通しだ!

トリックを見破った際に、山田奈緒子

 

トリックとは、人をだます的で使われる仕掛けのこと、あるいは手品ミステリーを構成する仕掛けのことである。

曖昧さ回避
  1. トリックアート - 騙し絵。見方によって様々な絵が浮かんでくるなどの仕掛けがある。
  2. トリックショット - ビリヤードにおいて、玉を曲げたり浮かせたり一度に2つ以上の玉を落としたりするショットのこと。曲芸的なものも多い。
  3. トリック - スケートボードスノーボード・ボディボードなどの技のこと
  4. トリック - スキルトイジャグリングの技のこと。ヨーヨーについてはヨーヨーのトリック一覧を参照。
  5. TRICK - テレビ朝日系2000年に放送されたドラマ該当記事参照。
  6. ペン回しにおける単体の技のこと。コンボの対義にあたる。
  7. トリック - アニメ超次元ゲイムネプテューヌ」に登場するキャラクター。または超次元ゲイムネプテューヌmk2に登場するキャラクタートリック・ザ・ハード略称
その他、該当記事参照
  1. トリックルーム
  2. ゴーストトリック
  3. トリックスター

 

概要

いわゆる手品師の口上によく出てくる「種も仕掛けもございません」の「種」「仕掛け」のこと。

手品などではトリックを見破られることなく演技を遂行することがめられるが、推理小説などでは必ずネタばらしが要されるという正反対の性質を持つ。

手品などのトリック

隠しポケットや小具による単純な仕掛けのものから、舞台に大仕掛けを仕掛けておく大規模なもの、演者の技術による錯覚や、あるいは演者の話法やパフォーマンスによってお客の心理の裏をつくようなトリックも存在している。

 

ミステリー・推理小説などにおけるトリック

小説などのトリックには大きく分けて2種類が存在している。

ひとつは、犯人などが探偵などに向けて出すトリック。つまり、登場人物が登場人物をだます為の作品内のみでのトリックである。こちらは探偵役が解決することでほぼ確実に解かれることになり、登場人物による解説がなされることが多い。

もうひとつは、作者読者に向けて出すトリック。いわゆるトリックが明かされた際に物語の全貌が一気に反転してしまうような、作者読者をだます為のトリックである。こちらは叙述トリックとも呼ばれている。このトリックについては推理小説だけに限らず、他のジャンルの作品においても使われる場合がある。

だが、どちらにも共通するものとして、作中のある時点においてすべてのトリックは必ず破られるという点が上げられる。推理小説において破られないトリックは推理小説としての破綻を意味しており、トリックが解決されないまま終わる創作作品はミステリーではなくなってしまう。それらの作品はむしろホラーファンタジーとしての要素が強いといえるだろう。

また、トリックを構成する際のルールも多数提唱されている(ノックスの十戒など)。ただし、これらのルール全に守らない名作も存在しているため、絶対的なルールが存在しているわけではない。

より詳しいトリックの分類などについてはWikipedia参照。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/25(木) 16:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/25(木) 16:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP