ドーパミン単語

ドーパミン

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
医学記事 ニコニコ大百科:医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

ドーパミン(Dopamine)またはドパミンとは、中枢神経系の神経伝達物質である。先発医薬品名はイノバン®

概要

有機化合物
ドーパミン
ドーパミン
基本情報
英名 Dopamine
略称 DA
化学 C8H11NO2
分子量 153.18
化合物テンプレート

ドーパミンは、カテコールアミンやフェネチルアミンの一種である。アミノ酸チロシン化によって合成されたドーパが、神経細胞原形質に存在する酵素によって脱炭酸されて生ずる。ドーパミンのβ位の炭素化されるとノルアドレナリン、さらにN-メチル化されるとアドレナリンになる。また、ドーパミンは代謝によってホモバニリンになる。

ドーパミンの作用は、運動の調節、認知機の調節、動機づけ、快楽など多岐にわたる。の機を活発化させ、快感を生み出し、意欲的な活動を実現する重要な物質と言える。

ドーパミン神経系の神経細胞の減少などによってドーパミンの働きが十分でなくなると、いくつかの問題が現れる。運動の調節が上手くできず、体が竦んだり手や足が震えたりする。運動そのものができなくなることもある。また、記憶が低下し、注意も散漫になり反応が鈍くなる。意欲を失い、人と関わろうとしなくなる場合もある。逆にドーパミンが過剰になっても問題があり、幻覚視や幻聴など)があらわれたり、突然恥ずかしいことをしたり、つじつまの合わないことを口走ったり、暴力的な言動をしたりする。ドーパミンによる快感をめて過食やさまざまな依存症をきたすケースや、同じ行動を反復する強迫症状があらわれるケースもある。

ドーパミンに関わる物として、コカインメタンフェタミンなどの精がある。これらはドーパミン神経系にあるドーパミントランスポーターを標的としており、投与すると神経シナプス間隙のドーパミン量を著しく上昇させ、神経を過剰に奮させる。依存性があり濫用や犯罪に繋がりやすいため、麻薬取締法覚醒剤取締法において麻薬覚醒剤定され、その生産・流通・施用が厳しく規制されている。詳しくは各法令の記事を参照。

関連動画

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/05(火) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/05(火) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP