今注目のニュース
ママと工作中“のりしろ”を乱暴な命令形と勘違いする娘がかわいい漫画 「うちも同じ」
艶やかな黒髪をなびかせて――『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 雪ノ下雪乃 -白無垢- 1/7 スケールフィギュア』が「F:NEX」より登場
「1000円カットは身なりがどうでもいい人が行くもの」発言に反発の声相次ぐ 柴田阿弥は美容院への苦手意識を告白「コミュ力いるし疲れる」

ドロチラ単語

ドロチラ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ドロチラとは、ドロワーズがチラリと見える様子をす言葉である。パンチラから生したものであると思われる。

概要

ドロチラの一例スカート等の衣類から、その下に着用したドロワーズの一部が見えることをす。

生元であるパンチラで見えるとされるパンティーとは違い、ドロワーズは元来裾を見せることを前提として開発された下着であるため、本来の用途を満たした上で起こり得る状況であり、希少性はそれほど高くなく、タグキーワード検索結果にかからない動画においても多く見ることができる。

ドロワーズ自体が一部を除き、あまり一般的ではないなどの理由により、パンチラぱんつはいてないべてあまり重されていない印のあるドロチラであるが、ドロチラにはパンチラパンツはいてないに負けない魅無限の可能性があることを知って頂くため、ここから先はその魅について代表的なものについて挙げていくこととする。

1.ドロチラの可愛らしさとしての魅力

ドロワーズは本来の下につける装飾品であったという歴史を持つため、その装飾性は非常に高く、裾にフリルリボンなどをあしらった見せることを前提としているデザインのものも多く存在するほどである。

また、現在ドロワーズロリータファッション女性に好まれる傾向があり、その印からか幼い少女を彷彿とさせるロマンティックな雰囲気を持つ下着であるという認識も強い。

これらの事柄から、女性の可らしさを強調する装飾品としてドロチラが用いられることは多く、下着でありながら装飾品でもあるというドロワーズ特性を最大限に生かした結果、生み出された魅であるといえる。

また、このような魅を感じさせる画像や動画では、幼い少女がドロチラをしている場合が非常に多い。これは幼い少女の場合、ペチコートの重ね履きが必要な奢なドレス等の着用が不自然になるため、装飾品が不足しがちになり、それを補う意味でチラリと見えるドロワーズを装飾品として扱うことでより可らしく見せるという理由があるのかもしれないし、単にょぅι゛ょが好きなだけかもしれない。このロリコンどもめ!

2.ドロチラの紳士的な魅力

ドロワーズが“見せることが前提”の下着であるということは何度か述べているが、見せることが前提の下着であるのならば、そこにエロスを感じることはいように思える。事実ドロワーズは布面積も多い下着であり、肌の露出などは現在下着べてかなり少ない。

しかしドロワーズというものをしっかりとを理解した上で、大半のドロチラが裾の部分が見えているものであるということを考えると、この概念を大きく変えることになる。

一般的な女性下着べて清楚イメージのあるドロワーズであるが、開発された当初のドロワーズ股間の部分が縫い合わされていないという非常に紳士的なデザインであった。経緯については大百科よりドロワーズの項を参照していただきたいのだが、「数センチめくるだけで、その先に楽園が広がっている」という、楽園への最短距離であるともいえるその構造は現代のどんな下着よりも防備であるといえるものであり、そこには確かなエロスが存在する。

そこで思い出していただきたいのが、大半のドロチラは「裾の部分がチラリと見える」ものだということである。つまり、旧であれば大きく開いているであろう部分が確認できないのである。確認ができないということは、そのどちらであるかを知る術はく、「もしかしたら旧ドロワを履いていて…」という期待を持ち続けることができるのである。

この魅ぱんつはいてないに通ずるものがあり、直接的に見えるよりも妄想することを良しとする紳士からドロチラが支持される大きな要因の一つとなっていると考えられる。また、その域に達していない紳士は、新ドロワーズであれば物理的に通すことのできないであろう尻尾を、スカートの下から生やしたキャラクターなどがドロチラをした時などにこの項を思い出して頂ければ幸いである。

3.ドロチラが見ることができるという魅力

希少性こそが価値につながるという考えも存在するが、容易に楽しめるというのもドロチラの魅の一つである。

ドロワーズの丈は様々なものが存在するが、他の下着べて非常に長くなっていることが大半であるため、スカートの丈やペチコートの有などに影を受けるものの、ドロチラの発生頻度というのは非常に高い。

昨今では紳士的需要を満たすために人工的に作られた質の悪い養殖パンチラが多く出回っているため、頻度の面だけで考えるのならばそちらが同程度か、もしくは上になるのであるが、高い発生頻度を保ちながらにして自然な状態のものを楽しめるというのはドロチラならではの魅であり、そこには大きな差があるといえる。

最後に

ドロチラの魅について、3つの代表的な項に沿って触れてきたが、ドロチラの魅はたった3つ程度の項で書き示せる程度のものではなく、ここで紹介した魅はドロチラの魅のほんの一部にすぎない。ここから先は諸君ら自らの手でドロチラの魅追求して頂ければ幸いである。

見る者によって清楚にも妖艶にもなるドロチラには無限の可能性があるのだから。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 13名も無き人

    2014/04/01(火) 16:42:21 ID: 6lv4BONDZ7

    この記事の>>ドロチラが見ることができるという魅 に前面同意だわ。
    不自然で人工的なパンチラに呆れてドロワーズに魅を見出したのってだけじゃないんだな。
    生地とはいいが飲めそうだ。まだ未成年だけど

  • 14ななしのよっしん

    2015/04/25(土) 19:57:32 ID: 4QX5lnCUJw

    ものすごく知的で紳士的でエロスな記事だなぁ

  • 15ななしのよっしん

    2016/06/11(土) 05:25:50 ID: 6ogZBZzj4p

    「質の悪い養殖パンチラ」って表現にワロタ

急上昇ワード

最終更新:2020/01/21(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/21(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP