ドーピング単語

ドーピング

  • 1
  • 0
掲示板をみる(58)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ドーピング(doping)とは、物(ドープ)を投与する事である。に精体強化することをす場合が多い。

概要

ドーピングとは物(ドープ)を用して、精体的強化を施すことをす場合多い。
日本では、スポーツなど分野を問わずに反則行為として認知されている。

「ドープ(dope)」とは、日本語では「クスリ(麻薬)」の意味で訳される事が多い単であるが、「麻酔」及び「(競走馬などに投与する)奮剤」、またはそれらから転じて「マヌケ、ばか者」といった用法も存在する。
また「麻薬」「覚せい剤」「ドラッグ」とも言われるが、「ドープ」には、覚せい剤の他に合法な「クスリ」の意味もあるので微妙に使い分けがされている。(例:筋肉増強剤、奮剤など)
また、アメリカ合衆国スラングでは「コカ・コーラ」の事も「ドープ」と呼ぶ場合がある。また、海外では睡眠薬を飲むこともドーピングと呼ばれることがある。

ゲームDevil May Cry 3」では最もランクの低いコンボランクの名前に『Dope!』というランクが存在するのだが、こちらについては先述の説明通り「マヌケ、ばか者」というニュアンスで用いられている。

検査方法

ドーピングの検尿で行われるのが普通である。
官が抜き打ちでやってきて、選手は検官の前で検尿を行い、尿を提出する。 

官の前で不正をする人間はいない…と思われがちだが、こっそり人工の性器を使って他人の尿を提出する輩もいるので油断できない

近年では各種ホルモンや遺伝子ドーピングなどドーピングの手段が多様化しているのに対し、検方法が尿と血液検ぐらいしか行われず、ドーピングの多様化に対処しきれていないことが問題になっている。
特に医者や研究者などのプロが絡むと、確実に各検を突いてくるので、どのようにしてドーピングを見抜くかが課題になる。医者には患者の情報の守秘義務が法律で定められているので、守秘義務のない研究者もしくは選手自身を締め上げてドーピングの情報を引き出す方法が今後は流になるかもしれない。 

世界のドーピング

ドーピングは日常生活に関係いと思われがちだが、々は普通にドーピングをして生活していたりする。
例えばコーヒーを飲んでカフェインを摂取することも実はドーピングだったりする。

日本ではドーピングの習慣があまりなく、違反者がニュースなどで取り上げられることも少ない。
これは『に対する強い抵抗感』が世間にあるせいだと考えられており、世界の中では違反者が非常に少ない方である。ただし少なからず人間もいて、発覚した時に大騒ぎになることもある。 

一方で欧などではドーピングの習慣が普通にある。
日本人べてに対する抵抗が低く、気軽に奮剤や筋肉増強剤などを摂取している。
このためドーピングに対する抵抗感が低いせいで、違反者が後を絶たないことが様々なで問題になっている。

スポーツ界のドーピング

スポーツオリンピック)などの分野では正な試合を重んじるため、ドーピングは反則行為として厳しく取り締まられている。また、合法のでも用を繰り返すと副作用など心身ともに異常をきたす場合があるので医学的の以外の用は細心の注意が必要である。
ちなみにドーピングが近代になって始まったものかというとそうでもなく、元は古代ローマ時代において戦車を牽引させてレースを行う戦車競争の頃から存在したという。相手の物を投与して実を発揮できなくしたり、自身のアルコールを発酵させたものを含んだ餌を与えるなどして、ドーピングに類似する行為を行っていたという。
現代ではアナボリックステロイドを始めとする各種の筋肉増強剤のみならず、検の際にそれらを用した事実を隠蔽する(撹乱する)ために別の品を合わせて用する行為もドーピングとされている。

ドーピングの非

当たり前だが褒められた行為では全くない。
筋肉増強剤を投与しすぎた陸上選手の女性が『男性化』した上に、ホルモンバランスが崩れて禿げた上に酷く痩せる…など副作用で悲惨な末路を辿った選手もいる。ドーピング発覚時の世間からのパッシングで、今まで築き上げてきた地位が吹き飛んだ人間も多数存在していることは言うまでもないだろう。

なお、検の標的になりやすいのは『急に成績が上がった選手』である。
成績が上がったらを疑え】というのが各ドーピング機関のモットーらしく、成績が良い選手は頻繁に検を要される。当然「検多すぎでうぜぇ」とな選手達からは思われており、物議を醸している。 
ステロイドなどのドーピング副作用禿げ化があるので、急に禿げた選手も標的にされるとか。

「じゃあ成績が悪い選手が使ったらどうなのよ?」と思う人もいるだろうが、実際は以下の理由からさほど騒がれない。
ドーピングしているのに成績が悪いため、そもそもも怪しまな、【成績が悪いので当然知名度が低く、仮にドーピングが発覚してもさほど騒がれないのでひっそりと処分を下せる】という理由から成績が悪い選手のドーピング検は後回しにされる、もしくは行われないことが多い。 
 

食用牛肉に混入することがあるドーピング物質

肥育ホルモン剤(成長促進剤)

筋肉増強剤の一部には、安価かつ大量に供給できるものがある。飼育している食用筋肉増強剤を投与して、を美味しい物に変化させ、出荷価格を高めて利益を増やそうとする農家もいる。食用の飼育に使われる筋肉増強剤を肥育ホルモン剤(成長促進剤)という。

肥育ホルモン剤には、ヒト動物の体内に自然に存在するホルモンを製剤とした天然と、化学的に合成される合成がある。

2020年現在において世界のどこかで合法的に使われているな肥育ホルモン剤は、次の通りである。
 

タイプ 名称 備考
天然 エストラジオールexit 女性ホルモンexit
プロゲステロンexit
テストステロンexit 男性ホルモン(アンドロゲン)exit
合成 酢酸トレンボロンexit 男性ホルモンテストステロンを人工的に合成したもの
酢酸メレンゲステロールexit 女性ホルモンプロステロンを人工的に合成したもの
ゼラノールexit 女性ホルモンエストラジオールを人工的に合成したもの

 
※この項の資料・・・食品安全委員会の資料exit
 

肥育ホルモン剤が流通する地域

肥育ホルモン剤を使って牧畜することが許可されているは、アメリカ合衆国カナダオーストラリアニュージーランドといったところである。

一方、EUは肥育ホルモン剤を使って牧畜することを許可せず、肥育ホルモン剤を使って育った牛肉を輸入することも拒否している。このため、米国牛肉を売りたいアメリカ合衆国との間で貿易摩擦が起こっている。

日本は肥育ホルモン剤を使って牧畜することを許可していないが、肥育ホルモン剤を使って育った牛肉を輸入することは許可している。


※この項の資料・・・農林水産省ウェブサイトexit食品安全委員会の資料exit
 

肥育ホルモン剤の入った牛肉を食べてドーピング陽性反応が出た事例

肥育ホルモン剤が入った牛肉うっかり食べてしまい、ドーピング陽性反応が出て、大変な苦労をする例がある。スポーツ選手にとっては、安心して牛肉を食べることができない時代となっている。

ジャリオン・ローソンexitという米国人選手は、米国アーカンソー州の日本レストラン牛肉を食べた後にレンボロンの陽性反応が出て、出場停止処分となった。そのあと、汚染された食を食べたことを明して、出場停止処分が取り消された(記事exit)。

ドミニカジャムニッキーというカナダ人選手は、オーストラリア牛肉を食べた後にオーストラリアの大会に出場してそこでクロステボルexitテストステロンの一種)の陽性反応が出た。そのあと、汚染された食を食べたことを明して、出場停止処分が取り消された(記事exit)。
 

クレンブテロール

クレンブテロールexitは、筋増強剤として使用されることがあるので、多くのスポーツ団体において、ドーピング検の検となっている。

レンテロールは、かつて世界中で「身を増やす効果がある」として食用に投与されていたが、人体に有であることがわかり、EUアメリカ合衆国などで次々に禁止されていった。中国メキシコでも表向き禁止されたが、密かに食用へ投与している悪質な農家もいるようで、たまにクレンテロールの入った中国産牛肉メキシコ牛肉が流通することがある。

レンテロールの入った牛肉を食べた後にドーピング検で陽性反応になるスポーツ選手もいる。
 

ニコニコ動画でのドーピング

アニメ・ゲーム作品などでも、ステータスを強化する魔法アイテムなどでプレイヤーキャラを強化する事や、それらに用いるガジェットを総称して「ドーピング」と呼ぶ事がある。ニコニコ動画で使われるドーピングはだいたいこの意味で使われる。

関連動画

関連商品

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/07(日) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/07(日) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP