今注目のニュース
『ストリートファイター』シリーズより神月かりんがBISHOUJOシリーズで立体化
ビットポイント、仮想通貨流出で緊急会見 「原因は調査中」 ホットウォレットの秘密鍵、窃取か
ヤラセレビュー見抜ける?「サクラチェッカー」話題 製作理由は、調査方法は、精度は...作者に聞く

ドラギュロス単語

ドラギュロス

掲示板をみる(54)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ドラギュロスとは、MHFに登場する飛竜モンスターである。
名前の由来はDragonギリシャ語kyrosの意)を合わせたものだろうか。
ドラ「ギュ(gyu)」ロスであってドラ「キュ(kyu)」ロスではないので注意。

概要

飛竜
ドラギュロス
別名
原種 冥雷竜
登場作品
モンスターハンターフロンティア
モンスターハンターのモンスターテンプレート

MHFシーズン8.5(2010/6/22)にて追加された、ベルキュロス亜種漢字表記は『冥雷竜』。
戦闘フィールド峡谷から山に変更されている。
アクラ・ジェビア同様に亜種でありながら名前自体が違い、下記の通りモンスターとしてもかなり差別化されている。そしてMHFでは亜種モンスター自体がこのドラギュロスを最後に登場していない(近縁種という形の登場はあるがいずれも名実ともに別モンスター)。

ベルキュロスから一転、要な攻撃は属性ではなく属性となりと呼ばれる属性を操る。どのようにして属性を身につけたのかは明らかにされていない。ベルキュロス同様、耐性を上げておくとダメージを大幅にカットできるため、耐性には気を配りたいところ。

シーズン4.0にてベルキュロス実装された際、その規格外の強さと強な攻撃に多くのプレイヤーがド肝を抜かれたが、亜種であるドラギュロスはそれをえるインパクトを引っ提げてハンターの前に立ちはだかった。
攻撃はベルキックによるドラキックであり着弾時に圧が発生する)を含めた幾つかを受け継いだがそれだけに留まらず、ベルより格段に手な攻撃がいくつも追加されており、追加された攻撃の中にはあの猛威を振るった原種のベルキックに並ぶものまである始末。それ以外の攻撃も苛になっているがフレーム回避できる技が多くベルキュロスとは全く違った形の戦闘となる。
厄介な攻撃は距離を離され往復が始まり易い滑と、頭より明らかに前に亜空間判定がある突進。
ついでに機械とまで言われたベルのメカっぽさが消えており、同ランククエストによる動きの変化もない。

原種と異なる点として、原種が基本中に居るのに対しドラギュロスは地上戦がメインとなった。また、睡眠や麻痺閃光玉が通じるようになった。特に閃光玉は効果時間こそ短いものの、苛な攻撃からの一時避難やホーミング性の高い突進を止める時に重宝する。ただし剛種以上は閃光玉が効になっているので注意したい。

2011年アンケート調によるモンスター人気ランキングにおいてベルキュロスに次ぐ2位を獲得とかなりの人気モンスターであるが、
2014年の同ランキングにおいても2位ベルキュロスは7位)と覇種抜甲斐もあって不動の人気を持つ。

MHF-G9.1(2016/3/23)でG級進出。難易度はベルの一つ上の6。
ベースが上位個体のため閃光玉が効くが、技は剛種が基準。
後述の双頭幻個体が使用していたレスが後方にも飛ぶほか、
電撃った鉤叩きつけて落を発生させるという追加技もある。

特異個体

MHFフォワード.2(2011/6/28)にて登場。

ベルキュロスの攻撃(中ブレス電撃噛み付き、尻尾振り)を使用するようになっている。
また、バックジャンプ交差宙返り浴びせ蹴りが追加されている。
剛種は地上で羽をバタバタする際に爆発する球を放出したり、中で両鉤を振る攻撃がを帯びたりする。

特異個体ということで圧と哮の威ワンランクアップしており、特に発生頻度が高い圧が圧になっているため、士は効を発動させておかないとまともに立ち回れない。一方で哮は頻度がとても低くいため、高級耳栓スキルの兼ね合いで切ることもできるが、組み込めるなら万が一に備えて組み込んでおいた方がいいだろう。
MHFSRハンターであれば剛種系防具を用いるなどして十分な火力を確保したまま高級耳栓効を付けるのは難しくない。

また、通常個体で厄介だった突進や滑の頻度が下がっており、特異個体らしく手強いが戦い易くなっている。

幻のドラギュロス

なお、このドラギュロスも剛種HCでは金獅子ラージャン参照)同様低確率で特殊な個体が存在する。通称幻のドラギュロス。
最初のうちは普通の剛種特異個体と同じ動きをする(常時怒り状態のためドラキック不使用かつ元気のみなもと使用不可なので判別は可)が一定ダメージを与えると討伐時のような倒れこみを行う。

そのまましばらくするとを帯電し始めて一気に大放電して立ち上がり、その後第二形態に移行。
常にうようになり、周囲の石が浮遊し出す(演出なのでどこぞの岩のような判定はい)。
更に動きがターボ化しいくつかの技を開放してくる。
ベルキュロスの3連ビームフォワード4までは薙ぎ払い)、滞3連帯電、滞3連キック(元のそれよりかなり速い)のほか、
8の字に旋回しドラキックを行う全新規技も備える。
このキック耐性に関わらず即死級だが、フレーム回避が可
なお旋回には圧とこかし判定があり、前者は煽られるととても危険なためスキルでの効化はほぼ必須、後者はそのおかげでキック本体を躱せることもある。

また、金獅子同様以下の特殊仕様がある。

これらを乗り越え見事討伐に成功すると「冥雷竜の昂鱗」という素材を入手できるが、これも金獅子同様討伐したであるだけで武具などでの要は一切されない。

後に他のシリーズでも見られ、MHFにおいてはアルガノスゴルガノス、極限征伐戦ミラボレアス、至征伐戦ディスフィロアなどに見られる復活系の走りとも言える(死んだふりならMHからあるが)。

正式登場にかなり先駆けてG級高難易度二頭クエストイベントである双頭襲撃戦の「の饗宴」というクエストに登場(が幻のドラギュロスであり、朱は金獅子)。
を地面に引っかけてのプレス攻撃に放電が追加されたが、閃光玉が効いたり怯みが有効だったりと弱体化してる面もある。

覇種

MHFフォワード5(2013/1/9)にて第4の覇種として襲来。
クエスト名は「」。フィールド樹海頂部となる。
幻のドラギュロスが覇種化したとも言えるを持つ。

ドラと異なり最初から常時怒り状態ではなく非怒り時は特異個体剛種ドラと変わらず、攻撃も剛種並みでそこまで高いわけではない。
だが怒り時になるとオーラい、F.4以前の薙ぎ払い仕様の3連ビームを始め幻ドラの技を使い出し、
従来のドラキック普通に撃ってくるほか、
怒り移行時にはそれよりも速い宙返りドラキックを繰り出し、
距離に膝崩れ判定がある哮からの3連サマーソルト
バックステップしながら鉤で岩を持ちあげビームで砕いて石礫を振らせる技が追加されている。
即死級となるのは一部の技のみにもかかわらずこの時点でも充分強いのだが、当然まだ先がある。

HP40%以下で死亡モーション後スパーク暴走、以後絶命まで常時怒り状態の覇種覚醒モードに移行。
が制御不可能となって漏れ出し、ドラギュロス自身の体をも焦がしつくした姿となる。
覇種の名に恥じぬ禍々しさとなり、攻撃が大幅に上昇し技も増える。
暴走の影の電も凄まじくもともと広範囲だった攻撃が更に広範囲に。
大技が多いが確定威嚇も多いため、めに各種攻撃を見切れるようになれることが特に重要なモンスターである。

3連ビームは極太になり正面ではほぼ被弾確定であり8の字キックは2回連続で繰り出すようになっている。
さらに覚醒状態限定の最大技として、
膝崩れ確定の哮を発しながら滞し、
前方に暴を起こし(打ち上げ) を落とす(こっちは吹っ飛び)。
距離が近いと暴を優先して喰らうが、この打ち上げは判定持続の垂直方向であるため、ドラの頭から前方だと落に当って根性貫通、となりやすい。

はかなり広範囲を攻撃し、ドラ正面近くに位置しているとバインドをかわしても落に当たるようになっている。
また、暴は後ろに対しても判定が大きく、ドラ尻尾より後ろでないと吹き飛ばされてしまう。
なお威嚇に確定生する覇種UNKNOWNとは違い、使用後は即次の行動に入るので追撃を受けないようにしたい。

攻撃ではないが第二形態になると謎の光点(己ので焼かれた鱗が舞っているという説がある)が数にが出て、の順番にが変わる。
これはドラギュロスの攻撃倍率の上昇度を表しており、攻撃倍率はが一番低く、が一番高い。
第二形態では同じ技に当たってもダメージが違うのはこの効果である。
ダメージを与え続けていればに戻すことも可である。

質や特異個体補正は剛種ドラギュロスのものを引き継いでいる。
さらに覇UNKNOWNや覇パリアとは異なり、本気モード中は・打ともに柔らかくなる。
HPは高いが元の質が柔らかいこともあってそこまでタフというわけではないが、
弾は全体的に質が悪化し変わっていないのは(弾20)ぐらい。
攻撃範囲の拡大もあり狙い撃ち、適応撃スキルしではガンナーは必然的に苦戦を強いられることになり討伐となるとかなりの火力・手数を要する。

覇種では幻ドラとは違い以外の状態異常も効くようになった。
麻痺は初期から耐性が高いが10と長いので視野に入れて良いだろう。
も一の足止めにしかならないが一応効く。

また、後にG級で採用された仕様の一部を持つ。
一つはよろめき耐性=耐性値×怯み回数で計算され、同一部位の怯みがどんどんし辛くなっていくこと。
このため剛ドラはよろめき耐性がHC化しても低く怯ませやすかったが、覇ドラはそうはいかない。
二つは、耐性の数値がプラスだった場合、その数値の半分として計算されること(G級では耐性に限らない)。

最初から一部、覇種形態ではかなりの頻度で即死攻撃を放ってくるため戦闘中の緊感は覇種随一。
いずれも攻撃範囲が大きく慣れないうちはポンポンったり根性発動したりするが、
出が速いものはフレーム回避可、判定が長いものは溜めがあるという傾向なので、
一つ一つの攻撃に対処して反撃というターン制要素が強い。
そのためMHFでも特に"戦い甲斐のある強さ"を備えるとして人気が高く、前述の2014年人気投票の結果に大きく貢献したのは間違いない。
どちらかというとフレーム回避可な攻撃が多いため、回避しつつ攻撃ができる太刀双剣などが有利と言えるだろう。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP