今注目のニュース
結婚年齢の引き上げ 7割が知らない⁉
「親知らずを4本抜いた時の俺」 ヤバすぎる腫れ方に30万人の腹筋が崩壊
管理職の4割が「本当は管理職になりたくなかった」――「部下の育成」「業務量の増加」に不安

ドラグノフ単語

ドラグノフ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(92)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ドラグノフとは、

  1. ロシアウクライナなどで使用される苗字キリル文字表記ではДрагунов、ラテンアルファベット表記ではDragunov。ロシア語では「ドラグーノフ」とやや伸ばして発音されるようだ。男性の場合の苗字であり、女性の場合はДрагунова(ドラグーノワ)となる。
  2. 旧ソ連で開発されたセミオート狙撃銃の通称。開発者の苗字に由来する。
  3. ゲーム鉄拳シリーズに登場するキャラクターセルゲイ・ドラグノフのこと (当該記事を参照)

ここでは2.について記載する。

ドラグノフ狙撃銃

諸元
全長 1220mm
身長 687mm
重量 4300g
装弾数 10+1発
使用弾薬 7.62mm×54R
ライフリング 4条右回り

エフゲニー・F・ドラグノフ氏が設計し1963年に旧ソビエト軍に制式採用された。
制式名(英表記)SVDSnayperskaya Vintovka Dragunova)は「ドラグノフ式セミオートマチックスナイパーライフル」を意味する。

作動方式は発射ガスの一部を作動に利用するガスペレーションで、閉鎖方式はオーソドックスなロータリーボルトロッキングシステムを使用している。使用弾薬は東側としては一般的な7.62mm×54Rを使用する。付属のPSO-1スコープは固定倍率4倍で、ターゲット身長から大まかな距離を測定する簡単なレンジファインダー赤外線点を検出する機が装備されている。
重量は前線で歩兵が運用することを前提としており、他の軍用狙撃銃べ非常に軽く、持ち運びに便利な設計となっている。ただしこれは欠点でもあり、軽いため射撃時の反動を吸収できず制御が難しいとされる。

現在でも良が加えられながら製造されている。

余談ではあるが、外見が非常に似ているが内部構造が異なるもの(似て非なるもの)に「ルーマニアロムテクニカFPKスナイパーライフル」というものがある。

開発・運用

アメリカをはじめとした西側諸308弾を正式採用したことを受けて、「分隊に一丁の割合で配備し、他の軽機関銃アサルトライフルの命中精度と交戦距離を補う」という思想のもと設計された。少なくとも、最初のうちは
やがて、308弾は反動がキツくアサルトライフルには向かない弾であることが判明。さらに、ドラグノフがなくても、AK47と重火器を組み合わせることで十分対応可であると分かる。
開発計画の意義は失われ、ソ連軍のドラグノフへの関心は全に消え去り、計画は中止される……はずだった。

しかし、開発計画は、コンセプト不在のまま、現場の執念と官僚義の惰性により続行される。
後付けでひねり出した開発標は「老朽化したモシン・ナガン1891/30を退役させるから、代替品という実に官僚的なもので、具体的な運用法なぞ考慮の外。そんなお役所的動機から出てきた要仕様は、とにかくモシン・ナガンを上回ること」モシン・ナガンボルトアクションだからセミオートで、モシン・ナガンが固定式5発弾倉だから着脱式10発弾倉で、モシン・ナガンより精度が良く、射程が長く、軽く、そして既存の7.62mm×54R弾を使う、というものであった。

適当極まりない要仕様のもと、射程距離を稼ぐため身を長くせざるをえず、軽量化のために身を薄くせざるをえず、リム付き弾薬に苦しめられた挙句、出来上がったのは長くて取り回しの悪い、長距離精密射撃にも連射にも向かないであった。ただ、前述のスコープのレンジファインダーだけが、要仕様どおり1,000m以上まで対応している。

採用しておきながら当局も扱いに困ったらしく、当初はごく一部の独立狙撃班や山岳部隊のみの配備とみられ、60年代70年代を通してソ連恒例「の広場の軍事パレード」に登場することも希であった。そもそも、ソ連戦闘教義では戦車で、歩兵戦車の露払いでしかない。まず戦車についていくために、狭い兵員輸送に載せることが優先される。さらに火も充実していて、AK47の射程外は重火器で埋めるのがソ連流である。兵員輸送に載せにくく、AK47の弾が使えない狙撃銃なぞ、邪魔でしかなかったのだ。

そんなイマイチ影の薄い武器だったが、アフガニスタン侵攻で脚を浴びることとなる。
アフガンは、戦車や重火器が運用しにくい山岳地帯が土の大半を占める。そんな地理的制限の中で、長距離精密射撃をとして独立運用される狙撃班ではなく、通常の歩兵部隊の中で選抜された射手に持たせる簡易的な狙撃銃マークスマン・ライフルとして運用され活躍した。 [1]
ただし、の薄い身は熱容量が少なく、容易にエロジョン(熱ダレ、焼き鈍し)を起こすため、そういった運用法でも注意が必要である。

ちなみに、長距離精密射撃用としては、ボルトアクション式のSV-98が採用されている。ドラグノフとはまったく異なる、新設計のである。

関連動画

MMDモデル

関連静画

関連立体

関連項目

脚注

  1. *翻って、戦争自体は大負けに負けた。侵攻しておいて、狙撃のような防御行動が重視される時点で負けの始めである。

掲示板

  • 90ななしのよっしん

    2019/12/17(火) 20:01:19 ID: jxpwnc9ihw

    >>84
    第二次大戦前頃の自動小銃化は狙撃銃(マークスマンライフル的な火力支援用)から、という各の方針は的外れもいいところだったのだろうか。

    シモ・ヘイヘレベルの連射しても当てられる射手を前提にしてしまったか。

  • 91ななしのよっしん

    2020/01/01(水) 15:08:08 ID: pYoqPwqw24

    >>85
    それな
    みんな映画とかアニメに影されすぎ
    人質を取ってる立てこもり犯とかでもない限り、一発で仕留める必要なんて全くない
    メリットがあるとしたら周りに「凄腕だぁ~」とチヤホヤされるぐらい
    ライフル弾なら体のどこにでも一発命中させときゃそのうち出血死する
    都市部での特殊作戦ならともかく、敵も味方もお互い戦闘行為をするつもりで来た戦争の前線ならドラグノフはまさに適しているよ

  • 92ななしのよっしん

    2020/01/01(水) 15:12:06 ID: 1x3gG07MaA

    全く適してない
    事実だけを並べるならばただの失敗作の駄だよ、信者には悪いけど

急上昇ワード

最終更新:2020/01/29(水) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/29(水) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP