ナルヒナ単語

ナルヒナ

1.7千文字の記事
掲示板をみる(280)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ナルヒナとは、「NARUTO」に登場するうずまきナルト日向ヒナタカップリングである。

概要

物語主人公たるうずまきナルトサブヒロインである日向ヒナタカップリング

二人の所属する班が違うこともあり、絡みは少ないもののナルトによりヒナタもまた「自分をっ直ぐ曲げない」という『忍道』を持ち、物語の要所要所でナルトが心が折れそうな時(後述)に彼女の言動ナルトを救ったりと、二人の間には強い“繋がり”がある。

しかし、本編(第一部)中は同班の春野サクラが好きと言する鈍感ナルトと引っ込み思案で中々想いを伝える事が出来ないヒナタという一方通行な関係であった。

それはナルトヒナタの中の人両名押してく「報われない」とされていたが・・・

けど お前みたいな奴って・・・・・・けっこー好きだってばよ!

 試験本選にて日向ネジとの対決に臨むも自信をもてないナルト
その時たまたま出くわしたヒナタに「自分は失敗ばかり」「強がっているだけだ」と
しく弱音を吐くもそんなヒナタはナルトを「誇り高き失敗者」と励ました。

これにより元気を取り戻したナルトは、これまでヒナタを「暗くて地味ウジウジしてて変な」という認識だった事を明かした上で好意(like)的な言葉をヒナタに贈るのだった。

私はナルト君の事が、大好きだから

木の葉隠れの里を壊滅に追いやった六道イン相手に奮闘するも遂に捕らわれたナルト
そんなナルトを護るべく一人ペインに立ち向かい、ナルトに対する想いを告白したヒナタだったが、圧倒的なの差に返り討ちにされてしまった(アニメ版では一撃を入れている)。

それをの当たりにしたナルトが怒りにより九尾のを暴発させた事からも意識の内に彼女が大切な存在となっている事が伺える。[1]

私と一緒に立とうナルトくん···まっすぐ自分の言葉は曲げない···私もそれが忍道だから! 

十尾を従えるうちはマダラうちはオビトに対し、「仲間は絶対殺させやしない!」と言い放つナルトだったが、その戦いの最中日向ネジの死をの当たりにし、更にオビトによる精口撃を受け精的に折れそうになったナルト。そんな彼を救ったのはヒナタだった。

そして再び立ち上がったナルトは「お前の横に居てくれたおかげだ」とヒナタに感謝し、手を繋いで確かめ合うかのように九尾チャクラ彼女に包み込むのだった。

ーこの手は決して離さない!!

THE LAST

2014年12月6日開の劇場版NARUTO

原作699話から(ナルヒナ)ファン衝撃と歓喜の原作最終回(700話)空白期間を描いた物語であり、原作者による「テーマ恋愛」発言を始め数々の投下されたうずまきナルト日向ヒナタ両名に関わる要素から二人の行く末が大いに注された。

次世代の主人公へ

二人が結ばれてから数年後、二人の子である「うずまきボルト」が最終話で登場している。

さらに劇場版では「BORUTO」の名を冠したタイトルも放映された。
詳細は「うずまきボルト」のページにて。

余談・小ネタ

ナルトヒナタの好物・趣味が被っている。

ナルト中の人ヒナタが大のお気に入り。

両名(別作品だが)出演していた大友アニメで2人の実家屋。

読者の中にはナルトが最終的に春野サクラと結ばれることを予想していた者もいたが、最終的に原作者自身が『青年編に突入した段階でヒナタとのゴールインを構想していた』と明かしている。

これについて、ファンの中には『ドラゴンボール』における孫悟空チチの関係に重ねる者もおり、実際作者岸本は大の鳥山明ファンであることを言している。

関連動画

関連商品

書籍

CD・DVD

その他

関連コミュニティ

ナルヒナに関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

外部リンク

 

脚注

  1. *ちなみに似たような経緯で九尾が暴走をしたのはうちはサスケ我愛羅のときである。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/03(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/03(月) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP