ドム・トロピカルテストタイプ単語

ドムトロピカルテストタイプ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ドム・トロピカルテストタイプ(YMS-09D DOM Tropical Test Type)とは

MSV」に登場するジオン公国軍局地戦MSである。

概要

本機はプロトタイプドム2号機を良されて製造された。アフリカにおいてもドムは高い戦果をたてて活躍していたが、砂漠などの高温下ではたびたび機体にトラブルが起こり充分にポテンシャルを発揮できずにいた。

そこで倉庫に眠っていたプロトタイプドム2号機を使用して熱帯戦用のドムの試作が始められ、ジオンで設計され、パーツキャリフォルニアベースで製造され完成したのが本機である。

に排熱量の強化が行われ、新たに頭頂部に排熱用パイプが設置されている。
背部と脛裏部の推進器は外に露出させることで排熱量の増加を狙っており、頭部の伝導ケーブルプロトタイプドムと同じ外部に取り付ける方式を採用、通信機強化のため、近距離通信用のアンテナが取り付けられた。

この機体の熱帯戦装備はオプション化されており、既に生産されているドムにも簡単な改造で装備できるように設計されている。本機のテストアリゾナスカラベ隊によって行なわれ、結果も良好だったためこの装備は量産されている。

この熱帯戦用装備を取り付けたドムMS-09Dと呼ばれ、本機であるトロピカルテストタイプYMS-9Dの形式番号が与えられた。

武器YMS-09のジャイアント・バズヒートサーベルのみ、プロトタイプドムベースなので胸部の拡散ビームはない。もっとも、そもそもドムの胸部ビームは低出故に撹乱・幻惑程度の使いしかかったわけだが……(映像作品でドムが活躍するカットに演出で使用されるくらい)。

余談だが戦後の資料でYMS-09Dは全てMS-09Dだとされ、YMS-09D自体は実戦に1度も投入されていないと言われている。
ただし近年の後付設定でこの機体と同機体のものが少数追加生産されたらしくMS-09Dの生産を待てずに既に整っていた本機を作ったと思われる。
しかしどう考えても最近現れたドムキャノンのための設定です、本当にありが(ry

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/27(水) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/27(水) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP