今注目のニュース
雨の日にこそエビフライ愛を満たしたい?エビフライそっくりの折りたたみ傘が販売中
「緊急事態宣言解除後の意識調査」、実店舗での飲み会は「減る」が「増える」を上回る
ハムスター「チーズうめー!」 コロンと転がるツイートが話題に「間違いなく言ってる」「表情の破壊力がヤバイ」

トレーニング単語

トレーニング

  • 1
  • 0
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

トレーニング(Training)とは、「人に何かを教える」「教育」「躾け」「仕込み」などを意味する英単である。

概要

スポーツにおいて体・筋作りなどを行う行為をす。同義としては練習や訓練があげられる。

ニコニコ動画では

さまざまなトレーニング動画投稿されているが、その中でも2009年に発売された「いっしょにとれーにんぐ」の影を受けて作られた「○○がトレーニング」の動画が多い。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2019/03/09(土) 17:49:34 ID: GBI/czSgNB

    上にもあるとおり、まず軽くやってみるのって一番大事だと思う。
    まず自分なりの感覚をつかんで、
    それから座学・知識を蓄えつつ、修正していけばいい。

    筋繊維の種類も本数も疲れやすさも回復のさも、
    全部遺伝で決まるからね。
    日本人は推定3割が「疲れやすくて回復も遅い体質」らしいし。

    ただ、現代の筋トレ科学が7割だからね。
    座学部分を軽んじて後遺症出てる医者だって実在するから、
    理をせず、継続して、正しく学び、しっかり休む。それが一番大事。

  • 6ななしのよっしん

    2019/12/14(土) 21:43:27 ID: JJC1bXpqo9

    >>5
     筋トレするなら食事にも割と気を使った方が良いよね

  • 7ななしのよっしん

    2020/03/06(金) 09:20:50 ID: nFd2mEzfAX

    効率的なトレーニングがご所望ならスロートレーニングというものがある。
    何なら普段の歩行に僅かな変化を加えるだけで驚くほど負荷を増やすことも可だ。

急上昇ワード

最終更新:2020/05/29(金) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2020/05/29(金) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP