ナカヤマフェスタ単語

ナカヤマフェスタ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ナカヤマフェスタとは、2006年まれの日本の元競走馬・現種である。
遥か彼方になっていたモノを、再び手が届く距離まで引き戻した
名は冠名+祝祭日(フェスタ)から。

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
ナカヤマフェスタ(ウマ娘)を参照してください。

概要

は暴れん坊で有名なステイゴールドはディアウィンクタイトスポットという血統。
系は遡るとシアトリカルやタイキブリザードパラダイスクリーク、デビッドジュニアらの祖であるツリーオブノレッジのがいるという良血だが
兄弟はぱっとしなかったからか、はたまた中小牧場生まれだからかセリで1000万(税別)というお手頃価格で取引された。

2歳のデビューするとデビュー勝ち。オヤジと違う。続く二戦には重賞の東京スポーツ杯2歳ステークスを選択。
ステゴの代表産駒のドリームジャーニーが左回りがダメだったことや地味な感じの血統と思われ9番人気と評価されていなかったが
それを覆すがごとく良血をなぎ倒し勝利クラシック惑星的存在へと浮上した。
しかし年始の京成杯では中前がつまり、4では隣のサンライズキール予後不良となるなどさんざん不利を食らう厳しい競馬となったが2着に食い込む。
その後はダービーまでを見据えトライアルパスして皐月賞へ直行し先団につけるが、盛大に前崩れを起こす前のが不利な展開の中踏んるが8着、
ダービーでは一転後ろから進めるが、一転して前が残る記録的不良馬場では切れ味を削がれてしまい4着が精一杯であった。噛みあわなさはオヤジ譲りなのか。
3歳セントライト記念を快勝するが、菊花賞と古初挑戦の中日新聞杯は惨敗に終わり、失意のまま休養に入る。しかし、この休養の前後でステイゴールド産駒でも随一と言われた気性の悪さ(あのオルフェーヴルをもえるらしい)がなんとか落ち着いたようだ。3歳時はろくに調教もできなかったらしいし。これが翌年の飛躍に繋がる。

4歳4月末のメトロリタンステークスから始動しここはスカっと勝利。その後はステップを挟まず宝塚記念へ直行。
中日新聞杯で当日輸送に難有りということを学んで一週前に東入りし備えた結果が出たようで、ブエナビスタらを差し切りGⅠ初制覇を達成した。
この勝利グラスワンダー以来10連敗中だった関東の連敗がストップ。ついでにこのレース上善大先生オレハマッテルゼ以来のGⅠ勝利となった。

そしてこのレース後、凱旋門賞蛯名正義で挑戦することを表明。3歳ながら挑戦表明した皐月賞ヴィクトワールピサと共にフランスへ渡ることとなった。
ナカヤマフェスタの調教師は、エルコンドルパサー二ノ宮師で、上の蛯名騎手だったということもあり
チームエルコンドルパサーによる1999年リベンジマッチ、そして3歳の年末に逝去したフェスタのへの弔い的な意味もあった。
戦のフォワ賞ではダンカンこのやろう逃げ切られるが2着と上々な走りを見せ、迎えた本番凱旋門賞
最終コーナーでかなりの不利を食らうが、それが逆にステイゴールド譲りの闘魂に火を付けたか、外から猛進。
ついに先頭に躍り出る。勝ったか!?そう思わせたが内から稲妻の如く飛び出してきた当年の英ダービーワークフォースとの叩き合いに敗れ、僅かにアタマ差及ばず2着に敗れる。
エルコンドルパサーリベンジを果たすことは、10年以上の日をかけても出来なかった。
不利がなければ…と思わせるが、内から群をぶち割って飛んできたワークフォースも中不利が全くなかったわけではないし、イーブンとは言わないがそれも競馬である。

その後、帰してジャパンカップへ出走するが14着惨敗。そこで負った怪で長期休養すると、一度は落ち着いた気性が更にヤバいことに。調教もろくにできない中で臨んだ再びの凱旋門賞遠征では、フォワ賞最下位、本番でも見せ場なく後退し敗退。このレースをもって引退、種入りした。通算成績15戦5勝。

としては産駒が総じてハチャメチャに気性が悪いらしく、まともに通りのレースをしてくれるがなかなか出てこない。気性の悪いヘイローの産駒の中で特に気性の悪いサンデーサイレンスの産駒の中で特に気性の悪いステイゴールドの産駒の中で特に気性の悪いナカヤマフェスタの産駒であるから、仕方ないといえば仕方ないのかもしれない。しかしいつか、同オルフェーヴルをもえるような暴れん坊を出して凱旋門賞リベンジを果たすことを期待したいものである。そのためにはせめてオルフェーヴルくらいでいいから気性のいいを出してくれ。マジで。しかし活躍が出なかったために2017年シンジケートが解散し、2018年は種付け休止と実質引退状態となってしまった。ところがその2018年2013年産のガンコが日経賞を制し、ようやく重賞初制覇。それを受けて2019年より種付け再開となった。2020年には産駒の1頭で150万円という安値で取引されたというバビットが菊花賞戦のセントライト記念逃げ切り勝ちを収め話題になった。ナカヤマフェスタのリベンジはまだこれからかもしれない。

血統表

ステイゴールド
1994 鹿
*サンデーサイレンス
1986 鹿
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ゴールデンサッシュ
1988
*ディクタス Sanctus
Dronic
ダイナサッシュ *ノーザンテースト
*ロイヤルサッシュ
ディアウィンク
1998 鹿
FNo.3-h
*タイトスポット
1987 鹿
His Majesty Ribot
Flower Bowl
Premium Win Lyphard
Classic Perfection
セイレイ
1991 鹿
*デインヒル Danzig
Razyana
*センスオブリズム Cyre the Blues
Sensibility

クロス:His Mahesty 3×5、Hail to Reason 4×5、Northern Dancer 5×5×5

主な産駒

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/14(金) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/14(金) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP