今注目のニュース
年収700万円台の貯金事情「海外旅行や日々の外食代に消えてしまう」「可処分所得はかなり少ない」
退職者が多い会社の特徴「ノルマに追われやりがい見失った」「見て覚える風潮で、指導の際の口調がキツイ」
あおり運転殴打、量刑はどれくらい?「厳しい刑罰」求める声高まる

トーキョーN◎VA単語

トーキョーノヴァ

掲示板をみる(47)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

トーキョーN◎VAとは、太郎デザインFEAR製作TRPGシステムである。
ジャンルサイバーアクション、第5版であるトーキョーN◎VA THE AXLERATIONが2013年9月6日発売。

概要

トーキョーN◎VAと言うゲームは全てを通して、自分のキャスト(PC=プレイヤーキャラクター)を格好よく見せると言うことにこだわったシステムとなっている。
1シナリオに3回使える神業(強ブレイクスルー)、判定に使うトランプ、3つのスタイルで示されるキャスト……そして、トーキョーN◎VAの世界観がそれをさせている。

また「相手の社会的権威を失墜させたり、それを防ぐ」という"社会戦"も大きな特徴。

世界観

地軸が変動し、世界に多くの災害をもたらした7日間、これを人々は“災厄”と呼ぶ。
“災厄”により多くの人々は社会基盤を失い、さらには急速な寒冷化が進み氷河期へと突入した。
そのような中で過去、それ以上に発展したがあった。地軸の変動により直下へと移動した日本
しかし、日本鎖国を宣言。その強固な鎖国は、"災厄”以前に偶然海外に出ていた者すら通さないものであった。
そして、その日本一の窓口となるのが、東京湾に作られた出東京

人呼んで、“災厄の”トーキョーN◎VA。

キャラメイク

キャラメイクタロットアルカナを模した22枚と、後にマイナスナンバーとして追加された4枚の計26種類のスタイル(生き様)から、3つのスタイルを選択することで作成する。
この3つのスタイルバラバラに3つのスタイルを選んでも良いし、同一のスタイル重複して取得しても良い。バラバラスタイルを取れば汎用性が増し、重複して同じスタイルを取れば特定の局面に特化することになる。

N◎VAにおいて、スタイルの選択はキャラの生き様と直結するものになっている。その為キャラクターは3つのスタイルの中から、表の顔であるペルソナ◎と内面的生き様であるキーを選択する。どちらも選ばれなかったスタイルシャドウ-となり、表向きは発現しない、もしくは自覚であるということになる。
またスタイルを2つ以上選択することができる。この時はスタイルを=で結ぶことでペルソナキーを一括で定できる。

例:
気功により人的なを発揮する格闘モデルにした場合 カブキチャクラチャクラ
り抜斎をモデルにした場合 カブキ◎、カブト、カタナ
ネットの闇に潜み、真実を暴くハッカーを作りたい場合 マネキン◎、フェイトニュー
汚い手を使ってでも相手を陥れるという大企業の懐をを作りたい場合 エグゼグ◎、レッガー、クグツ
とにかく遠距離から相手を狙撃することに長けた暗殺者の場合 カブトワリ=カブトワリ=カブトワリ◎
(ただしキャストがこのように極端なスタイルを取ることは推奨されない。ルーラーの同意が必要であろう。)

このようにして好きな味付けを施したキャラクターを作ることができる。

神業

ひとつのスタイルにつきひとつ設定されている、絶対的な。それが神業である。
キャストゲストは、1スタイルにつき1発神業という特殊なリソースを持つ。つまり1回のアクトシナリオ)で3回まで神業を使える。

神業の効果は絶大であり、簡単にいえば書かれた通りの効果が望むままに発動する。さらに、原則として神業には神業でしか対抗できない。どんな立な装備や高レベルの特技だろうと、神業の前には何の意味も持たない。
具体的には「あらゆる障視しての前の相手を殺す」「死んだ状態から生き返る」「巨大ビルだろうが破壊できる」「どんなもの(物でも者でも)でも買える」「相手を社会的に失墜させ刑務所送り(=戦外)にさせる」等。
トーキョーN◎VAでは神業はそのキャストの見せ場であり、アクト主人公、または敵の大物に許された特権である。

N◎VAにおいては、まずどのようなキャラを作るかを決めた後、そのキャラクターに合わせてスタイルを選ぶというシステムになっている。
しかしその結果ルーラー(ゲームマスター)が用意したシナリオが破綻する可性もあるので、ある程度の分担の必要性は存在する。

スタイル一覧

基本スタイル

0.カブキ歌舞伎) the fool (愚者)
アーティストギャンブラートリックスター芸術の他、大芸人や博徒、ヒッピーなども含まれる。
どちらかといえばロールプレイ重視の技が多い。
神業 《チャイ
「幸運な偶然」によって危機を避けたり、行動を失敗させたりする。神業や判定をひとつ打ち消すことができる。
神業であるので、例えば後述の《変地異》や《難攻不落》といったものも打ち消すことができる。
ただし「それが起きた間」にしか打ち消せない。例えばシナリオの都合で隠密裏に使われた《全偽装》を、それと知れた途端にチャイすることはできない。

I.バサラ(婆沙羅) the magus (魔術師
魔術師超能力者など。超能力などの方法により発火や重力操作などの物理を任意に起こせるスタイル
と呼ばれるスタイルが特徴。
神業 《変地異(カタストロフ)》
自然を起こし、キャストゲスト以外の対や建物を破壊する。
直接相手に何かできるわけではないが、雑魚(トループ)の一掃や建物や飛来物などの破壊、進路の確保など割と融通がきく。

II.タタラ(踏鞴) the priestess女教皇
研究者、もしくは職人。後述のエグゼグなどにべてより直接的に製造業や研究所などに携わっている。
アイテム機械に干渉する技が多い。
神業タイムリー
その場に適したアイテムや物品を予め作り、持っていた事にできる。もしくはそれで神業に対抗する。
四次元ポケット」ドラえもんや 「こんなこともあろうかと真田志郎イメージしてくれればだいたいあってる
非常に汎用性の高い神業で、神業一発分のことはできると思って良い。
 
III.ミストレス(舞人) the empress (女
女将、または女リーダーアイドルなど。「包容のある導者」を示すスタイルであるため、男性でもこのスタイルを取ることができる。
に精神戦に関わる技メインとなる。
神業ファイト!》
自分以外のかを応援し、励ますことで活を与え、神業の使用回数を1回増やす。
状況に応じて神業を補充できるので便利だが、回数が増えた神業の使用権は相手方にあるので相手方との信頼関係が重要になる。

IV.カブト(兜) the emperor  (皇帝
用心棒、もしくはボディーガード。性質上敵も味方も取る機会が多い。
取得できる技がほぼ防御系。むしろ「神業神業でしか防げない」ため神業メインとなる。
神業 《難攻不落(インヴァルネラブル)》
体戦・精神戦ダメージ1つを全に防ぐ。複数のキャラクターに対する被害も、この神業一発ですべて防げる。
なお神業の試用はダメージ判定後に使用することも可であるので、このままだと死亡すると判断した後に使用出来る。
クライマックス戦闘はだいたい神業の打ち合いとなるので、この神業のような「相手の切り札(神業)を打ち消す神業」はかしら持っていることが推奨される。

V.カリスマ(狩魔) the hierophant (教皇)
カリスマ性のある人物。政治家や思想など導者。クロマクと違い、表舞台で人々を操作するスタイル
ミストレスよりも精神戦における攻撃を重視している。
神業の御言葉(ゴスペル)》
その威厳を持って、言葉が届く距離にいる対に任意の精ダメージ(発狂、魂魄喪失など)を与える。
射程に制限はあるが、特定の技を取ることでかなり遠くまで御言葉を届けられる。

VI.マネキン真似) the lovers (人)
ヒモや情婦やニートなど、他者に頼る者。親の護下にある幼児や社会不適合者などもここに含む。
とはいえまるっきりの役立たずというわけではなく、他のスタイルと合わせて効果が増す技が多い。
神業 《プリーズ!》
他人(キャストゲスト)に、神業一発分程度までの「お願い」をする。お願いされた相手は逆らえないが、神業を消費することもない。
ミストレスの《ファイト!》との違いは、神業の使い方の決定権がマネキン自身にあること、どのキャスト神業コピーできることである。

VII.カゼ() the chariot戦車
走り屋」や「F1レーサー」など、車輌の操作に長けた者。単純に長距離ランナーなどにしてもよい。
ヴィーグル車輌)を操作する技ばかり。状況に左右される技が多い。
神業 《脱出(エクソダス)》
どんな状況からでも脱出できる。などヴィークルに乗っていた場合は、ヴィークルおよび乗員ごと脱出できる。
自分やヴィークル、乗員に対する物理攻撃の脅威からさえ脱出可
また、《脱出》で逃げようとする相手に、絶対に追いつくという逆の使い方もできる。

VIII.フェイト威徒) adjustment (正義
探偵や捜官、信所など。もしくは真実を暴こうとする何者か。
事実の隠蔽・もみ消しなど会社上層部で物事が動いている時はフェイトの出番。
神業  《真実トゥルース)》
キャラクターひとりから、どんなことでも真実を聞き出せる。
質問に正確に答えさせるものの、対が知らないことは話さないし、信じ込んでいる間違った情報を話すこともある。
レッガーの《全偽装》やレッガーの《不可触》に対抗でき、それを打ち消せる。

IX.クロマク(黒幕) the hermit (隠者)
社会る権者。影の立役者インテリヤクザ中小企業のコンサルタント業者など。
ほぼ社会戦に関わる技う。心をどう使うかがカギ
神業 《心(ライトハンド)》
決して裏切らない忠実な部下をゲスト扱いで発生させる。ゲストの扱いなどはキャスト自由
もしくは受けているダメージなどをすべて心に転し(治癒し)、不利な状況から脱する。残念だったなぁ、トリックだよ

X.エグゼク(益世狗) fortune (運命の輪)
大企業の重役、もしくはその支店長、あるいは巨大シンジケートの顔役。クロマクとは違い表社会に立つ。
ほぼ社会戦専用のスタイル。またサプリメントに紹介されるような有名企業のコネが持てるためプレイの幅が広がる。
神業 《買収(M&A)》
所属している企業やコネのある企業理を通し、で買える物ならなんでも購入でき、大企業や大組織相手の場合、命を一つ聞かせる。小さな下請け団体ならというより企業の圧で軽く操ることも可
ただし、この神業で購入した物の効果は、次のアクトに持ち越すことは出来ない。
また、スタイルを持つキャラクターを購入することはできない。ゲストのエグゼクに大積まれようが、キャストはそれを鼻で笑ってり捨てることができる。

XI.カタナ() lust (
稼ぎや客、もしくは暗殺者。武闘なども含まれる。技術の発展により、この世界では時にに勝る。
言うまでもなく、兵戦に長けた技がたくさん用意されている。
神業死の舞踏ダンスマカブル)》
神業以外では回避不能の攻撃を放ち、任意のダメージ死亡震盪=気絶など)を与える。
つまりはカタナの間合いにいる相手を一撃で殺すことができる。戦闘中でなければ、カタナはどこまでも届く。

 XII.クグツ(傀儡) the hanged man (られた男)
サラリーマンや非合法工作員など。エグゼグやクロマクに使われる立場だが、だからといって侮れる存在ではない。
これもまた社会戦寄りのスタイル
神業 《全偽装(アンダカヴァ)》
社会的存在、事実ネット上の情報等を全に隠蔽・偽装する。神業でなければ、隠された情報は探せない。
《暴露》や《真実》といった神業に対抗できる。
IDを作りあげて、社会ダメージがすべて消去された全く別の戸籍と人生を用意することもできる。

XIII.カゲ(影) (死神
スパイ忍者、暗殺者など人知れず仕事をこなす者。荒んだ世相のN◎VAではこの種の職業も多い。
その技はほぼ攻撃の補助に使用するものばかり。
神業  《不可知(インセンサブル)》
全に姿を消して行動する。また宣言と同時に追加の行動権を得る。
もちろん、戦闘中以外にも使用できる(贅沢な使い方ではあるが)。
《不可知》状態での行動は、神業以外の手段では感知・対応できない。

XIV.チャクラ) art (節制)
格闘体を武器とする武道
名は体を表わし、素手にまつわる技が多い。
神業黄泉還り(フェニックス)》
自分に与えられている体・精ダメージをすべて消去する。戦闘中死亡しても、すぐさま復活し戦闘に復帰可
直接触れることができれば他人も治癒できるが、そのシーン中に受けたダメージしか癒せず、即復活とはいかない。

XV.レッガー(裂牙) the devil悪魔
暴力団ギャングの構成員。もしくは企業の暗部職する者。
社会戦における攻撃のプロ。他にも取り回しの良いサポートを持つ。
神業  《不可触(アンタッチャブル)》
様々な圧により、事実を揉み消したり、責任転嫁する事が出来る。全偽装同様、《暴露》や《真実》に対抗できる。
キャストゲスト1人に与えられた社会ダメージをすべて消去することも可

XVI.カブトワリ(兜割) the tower
スナイパーガンマン。当然ながら銃器を扱うあらくれは数多く、ガトリング砲を片手持ちする者もいる。
カタナと並ぶ兵戦のプロ。懐に入られさえしなければかなりの痛手を与えられる。
神業 《とどめの一撃(クーデグラ,coup d’grace)》
に射撃を必中させ、任意のダメージ死亡を含む)を与える。
射程も遮蔽も視して相手を一撃で殺すことができる。ただし、戦闘中カブトワリの懐に潜り込んできた敵を撃つには専門の技が必要。

XVII.ハイランダー(排乱駄) the star
地球衛星上など、地球の外で生まれ育ったハイ・ソサエティ。エグゼグよりも血統や種性を重視する。
だからといって制限に権を振るえるわけではなく、特にキャストとして使う場合は過去の記憶を失っていることが多い。独特な技を持つ。
神業  《天罰(ネメシス)》
RLが認める限り、神業一発分程度のあらゆるワガママを可にする(例えば、大企業の機密事項が何故か届いたり、軌上からのレーザーが迫りくる攻撃を撃ち払ったり等)。またあらゆる神業に対抗できる。
記憶を失っている場合、この神業は「軌上の第三者が影から助けてくれた」として処理される。

XVIII.マヤカシ(摩耶) the moon
読心術師や霊者。心理学者やセラピストなども含まれる。
のほぼすべてが精神戦における防御・回復を担当。攻撃性は低いが意識体=エニグマを操作できる。
神業  《守護ガーディアン)》
高次の意識体や潜在により、自身をダメージ等の不都合から守る。
他人を定することもできるが、その場合自分は死亡してしまい、神業でしか生できなくなる。

XIX.トーキー(投喜居) the sun太陽
報道員、マスコミ。もしくは企業の宣伝部、ゴシップ誌に写真を流すカメラマン等。何かを広めることを信条にしている。
やはりこれも社会戦がメインとなるスタイルリサーチフェイズで大きなを発揮する。
神業 《暴露(エクスポーズ)》
どんな状態でもどんな圧があっても、世界に対し自由になにかを報道もしくは情報漏洩できる。
任意の対に大きな社会ダメージを与えたり、逆に別の重大ニュースを暴露して社会ダメージを治したりできる。
またこの社会ダメージとそれによる追加効果神業でしか治せない。
《制裁》が法律によって相手を失墜させるのに対し、《暴露》は大衆によって社会全体から失墜させる。

XX.イヌ) the aeon審判
警察官など治安維持担当のを担うもの。もしくは企業の法務部など。正義を成すヒーローも含まれる。
例によってサポート中心の技が多いが、犯罪者を相手取ることが多い局面では捜権などでゴリ押しができる。
神業  《制裁(パニッシュ)》
法の裁きを与える。それにより、対に任意の社会ダメージID消失=市民権剥奪など)を与えるか、治療する。
暴露と違い制限に使えるわけではないが、犯罪者などには確実に効果を発揮する。

XXI.ニューロ(新生路) the universe世界
ハッカープログラマー、もしくはシステムエンジニア。高度に電化されたN◎VAでは立に通用するスタイルである。
情報端末であるトロンを操作する技の他、防御面で有用な技を持つ。
神業  《電デウス・エクス・マキナ)》
トロンや、トロンに接続された物を自在に操る。その結果、トロン電気機器にまつわることに限り、神業一発分程度のことができる。例えば短時間の停電により攻撃を失敗させる、高度なセキュリティによって守られたトロンを突破する、など。
またトロンやそれにまつわるものであるかぎり《全偽装》や《不可触》に対抗できる。

マイナスナンバー

アルカナで相当するものはい。ただし、それぞれ正の数のスタイルに対応するものとなっている。

-1.ヒルコ(蛭子) sugam eht (バサラに対応)
突然変異体。
神業  《突然変異(ミューテーション)》
見聞きした他の神業コピーする。ただし、コピーする神業が使われたシーンに登場している必要がある。

-2.クロガネ) ssetseirp eht (タタラに対応)
第五版より登場した新スタイル。自を持つ具。
神業 《万具(マスターピース)》
取得した〈フォルム〉によって効果が変化する。〈フォルム:ウェポン〉なら《死の舞踏》か《とどめの一撃》、〈フォルム:アーマー〉なら《難攻不落》など。

-7.アラシ) toirahc eht (カゼに対応)
戦車ロボットなどの兵器乗り。
神業 《突破(ブレイクスルー)》
乗り物で障を突破する。効果は変地異に近く、構造物や相手のロボットなどは破壊できるが、キャストゲストを直接死亡させることはできない。

-9.カゲムシャ(影武者) timreh eht (クロマクに対応)
その名の通り影武者
神業没(チェンジ)》
かと入れ替わっていた事に出来る。
つまり人が殺された後に没を使えば、そこで死んだのは影武者である『自分だったこと』にできる。また逆に自身が殺された後に没を使うことで、人に成り代わることも可

-18.アヤカシ(妖) noom eht (マヤカシに対応)
吸血鬼妖怪などの怪物。
神業散(ディスアペア)》
体をにするなどして、ダメージの一つを効にできる。さらに望めばそのシーンから退場、つまり生き残った状態で離脱できる。

システム

N◎VAはその他さまざまな新なシステムを採用しており、以後このシステムが他のTRPGに導入された例も少なくない。

判定方法

N◎VAの判定はトランプを用いる。
基本は値+トランプの数字で大きいほど良く、標値を上回れば成功できる。
手持ちの札は4枚で判定で使うごとに使ったカードを捨て、その分補充する。
当然、手札は自分で見ることができるので、判定に使うカード=判定の結果を事前に知ることができる。
そのため、他のキャストの見せ場や、手札がいまいちな時に「わざと失敗し、ついでに要らない手札を捨てる」ことができる。

シーン制

場面ごとに、シーンを区切り表舞台舞台裏を設定する。表舞台にいるキャストは表舞台で活動(NPCなどのロールプレイ)を行う。舞台裏にいるキャストは判定を行い情報を収集したり、適当な理由付けとスキル判定を行い、タイミングよく表舞台に登場することができる。

肉体ダメージ・精神ダメージ・社会戦ダメージ

N◎VAでは、一般的な体的ダメージ以外にも精ダメージ社会ダメージが存在する。
大きな精ダメージを受ければ廃人になるし、社会ダメージによって社会的に殺され表舞台に戻れなくなってしまうこともある。

キャラクターを使った肉弾戦以外にも、言葉や仕で敵を追い詰める「精神攻撃」や、権や暗躍によって社会的に敵を殺す社会攻撃」ができる。
特に社会戦は、「大企業と個人の闘い」「戦場英雄VS世論」など、一般のシステムではロールプレイ以外では表現が難しい社会的要素も表現できる。

関連動画

 

関連商品

関連項目

掲示板

  • 45ななしのよっしん

    2018/09/28(金) 00:18:58 ID: 9MxQ6cGNUa

    レボリューションの頃だが、≪プリーズ!≫でディスアピアを強制されたことがあった。
    が、登場判定の回数制限がルールに記載されていないことにより「まだだ!まだ終わってない!スネーク!」とかいいながら攻撃ヘリで再登場したのは今でも良い思い出だ。

  • 46ななしのよっしん

    2018/09/28(金) 00:28:33 ID: 9MxQ6cGNUa

    あ、ついでに補足しとくと↑はアラシアヤカシチャクラです。

  • 47ななしのよっしん

    2019/07/24(水) 23:44:35 ID: Hjq+9hUdTZ

    Dしかやったことないしルルブも持ち合わせてないけど
    アラシチャクラ攻撃ヘリってちょっと想像つかないな……

急上昇ワード

最終更新:2019/08/24(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/24(土) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP