ナミュール 単語

33件

ナミュール

6.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ナミュール(Namurとは、

  1. ベルギーのナミュール州の州都。
  2. 2019年生まれの日本競走馬。1が名前の由来。本項で記述。
  3. 漫画ONE PIECE』の登場キャラクター白ひげ海賊団8番隊隊長

ナミュールNamur)とは、2019年生まれの日本競走馬鹿毛

な勝ち
2022年チューリップ賞GⅡ
2023年マイルチャンピオンシップGⅠ富士ステークスGⅡ

概要

*ハービンジャーサンブルエミューズ、ダイワメジャーという血統。
2010年キングジョージを11身差の大差勝ちしたことで知られる輸入種牡馬で、産駒にはディアドラブラストワンピースノームコアなどがいる。
2012年阪神JFで2番人気に支持されるなど期待されたが、阪神JFは8着、桜花賞は6着に敗れ27戦3勝の条件で終えた。2021年BCディスタフ勝利したマルシュロレーヌの半であり、つまり3代1997年桜花賞キョウエイマーチ、8代1953年秋の天皇賞クインナルビーがいる牝系である。
マイル~中距離GⅠ5勝を挙げた名であり種牡馬としても優秀な成績を残す。名ダイワスカーレットの半(75%同血)としても知られる。

2022年アルテミスSを勝ったラヴェルキタサンブラック)がいる。

2019年3月2日ノーザンファームで誕生。オーナーはおなじみ一口馬主クラブキャロットファーム。募集価格は6.5万円×400口(=2600万円)であった。
所属はショウナンパンドラレイパパレで知られる東の高野友和厩舎。同厩の同期スタニングローズがいる。

名意味は「サンブルミューズが合流するベルギー都市名より連想」。ちなみに名前の由来は名前ではなく、フランスの代表的なマーチサンブル・エ・ミューズ連隊行進曲」から。

川の交わるところ

2歳

デビュー2021年9月11日中京競馬場・芝1600mの限定の新馬戦上は川田将雅。2番手追走から先頭に立って右一発入ると一気に加速して突き放し、2身差の快勝デビューを飾る。

2戦三冠アパパネやその秋華賞アカイトリノムスメが勝ちにいる、11月1勝クラス赤松賞東京・芝1600m)。上は三浦皇成、単勝8.0倍の4番人気。やや出遅れ中団の5~6番手につける形になったが、直線で外に持ち出すと残り300mから一気に集団を置き去りにし、逃げパーソナルハイ々と差し切って、上がり3F330を叩き出し快勝。

次走は2歳女王し、GⅠ阪神ジュベナイルフィリーズへ。上にはクリスチャン・デムーロを迎え、赤松賞の強い勝ち方もあり、大外の817番ながら単勝2.9倍の1番人気に支持される。
ところがレースではスタートで盛大に出遅れ。押し上げて後方の内取り、直線に入ると馬場の悪さで他が避けた最内を突かざるを得ない格好になりながらも、上がり最速の末脚で猛然と追い込んだがさすがに届かず、サークルオブライフの4着に敗れた。

3歳

明けて3歳は収得賞金が心もとないこともあり、優先出走権をしてトライアルGⅡチューリップ賞へ。前走で敗れたサークルオブライフウォーターナビレラ阪神JF3着)との再戦となる。上はここから横山武史となる。前走の負けは出遅れのせいということでか、サークルオブライフを上回って単勝2.2倍の1番人気に支持される。
今回はスタートを決め中団前につけたが、コーナーで下がって群に包まれてしまい、直線に入ってもなかなか進路を確保できない。残り300mでようやく外に持ち出して進路を確保、が入るとそこから猛然と加速して一気に差し切り、1身半差で重賞初制覇。上の横山武史は「正直、だけで勝つことができた。的には悔いが残るレースでした」とるようにスムーズレースとは言い難かったが、それだからこそ段違いの末脚の威を見せ付けるようなレースだった。
ちなみに2着に13番人気・単勝229.8倍のピンハイが突っ込んだため、馬連56,300という単勝2.2倍の1番人気が勝ったとは思えない配当がついた。

事に収得賞金と優先出走権を確保し、の果たせなかったクラシックの冠をしてGⅠ桜花賞へ。前走チューリップ賞組はこのところ苦戦傾向、上が今年に入って不調といった不安要素に加えて、大外の818番に入れられてしまったが、桜花賞は伝統的に外の不利は少ないし、チューリップ賞の末脚を見れば外はむしろ好都合、一番怖いのは出遅れ……という感じで単勝3.2倍の1番人気。3代キョウエイマーチも818番の1番人気桜花賞を勝っているし、そのときの阪神3歳牝馬S勝ちメジロドーベルは816番、今回も阪神JF勝ちサークルオブライフは816番……とサイン馬券要素も盛り盛りで、これで勝ったら美しかった、のだが……。
この日の阪神競馬場全な内伸び外不利馬場。勝ったスターズオンアースをはじめ馬券内には内で上手く立ち回った3頭が入り、外を回ることになったナミュールは直線でもフラフラと伸びあぐねたまま10着。ごちゃっと固まった集団の後ろで、1着スターズオンアースとは0.3差なので着順ほどの惨敗ではないとはいえ、前走で破ったウォーターナビレラ(2着)、サークルオブライフ(4着)、ピンハイ(5着)にはことごとく先着される敗であった。上の横山武史高松宮記念レシステンシア大阪杯エフフォーリアに続いて3週連続GⅠで1番人気掲示板外に飛ばしてしまう結果に。

続いてGⅠ優駿牝馬(オークス)へ。前走の敗で単勝7.1倍の4番人気に評価を下げた。
ラブパイローに蹴られたサウンドビバーチェの放で発走が大きく遅れるアクシデントが起き、1番人気サークルオブライフらが出遅れて撃沈する中、中団の内につけたナミュールは直線でも内を突いて鋭い差し脚を繰り出したが、外から伸びたスターズオンアースと同じ高野厩舎のスタニングローズには届かず3着。敗れはしたが、アクシデントが起きても調子を狂わせることなく、しっかり折り合いをつければ距離が保つことは明できたので、今後へ向けて収穫ある内容だったと言えるだろう。

はしっかり休み、GⅠ秋華賞へと直行。赤松賞以降減る一方だった体重が+20kgと大幅に増え、二冠牝馬スターズオンアースが故障明けで不安視されたのもあり、単勝3.0倍のスターズオンアースと差のない3.3倍の2番人気に支持される。
レーススターズオンアースが出遅れ最後方になる中、ナミュールは中団に構える。コーナーでやや外に膨らんでしまい、直線で大外から猛然と追い込んだが、お手本のような先行抜け出しのレースをした同厩のスタニングローズにはまたしても半身届かず。後方から群を縫って追い込んできたスターズオンアースハナいで2着

そのままスタニングローズとともにGⅠエリザベス女王杯へ参戦。デアリングタクトスタニングローズに次ぐ7.3倍の3番人気に支持される。
で重馬場となる中、スタートで出負けしながらも中団からレースを進め、3コーナーあたりで馬場に脚を取られた先行勢が崩れ出す中で外を回して上がって行ったが、前を行ったジェラルディーナに突き放され、外から同じ3歳勢のライラックにも置いて行かれ、最後は最後方から追い込んできたアカイイトにもハナ差かわされての5着。上によると序盤に群の中で何度もぶつけられる不利があり、馬場も合わなかった中での掲示板確保と言えば健闘ではあるが、スタニングローズ(14着)のように惨敗したわけではないものの、もうひとつ煮え切らない感じの走りになってしまった。

かくしてその末脚と素質は高く評価されながら、3歳シーズンはあと一歩足りず悔しい結果に終わった。

4歳

明けて4歳初戦はGⅢ東京新聞杯から始動。これまでの8戦は全て限定戦のため、初めてのとの戦いに挑んだ。大外の815番がどうかと見られつつも3.7倍の2番人気
課題のスタートは上手く決め、先頭集団の4頭を見ながら5番手の好位につける。直線で外に進路を確保すると鋭く追い込んだが、内で逃げったウインカーネリアンにアタマ差届かずの2着横山武史騎手は「悔しいのひと言」としながらも「久々マイル、経験の少ない東京でこの内容なら次が楽しみです」と前向きに捉えた。

続いて予定通りの大標としてGⅠヴィクトリアマイルに出走。古戦線で今度こそビッグタイトル獲得と意気込む営やファンの勢い、順調に増えてきた体の仕上がりの良さもあって、当日は去年の覇者ソダシを抑えての2番人気4.2倍と高い支持を見込まれる。
が降る中、本番スタートは順調に出てこれからポジションを狙って…という向正面のタイミングで問題発生。周囲のモタれが玉突き事故のように連鎖した結果、クリプレミアムナムラクレアに左右から挟まれて突されるというトラブルに見舞われてしまう。こうなってはレースのしようもなく他のポジションも取られ、気づけば囲まれながら後方から追走するだけの展開。最終的にこれといった見せ場もなく、掲示板外の7着で競走を終えることとなってしまった。
上の武史騎手「向正面であんな不利を受けては走るも走れません」レース後のコメントで憤懣やるかたない怒りを滲ませる結果に、あまりにも不憫な流れで乾坤一擲チャンスを棒に振ることになってしまった。

不完全燃焼VMの借りを返すべく、引き続きGⅠ安田記念に参戦。しかし最高の仕上げだった前走から中2週で仕上がりの維持は厳しいだろうと9番人気に留まる。そしてレースは課題のスタートで出負けして後方から。直線では前を締められてしまう不利を受けてはいたが、そもそもさすがに前に届きそうもない位置で、見せ場のないまま16着に撃沈。

夏休みを挟み、GⅡ富士ステークスから始動。上は横山武史からジョアン・モレイラに乗り替わりとなった(武史はキラーアビリティに騎乗)。5番人気まで単勝1桁の混戦ムードではあったが、3.8倍の1番人気に支持される。
逃げると見られたユニコーンライオンではなく、カッとしていたというダノンタッチダウン逃げ予想外の展開となったレース、ナミュールは中団後方からになったが、モレイラは慌てず折り合いをつけてレースを進める。直線を向いても残り400mまでなかなか前がかなかったが、400を切ってこじ開けるように進路を確保すると、モレイラの追い出しに応えて持ち味のを発揮。あっという間に加速して前をみ込み、大外から追い込んできたレッドモンレーヴを全く寄せ付けず、そのまま強く押し切った。
レイラも「最後は後ろから来られましたが、余裕があったので差されない自信はありました。もっと距離があったとしても、負けていなかったでしょう」とる強い内容で1年半ぶりの勝利めてその実を示した。

というわけでの大一番にはエリザベス女王杯ではなくGⅠマイルチャンピオンシップを選択。上には名手ライアン・ムーアを迎え、安定勢シュネルマイスターと休み明けの前年覇者セリフォス人気を分け合う中、紅一点のナミュールは5番人気……だったのだが、なんと当日にムーアが落負傷してしまう。急遽藤岡康太代打騎乗することになったが、これでオッズが一気に急落。5番人気こそ入れ替わらなかったが、当日まで9.5倍だったオッズが17.3倍まで下がってしまった
しかしそんな評価を藤岡康太とナミュールは見事に跳ね返す。大外816番から五分にゲートを出たがすぐに控え、先行争いがしくなる中、シュネルマイスターの直前で後方2番手に待機し末脚に賭ける競馬。3,4コーナーではシュネルマイスターの内に入れて外に振られることなく直線を向く。直線でしばらくは前が塞がっていたものの、これまで他にぶつけられて敗れてきた憤をらすかのようにを半ば強引にこじ開け(ただしこのときレッドモンレーヴに対する斜行を取られて藤岡康太は過怠3万円を科された)、残り200mで進路を確保すると、上がり3ハロン最速330という破格の末脚が炸裂。外から一気に混戦の前をみ込み、最後はり込みを図った3番人気ソウルラッシュをクビ差かわしたところがゴール不運続きを乗り越え、8度の挑戦でついに待望のGⅠ制覇となった。

出走当日に騎手変更があったGⅠ勝利は史上初[1]。見事な代打ホームランを決めた藤岡康太2009年NHKマイルカップジョーカプチーノで制して以来実に14年ぶりのGⅠ2勝となり、「これだけのを急遽依頼して頂いたので、嬉しさよりもプレッシャーもあったので、ホッとした気持ちです」とのコメント
しばらくGⅠ元気がなかったハービンジャー産駒としても2020年香港カップ(ノームコア)以来3年ぶりのGⅠ勝利となった。またGⅠ紅一点が勝つのは2019年宝塚記念リスグラシュー以来である。

GⅠ獲りの勢いそのままに、次走は招待のあった香港マイルへ参戦。上にはウィリアムビュイックを迎え、新コンビと共に新たなる海外の勲章を狙った。後方から追い込むも絶対王者Golden Sixtyに届くわけもなく、勝ちから2と4分の3身差の日本最先着の3着に終わった。

2024年

明けて5歳シーズンも現役を続行し、前走に続いての海外レースとなるGⅠドバイターフに遠征。日本からはドウデュースダノンベルーガ、マテンロウスカイが出走、海外からも4連覇を狙うLord North、前ジェベルハッタを勝ったMeasured Timeなどが参戦。ナミュールはメンバー中2頭だけの距離延長もあってか7番人気とそこそこの人気にとどまる。
クリスチャン・デムーロ阪神JF以来の再タッグを結成して出走。ゲートはまずまず出たが二の脚がつかず後方3番手からの競馬になる。ごちゃつく群を内に見ながら大外を捲って進出、直線鋭く伸びて群を抜き去ったが、中団から1頭出てきたFacteur Chevalが全く譲らず、2頭並んでゴールを通過。短頭差だけ振り切られ、あまりにも惜しい2着に敗れた。

次走には前年のリベンジを狙いヴィクトリアマイルを選択。上には新たに武豊を迎えた。人気秋華賞2着の後輩であるマスクトディーヴァと分け合う形となり、直前まで本が1番人気だったが直前にひっくり返り単勝2.5倍の2番人気となった。
レースは大きく出遅れ、後方2番手からの競馬ペースは速く差し向きだったがその流れにも乗れず、直線で間を狙うが全に不発。結局ほとんど末脚は発揮できず、流れ込むだけの8着に惨敗した。高野師は状態面を考え得る敗因として挙げた。

血統表

*ハービンジャー
2006 鹿毛
Dansili
1996 鹿毛
*デインヒル Danzig
Razyana
Hasili Kahyasi
Kerali
Penang Pearl
1996 鹿毛
Bering Arctic Tern
Beaune
Guapa Shareef Dancer
Sauceboat
サンブルエミュー
2010 栗毛
FNo.7-d
ダイワメジャー
2001 栗毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
スカーレットブーケ *ノーザンテースト
*スカーレットインク
ヴィートマルシェ
2002 鹿毛
*フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
キョウエイマーチ *ダンシングブレーヴ
インターシャルマン

クロスNorthern Dancer 5×5×5(9.38%)、Lyphard 5×5(6.25%)

関連動画

関連静画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *2013年桜花賞アユサン丸山元気の落負傷でクリスチャン・デムーロに乗り替わりで勝利しているが、丸山騎手の落は前日のことだったためC.デムーロへの乗り替わり発表も前日だった。
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
WhiteCUL[単語]

提供: mochachip

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/26(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/26(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP