ナチュラルの捕虜なんか要るかよ! 単語

2件

レットウシュノオマエラハミナゴロシダ

3.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ナチュラルの捕虜なんか要るかよ! 略して「ナ捕い」とは、悲しくも救いがたい戦争犯罪宣言である。

概要

機動戦士ガンダムSEED』第37話(HDリマスター版35話)『のいかずちにおいて、名もザフトジンパイロット(担当声優不明)が言い放ったセリフ

……聡明なるニコ厨の諸ならこのセリフが放たれた状況を容易に推察できるだろうが、要は、全に武装解除して防備になり、降して捕虜になりたがっている地球軍の兵隊を皆殺しにする宣言である。
ナチュラル体の地球連合軍と、コーディネイターが組織したザフト戦争が始まって1年3か農業コロニーへの核攻撃と、核システムの機停止という非戦闘員への攻撃から始まった2つの営の争いは、いつしか単なる国家間の利戦争から逸脱し、敵の民族そのものを根絶やしにしようとするかのような、絶滅戦争の様子を呈し始めていた。

ガンダムシリーズでも特に荒んだ世界観(倫理観)で有名なコズミック・イラ世界物語が後半戦に入り、最前線憎しみが深刻化してきたことを示すこの台詞は、やめてよねだの目の色が違うわ!だのYATTAAAAA!」だのと並んで、『SEEDファンが作品の名セリフ名シーンる際に話題に上ることが多い。特に反コーディネイター政治団体ブルーコスモススローガンき清浄なる世界のために(コーディネイターをぶっ殺そう)や、名も地球兵士死ね宇宙化け物!」とは対を成すセリフとして有名。イヤな対だなぁ…

作中の流れ

注意 この節は、『ガンダムSEED』第37/35話を
鑑賞後に閲覧することを推奨します。

 














――守備隊は最後の一兵まで勇敢に戦った! 々はこのJOSH-A崩壊の日を、大いなる悲しみと共に歴史に刻まねばならない。が、等は決して屈しない。々が生きる平和大地を、安全なを奪う権利は、一体コーディネイターのどこにあるというのか!
この犠牲は大きい。が、々はそれを乗り越え、立ち向かわなければならない! 地球の安全と平和、そして未来を守る為に、今こそを結集させ、思い上がったコーディネイターらと戦うのだ――

…分かっちゃいるけど堪らんね(電OFF

地球軍がアラスカ本部「JOSH-A」を自爆させ、侵攻したザフトの8割を(用しと判断した味方ごと)葬ってから数日。捨て駒にされ、間一で逃亡し、脱走艦となった地球軍艦アークエンジェルは、中立オーブアスを頼った。
アスのウズミ・ナラと会談するアークエンジェルクルー地球軍のプロパガンダ放送を見た後、ウズミムウ・ラ・フラガは「ナチュラルとコーディネイターの憎しみ合い」について意見を交わす。

ナチュラルもコーディネイターも差別しないオーブ理念に対して)
失礼ですが……それはただの、理想論に過ぎないのではありませんか? それが理想とは思っていても、やはりコーディネイターはナチュラルを見下すし、ナチュラルはコーディネイターを妬みます。それが現実です。

解っておる。とて、全てが上手くいっているわけではない。
が、「だから」と諦めては、やがて等は、本当にお互いを滅ぼし合うしかなくなるぞ。そうなってから悔やんだとて、既に遅い。それとも! 「それが世界」と言うのならば、黙って従うか?


更に数日後、ザフトアラスカの弔い合戦と言わんばかりに、地球パナマ基地のマスドライバーを破壊すべく進撃する。ラウ・ル・クルーゼらが揮するザフト部隊は、地球軍の新ストライクダガーに苦戦しつつも、軌上から新兵器グングニールの投入に成功した。

虎の子のモビルスーツ、共にグングニールの餌食にして差し上げよう。
EMP対策が施してあるといっても、程度は知れたものですから……。

ザフト兵がその身を犠牲に死守したグングニールは、電磁パルス(EMP)を戦場全域に発信。地球軍の兵器は機停止し、マスドライバーも基線の超伝導体が反応し崩壊する。追い撃ちのミサイル爆撃で総部も壊滅し、戦闘は終了した。

……だが、ザフト兵は戦闘を失った敵兵を容赦なく殺戮した。一本動かせぬまま、コクピットジンの76mm弾での巣にされるストライクダガー。両手を上げてハッチから出た所を射殺される戦車兵。トーチカから出て投降した所を複数のジンに囲まれ、そのまま76mm弾を浴びる歩兵小隊……。

ハッハッハッハッ! いいザマだな、ナチュラルモビルスーツオモチャ共!

アラスカで死んだ、ハンナだ!

ナチュラルの捕虜なんか要るかよ!

至る所で鳴り断末魔の悲鳴。それを制止しないザフト部。数に転がる残な亡骸……。

イザーク・ジュールデュエルガンダムは、その虐殺には加わらなかった。かつて抵抗で逃走する敵を撃ったイザークだが、先日のJOSH-A戦でフリーダムガンダムパイロットに助けられたことで、その心に変化が生じたのだろうか。この時の彼は苦々しげに一人ごちるのみだった。
そしてクルーゼもまた、意味深く――

動けない敵を撃って何が面い……

――さて、新たな舞台の幕開けとなるか?

お話の補足

のいかずち』は、JOSH-A消滅が描かれる第35話(リマスター33話)『舞い降りる剣と同じく、SEEDの陰惨な戦場の回としてファンの間では有名である。

特に『舞い降りる剣』では、あの悪名高い人間電子レンジサイクロプス」が起動し、風船のように膨れ上がって爆死するザフトパイロットや、血煙と化す地球兵士がこれでもかと描かれている。この非現実的なゴア描写が、『のいかずち』前半の「ザフトへの敵愾心」を「コーディネイター全体への憎悪」にすり替えようとする連合プロパガンダと合わせて、パナマ戦におけるザフト兵の常軌を逸した、しかし現実歴史でもたびたび行われてきた蛮行に嫌な説得を持たせている。

ズミの不安は的中し、世界クルーゼが望む「新たな舞台」――憎しみの連鎖の果ての終末の日へ向かっていく。後のオーブ解放作戦に繋がり、そしてザフト正義に凝り固まっていたイザークの価値観を揺るがす、終盤戦に向けた重要な描写である。
また、第41話(リマスター39話)『ゆれる世界では、ザフトが占領していた地球軍ビクトリア基地が地球軍に奪還される(第三次ビクトリア攻防戦)。その際、墜落したディンの傍で呻いているザフトパイロットが、残敵を探す地球兵士に発見され、そのまま殺されてしまうシーンが描かれている(小説版では、捕虜条約が地球軍に黙殺されていたと記されてしまっている)。アラスカパナマから続く蛮行は、しっかりここでも繰り広げられてしまうのだった。

余談

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/22(月) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/22(月) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP