今注目のニュース
青森に存在する「りんごまるかじり条例」 どんな内容なの?地元に聞いてみた
コメダ珈琲店に「ハムカツバーガー」新登場、肉厚で柔らかいハムに濃厚トマトソース
20年研いでいない包丁を切れ味バツグンの包丁に復活させる! 砥石でピッカピカになるまで磨き上げる根気に脱帽

ドン・サウザンド単語

ドンサウザンド

掲示板をみる(582)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ドン・サウザンドとは、アニメ遊戯王ZEXAL」の登場人物である。

概要

遊戯王ZEXALより登場した、バリアン世界に封印されていたドン
CV壤晴彦宮本充変身後)。

バリアン世界としてバリアン世界に存在していたが、数千年前の太古の時代、アストラルとの戦いに敗れバリアン世界へ封印されていたという。
その後長きにわたって伝説としてられていたが、「遊戯王ZEXAL101話にて遊馬に敗れ復讐に燃えるベクターが、バリアン世界真紅に染まった「悪意」の底にて眠りについていたドン・サウザンドをめさせたことで、視聴者の間にもバリアン界の大ボスとしての存在が明らかとなる。
ベクターの命を代償に長い眠りからったサウザンドは、ベクターの精内に宿り彼のボロボロになった体を全回復するとベクターの内なるとして一体化を果たし、ベクターほかバリアン七皇達に「自らを全にめさせる鍵」として、遊馬たちの世界に存在する「7つの伝説ドラゴンボールナンバーズ」を回収するよう命じるのだった。

ストーリー展開が遺跡巡りという名の伝説ナンバーズ争奪戦の様相を成してきた頃は、アストラルもかつて封印したドン・サウザンドが覚めた事実を知らなかった(いはドン・サウザンドの記憶自体が抜け落ちていた可性も高いが)。
また同様に、OP&EDが新しくなった第5期アニメではEDアニメラストシーン辺りで、ドン・サウザンドのの姿と推測されるシルエットが登場している。かつてのDr.フェイカーと同じく両腕を広げるポージングが印的だが、これはもはやラスボス恒例のものなのだろうか。

やがて遺跡のナンバーズ回収が一通り決着し、バリアン世界の頂にある玉座へベクターを導くと、遊馬アストラル敗北したNo.96ベクターの身体を介して吸収するが、この際サウザンドにも記憶がる描写が見られた。アストラルと同じくドン・サウザンドの記憶でもあるらしい。
そして玉座へやって来たベクターの身柄を触手プレイ拘束すると、ハエとなったMr.ハートランドにさらなるカードを与え遊馬の元へ差し向ける。
ベクターに対して「お前がかつて、ナッシュメラグを殺した」と述べているようにベクターバリアン七皇についても様々な事を知っている事が伺え、本格的に黒幕としての格が現われてきている。
また、バリアン七皇達が持つ「オーバーハンドレッドナンバーズ100え)」を作り上げ、アリトをはじめとする人間時代の七皇達にこれらのカードを怒りと憎しみに満ちた偽りの記憶として与える事で、彼らが死後バリアン世界へと転生するよう仕向けていた。自身がアストラルに倒され封印された後、やがてベクターが自らの命を代償に自分を復活させるのも予見していたのかもしれない。

その後遊馬たちがMr.ハートランド撃破を通じてアストラルがドン・サウザンドの影を感じ取った事と時を同じくして、ナッシュメラグバリアン世界へ帰還を果たしたことでバリアン世界からの侵略が本格的に始まると、ベクターを通じてバリアン七皇を操り人間世界への侵攻を開始する。この際、高みの見物のみで何もしないベクターに対して詰め寄るギラグアリトベクターの呼び掛けに応じて洗脳した。
アストラルもまたドン・サウザンドが復活した事を知った事で、バリアン七皇の裏で糸を引いているのがドン・サウザンドである事を突き止めると彼を倒してバリアン七皇との戦いを止めるべく遊馬と共にバリアン世界へ趣こうとする。しかしそこへ洗脳されドン・サウザンドの手先と化したアリトが行く手を阻み、同時にアリトとの戦いの最中ついにドン・サウザンドの幻影が姿を見せた。(最初の登場から、主人公達の前に顔見せするまでおよそ半年以上である。)
こうして、ドン・サウザンドのを初めての前で見せられた遊馬アストラルは、めてドン・サウザンドを倒そうと決意を新たにするが・・・

そしてバリアン世界との決戦の最終局面、遊馬に対するアストラルのようにドン・サウザンドはベクターの影となって彼にを与えデュエルサポートしつつ操り、ナッシュミザエルを除く他のバリアン七皇を次々に吸収させていくが、決戦の末ナッシュベクターデュエルで破ると案の定「お前はもう用済みだ」とベクターを取り込んだ事で長デュエルマッスル、もといなる姿へと変身を遂げた。イメージ的には々しくなった佐藤先生みたいな感じだ。
どうやらベクターほかバリアン七皇達を作り上げた意も、結局は復活を果たした後自身のの糧とするために過ぎなかったようで、その圧倒的なバリアン世界遊馬たちの住む地上世界ネットワークで繋げてしまい、さらに自身が新たなバリアン世界の礎となると宣言。その後カイトとの決着をつけバリアン世界へ戻ってきたミザエルデュエルを行うも、なんとデッキからカードを発動し相手のカードを任意のカード自由に書き換えるという究極のチート(もといチートカード)をもってミザエルが手も足も出ない程に簡単に倒してしまう。
(ただし、書き換え先のカードは相手のデッキの中のカードに限定されている。つまり、ミザエルは自分でデッキに入れたカードで倒された。)
まさに世界の運命すら御するをもってミザエルまでも取り込んだドン・サウザンドは、バリアン七皇最後の1人たるナッシュを取り込んでアストラル世界を滅ぼすという方法を残しながら、「両者が受けたダメージがそのままアストラル世界へ降り注ぐ」というトンデモルールを設定し、遊馬ナッシュの2人と3つの世界を賭けた最終決戦を開始する。

余談

視聴者の間では、七皇への干渉があまりに何でもアリだった上に、先述のカード書き換えがトドメとなり、遊戯王界では何かあったらすぐドン・サウザンドのせいにされたりするようになった。
そして、絶対に許さないと作中でも何度か言われたことがトドメになり、絶対に許さない扱いされるようになってしまった。ニコニコ動画でもその傾向が見られる。
絶対に許さねえ! ドン・サウザンドオオオオオオ!!」

今更ではあるが、名前の「サウザンド(thousand)」とは、英語で『1000』を意味する言葉である。
そのためか、一部の視聴者の間では「4桁ナンバーズが出現するフラグか?」とも言われていた。
だが、実際に出てきたのはナンバーズどころかカオスナンバーズであり、その上位種「カオスマジナリー・ナンバーズ」までも出してきた。恐ろしい。

余談だが、担当声優壤晴彦宮本充は、ディズニー映画「The Lion King」の日本語吹替版にてそれぞれスカー・シンバ役で共演しており、両キャラクターとも作品の舞台となるプライドランドにて王として君臨している(スカーは一時的ではあるが)。

ちなみに胸にある紋章は設定資料によれば「バリアンシール」と呼ばれるものらしく、バリアン七皇を取り込む事で七つ部分がそれぞれ七皇と同じ色のを放つ。
ナッシュを取り込む事が出来なかった為に全な状態にはなれなかったが、それを差し引いても脅威であった事は言うまでもない。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP