ドラえもん のび太と夢幻三剣士 単語

6件

ドラエモンノビタトムゲンサンケンシ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
1993年 1994年 1995年
のび太とブリキの迷宮 のび太と夢幻三剣士 のび太の創世日記

『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』とは、映画ドラえもんシリーズ第15作である。1994年3月12日開。同時上映は『ドラミちゃん ストローハット』、『ウメデンカ 宇宙の果てからパンパロパン!』。

エンディングテーマは『世界グー・チョキ・パー』、挿入歌『夢の人』。歌は両方とも武田鉄矢一座によるもの。

概要

あらすじ

カセットを入れることで好きなを見られるひみつ道具「気ままに見る機」。のび太ドラえもんに「夢幻三剣士」のカセットを買ってもらい、の中で伝説白銀剣士ノビタニヤンとして「妖霊大帝ドローム」との戦いに身を転じる。

ゲストキャラクター

妖霊大帝ドロー
ユミルの支配を論む妖霊軍団ボス。おどろおどろしい姿をしている。人間チリにしてしまう。
スパイドル将軍
ドロームの部下。六本の腕を持つ六流のクモの妖魔。
ジャンボ将軍
ドロームの部下。をはばたかせを飛ぶこともできるゾウの妖魔。
トリホー
ドロームの部下のはずである。のび太が夢幻三剣士を買うよう仕向けた。二十二世デパートステマ要員

謎の多い内容

夢世界の設定について、ご都合主義では説明のつかない点が散見される。

明らかに異様なのがトリホーで、のび太が「気ままに見る機」を起動するよりも前から現実世界に現れ、のび太たちに干渉している。
物語の原因はのび太ではなく、それより前に存在していることになる。

ラストシーン、やたら明るいエンディングテーマと共に、ありえない位置に建っている学校についても議論される。

この物語は仮想世界で起きた数日間の出来事でしかなく、大長編シリーズにしては小規模な話とも取れる。
だが一方で本当にただの世界だったのか?という疑問も残るのである。
このことについてはおそらく意図して説明が省かれており、視聴者に奇妙な印を残す。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
藤井聡太[単語]

提供: つくし

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/25(木) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/25(木) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP