今注目のニュース
テレビや雑誌でおなじみ、元祖「鮭キムチ」のくにをのキムチ新商品「くにをのキムチ 北海道産鮭キムチ」を発売
『Fate/Grand Order』クー・フーリン〔オルタ〕が圧倒的な造形でフィギュア化!禍々しいフォルムを忠実に再現!
「雑務減らして練習増やす」「社内メール使いません」――東大アメフト部とメルカリの「Slack」活用術

トータス藤岡単語

トータスフジオカ

掲示板をみる(57)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

 height=

トータス藤岡とは、ニコニコ動画レスリングシリーズにおける登場人物である。称は『トータス』。濃い顔に似合わない乙女系の振る舞いによってレスリングシリーズでも人気キャラクター

概要

トータス模写名前の由来は貌がトータス松本ウルフルズ)や藤岡弘、に似ているため。最近では独特の濃い顔と熱い視線の虜になる者も多く、高い人気を集めるキャラクターとなっている。

レスリングシリーズではガチムチパンツレスリング 屋上編exit_nicovideoで初登場。それまでのシリーズから一気に上級者向けにステップアップした内容であったため、哲学の修得に挫折する者が続出した。その後パンツレスリングの兄貴 シャワー編exit_nicovideoパンツレスリングの兄貴 小芝居編exit_nicovideoパンツレスリングの兄貴 説教編exit_nicovideoに登場。

レスリングシリーズキャラクターとしてはスピンオフ作品が発見されないキャラクターと言われていたが、後に『ダークリズン』や『古代エジプト編』などのスピンオフ作品が相次いで発見された。そのため本項では彼の登場作品『PLAYING WITH FIRE 2("火遊び")』について詳しく述べるのと同時に、これらのスピンオフ作品についても説明を述べる。

消防士編

新日暮里69消防署の新入り消防署員である彼だが、『超絶イケメンの上にゲイをカミングアウトしているため、他の隊員から何かとつっかかられたり嫌がらせをされたりしている(兄貴談)』。
これはおそらく、みんなのリーダーでありアイドルである兄貴の熱い視線を新入りの彼が一挙に集めているからだと思われ、「チーフ愛人気取りも大概にしておけよ」と釘を刺されている。
特にくりぃむしちゅー池田との仲は相当に険悪で、「火遊びしたら火傷するぜ」などと暴言を吐かれている。
しかし当の本人は「黙してらず」の姿勢を貫いており、それがますます他の署員の反感を買う原因ともなっていた。

なお、前述したように彼はゲイをカミングアウトしているせいで署員たちからちょっかいをかけられていた。しかしそのちょっとかいというのもブーツの中に靴下を入れられたり、わざと肩をぶつけられて絡まれたりする程度なので、厳密に言えばイジメというよりイジリであることも追記しておきたい。

もともとゲイだったという理由で様々な迫を受けたことが作中でめかされており、その経験がどこか一匹を気取る孤高の男としての彼を形作ったらしい(出てくるにことごとくゲイしかいないのでいまいち説得がない設定だが)。
そのせいか、兄貴デートに誘われた際、「やっと自分の居場所が見つかったような気がします」と漏らしている。

その後トータスは全を震撼させた連続放火事件、通称『ザーメン放火魔事件』の現場に赴いた際、中にいたザーメン放火(その正体は兄貴の弟のボーだった)ネタバレ注意)を要救助者だと思い救助しようとするも、逆に殴り倒され防火を奪われてしまう。その後、地獄の業火の中を覚ました彼は、あわや殉職一歩手前というところで兄貴の手によって炎の中から救い出された。

その後、満身創痍の体でタンカに乗せられながらも「必ず戻ってきますよ」と健気に笑いかけるトータス。二人が熱いキスを交わすのを見て、いままで彼を受け入れなかった署員たちも「どういうことなの……?」と驚きつつも、「仕方ないね!」と二人を祝福している。

男たちの性別をえたを描き切ったこの熱くまぶしいシーンは、レスリングシリーズの名シーンである。

『ダーク♂プリズン』『古代エジプト編』

後に発見されるこれら二つのスピンオフ作品では、いずれも今まで「レスリングシリーズ一の乙女キャラ」と言われていた彼のイメージ手にぶち壊すダーティな作品となっている。

古代エジプト編』において、彼はダークスーツ手な柄物のシャツを着込み、董屋の店であるアインシュタイン稲川を脅し上げて古代エジプト千年アイテムを強奪するヤクザ者の役で出演している。
元々かなりのガチムチな上に濃い顔をしているためか、彼がり上げる怒と言ったら視聴者々ですらキンタマが縮み上がるほどであった。

その後は体を乗っ取られ不良少年3人の精気性器を吸い取り、フェラオ(ダーク♂トータス)の生贄にされてしまった。

ダークリズン』で彼は、警防片手に囚人たちを苛める意地悪な看守の役で出演している。
その内、囚人たちが秘密裏に結託して反乱、あっという間に手足を拘束され、まで剥ぎ取られた彼は机に拘束され、ナウい息子を顔にペチペチと叩きつけられるなどされるがままになっていた。結局囚人たちは集団脱獄に成功、全裸轡を噛まされたまま放置されてしまう。

来歴

本名はSteve Cassidy(スティーヴ・キャシディ)、ロサンゼルスまれのアメリカポルノ俳優である。デビュー時はすでに30台半ばだったという遅咲きの俳優である。

なお、彼自身は実際にゲイである。アメリカゲイポルノ雑誌のインタビューでは「アイオワの小さな田舎町に21歳まで住んでいたが、自分はゲイプロテスタントであり(隣人のほとんどがカトリックだったらしい)、その上余所者だったから、子供時代は結構疎外感を味わうこともあった」とっている。その生い立ちはどこか作中のトータス藤岡としての彼に重なるところがある。

現在引退し、ハワイで彼氏と自給自足の生活を送っているそうである。彼がもう二度と疎外感を味合うことなく、彼氏と共に幸せな今を過ごしていることを信じたい。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/19(木) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/19(木) 00:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP