ナックルボール単語

ナックルボール

  • 1
  • 0
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ナックルボールとは、野球における変化球の一種である。

概要

ほぼ回転で投じられ、捕手に到達するまでに不規則に変化しながら落ちる変化球である。これは、わずかに回転するボールの縫い空気がぶつかり、不規則な空気抵抗を生むためである。

その変化は投げる本人ですら予測不可能で、また向きや速、湿度、などのも受けやすいためナックルボールを武器とする投手どはナックルボールだけで打者を抑えることができる。

ただし、投げるのが難しい変化球であるため緻密なコントロール不可能であること、失投がただのスローボールとなり長打の危険性をんでいることなどが欠点といえる。

ナックルボーラー

ナックルボールを体に投球を組み立てる投手ナックルボーラーと呼ぶ。ナックルボールはそのボールの性質上、肘や肩に負担がかかりにくいため、ナックルボーラーの投手は選手寿命が長い傾向にある。

また、ナックルボールはその軌の不規則さ故にプロ捕手でも捕球が難しく、ナックルボーラーが所属するチームには正捕手とは別にナックルボーラー専属捕手ベンチ入りしていることが多い。

ナックルボールで活躍したチャーリー・ハフとバッテリーを組んだジーノ・ペトレリは1イニング4捕逸の記録したこともあり、その捕球の難しさが伺える。

また、横浜DeNAベイスターズ所属の山崎康晃投手は、十分に実戦でも通用するナックルボーラーだが、捕手への負担も含めた理由でオールスターゲーム以外ではほぼ投げない。

ティム・ウェイクフィールドと捕手

ナックルボーラーとして活躍したティム・ウェイクフィールドが所属していたボストン・レッドソックスには、正捕手ジェイソン・バリテックがいたがナックルボールの捕球を苦手としていたために、専属捕手としてダグミラベリが起用されていた。ミラベリはウェイフィールドバッテリーを組んでいた時には大きめのソフトボール用のキャッチャーミットを使っていたという。2005年オフミラベリはサンディエゴ・パドレスにトレードされたが、後任の専属捕手ジョシュバードはウェイフィールドナックルを取れず、捕逸を連発。レッドソックス5月ミラベリをトレードでレッドソックスに呼び戻した。

著名なナックルボーラー

実在選手

フィクション

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/26(土) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/26(土) 00:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP