今注目のニュース
「また、いない、、、」 緒方恵美、「エヴァンゲリオンと日本刀展」イラストにシンジの姿なく涙
モテるオヤジの共通点は〇〇だ
犯人はクマ!?玄関先の荷物を子グマが盗んでいく様子が監視カメラ映像にとらえられる(アメリカ)

ドラゴンボール超単語

ドラゴンボールスーパー

掲示板をみる(1.5万)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

ドラゴンボール超スーパー)』とは、鳥山明漫画ドラゴンボール』を原作とするテレビアニメである。
アニメドラゴンボール改』の後番組。

2015年7月5日から2018年3月25日までフジテレビ系列9時より放送された。

概要

ドラゴンボールGT』以来18年ぶりの、本当の意味での全新作テレビアニメ
孫悟空魔人ブウとの壮絶な戦いを終えて平和を取り戻した地球舞台で、ストーリーキャラクター原案は原作者の鳥山明が担当する。制作東映アニメーション

時系列としては、原作魔人ブウ戦終結(其之五十七)と、エピローグとなる10年後(其之五十八)(『ドラゴンボールZ』の第288話と第289話、『』の第157話と第158話)の間の時期。

当初は同じ時期を描いた劇場版ドラゴンボールZ 神と神』と劇場版ドラゴンボールZ 復活の「F」』をテレビ版にアレンジしたようなことをやっていたが、この2編が終わって以降は全くのオリジナル展開となる。
またこれら映画2作は原作の続きというイメージが強く、旧アニメ版からのオリジナル要素は排除されていたが、『』ではグレゴリーの存在など一部反映している(全部ではない)。

Vジャンプ』では原作鳥山明漫画・とよたろう漫画版『ドラゴンボール超』を連載しているが、テレビアニメ版とはストーリーに少々違いがある。こちらは鳥山が直接内容をチェックしている。内容は当初漫画版のほうが先行していたため、アニメの描写で参考にされた部分もあるとのこと。

明確な「原作」は存在しない。終盤に開されたアニメスタッフインタビューによると最初に鳥山明の原案があり、そこにアニメスタッフ鳥山も協議してストーリーキャラクターを作っていくという体制のようだ。キャラクターにも鳥山だけではなく、東映漫画作者のとよたろうも参加している。
またアニメにも登場したベジットはとよたろうの案であるとのことで、漫画の執筆にあたってアニメ版のストーリーを伝えられているだけでなく、直接関わっている部分もあるようだ。
すなわちアニメ漫画、どちらも鳥山明の原案から鳥山自身を含むスタッフ一同でアレンジされたものであり、ふたつの『ドラゴンボール超』はいずれも全な意味での原作ではないし、どちらもが正しく原作であるともいえる。

2018年12月14日には映画ドラゴンボール超 ブロリー」が上映される予定となっている[1]

主な章

破壊神ビルス 第1話-第18話
フリーザ復活編 第19話-第27話
破壊神シャンパ 28話-第41
未来トランクス 第47話-第67
宇宙サバイバル 77話-第131

破壊神ビルス編(神と神編)フリーザ復活編(復活の「F」編)は、先の映画の焼き直しなのだが、話数に対する内容の少なさによる引き延ばしがひどく、このシリーズの評判はかなり悪い。あんまりな内容に某ドラゴンボール芸人ですら苦言を呈していた。ほぼオリジナルの第1話,第2話を始め変更点もかなり多く、この後の悟飯の再起への伏線もあるため、まったく見る価値がないわけではないが…

このシリーズ終了後に全新作の破壊神シャンパ編(第6宇宙編)以降のストーリーが展開される。ここからアニメ『ドラゴンボール超』は大きく評価を回復していく。

破壊神シャンパ編

第6宇宙破壊神シャンパが探していた巨大な超ドラゴンボールをめぐり、第7宇宙第6宇宙での格闘試合を行う。後の展開に続く重要なキャラクターも登場した。

未来トランクス編

かつてセルと戦った未来トランクス世界は、の敵ゴクウブラックにより危機を迎えていた。再びタイムマシンで現れたトランクスに、悟空ベジータが協し、ゴクウブラックの正体を探りながら過去未来を行き来し、戦うことになる。

終盤からはドラゴンボール改魔人ブウ編で使われていたBGMが復活した。

宇宙サバイバル編

1年以上続いた最長シリーズ。8つの宇宙の存亡を賭けた格闘試合「力の大会」が開催される。敗北した宇宙は消滅する。各宇宙10人の代表を選んでのバトルロイヤルに、第7宇宙からはこれまで共闘したことのない人造人間17号が参戦、そして地獄にいたフリーザも加入する。当初はブウが代表メンバーとして事前開されていたが、急遽フリーザに交代するというギミックが用意された。

95話までが前戦の「全覧試合」とチームメンバー集めで、その後は48分の試合を最終話までの30話以上かける時の乱れた構成となっている。
このシリーズ悟空の最大のライバルとなるのは第11宇宙最強戦士ジレン悟空も新たな身勝手の極意」を体得に至る。アニメ版はここで終わる。


このほか、アニメ版のエピソード間には悟空が「遅発性乱気症」にかかる話、「」を巡る攻防、ヤムチャ野球回など短編シリーズが挟まっている。

銀河パトロール囚人編

力の大会ブロリーとの対決が終わった後のエピソード悟空ベジータは変わらず修行を続けていたが、突如銀河トロール魔人ブウを連れ去られ、悟空ベジータ銀河トロール隊員のメルスに隙を突かれ、銀河トロールに連れていかれる。悪犯の「喰いのモロ」が銀河刑務所から逃走し、再び捕らえるために魔人ブウの中に眠っている大界王神を必須としていた。悟空ベジータモロを捕らえるために銀河トロールに一時入団することになる。

登場人物

神と神』『復活のF』で登場したキャラクターは、新たに初登場からやり直しとなっている。
『Z』からのオリジナルキャラクターも一部登場するが、Z時代の劇場版オリジナルキャラクターは登場しない。『神と神』ではターブルの存在が言及されていたが、『』では言及がなくなった。

鳥山明の短期集中連載『銀河パトロール ジャコ』の内容が『復活の「F」』同様本作でも反映されており、ジャコだけでなくタイツも登場。回想シーンという形ながら同作の時代の話も描かれた。

第43話で『Dr.スランプ』から則巻アラレが登場。69話では『Dr.スランプ』の登場人物が多数登場した。

『ドラゴンボールGT』との関係

原作最終話よりも後の『GT』だが、「魔人ブウとの最終決戦終結から最終話までの10年間」を描くオリジナルストーリーで新作としてスタッフテレビ局スポンサーらは意見を出していたらしい。
しかし、原作者・鳥山明週刊少年ジャンプ編集部との打ち合わせの中でも出た意見を踏まえ、「原作最終話のその後」を描くという方向性へシフトした。[2]

この当初の案は劇場版神と神』以降のシリーズと結果的に同じ時期になっている(2008年の『ドラゴンボール オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』も同じ時期であるが)。当時の企画が戻ってきたのが『』だと考えることもできる。

神と神』の時点でもピラフ一味のせいで『GT』との整合性はかなり怪しかったが、『』でもそのあたりの整合性を取る変更はされていない。公式にパラレル関係にあると明言されてもいないが、ゲームなどで明確にパラレル扱いする雰囲気が強まっている。
それ以前に、パンの誕生後5年以内のはずの原作最終話との整合性も怪しいという意見も少なからずある。『』はアニメオリジナル描写を反映しながら、地獄の描写などアニメオリジナルと違う箇所もあり、厳密に言うならアニメ版とも原作とも全には合致しない独自の世界になっていると言える。

関連動画

関連商品

コミック

DVD

関連項目

公式サイト

  1. ドラゴンボール超 東映アニメーションexit
  2. ドラゴンボール超 フジテレビexit
  3. 「ドラゴンボール超」公式(@DB_super2015) Twitterexit

ドラゴンボール超
2015年7月 - 2018年3月
フジテレビ系列地上波 日曜9:00
前番組 後番組
ドラゴンボール改第2期
魔人ブウ
ゲゲゲの鬼太郎
(第6作)

脚注

  1. *映画「ドラゴンボール超」特報完成 “とっておきの強敵”との戦いがはじまるexit
  2. *「あのころのGT プロデューサー森下孝三インタビュー」『ドラゴンボールGT DVD-BOX特製ブックレットDragonbook』、44-49

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP