今注目のニュース
配達員姿のスヌーピーが貯金箱になった 切手セットやポーチなどの「郵便局限定スヌーピーグッズ」がかわいい
大手予備校講師、中絶を迫って逮捕…そもそも不倫相手の出産を阻止できるの?
大声で国歌斉唱しているか、騒音計アプリまで使って監視した学校が大炎上

ニコニコ大百科:★単語

ニコニコダイヒャッカホシマーク

  • 5
  • 0
掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ここでは、ニコニコ大百科において「マークが付いた編集者について説明する。
※「マークが付いた編集者については「ニコニコ大百科:∞」を参照。

概要

特徴・来歴

2011年9月頃からニコニコ大百科内で実装。対ニコニコ動画ニコニコ大百科などニコニココンテンツ運営に関わる人(ごく一部を除く)とした。この「」の意味はニコニココンテンツ運営編集者という意味で、いわゆる2ちゃんねる掲示板キャップのようなものである。「」が表示される場所は、に各記事の編集履歴で確認することが出来る。

2017年ニコニコ超会議2017においてニコニコ大百科イベントに参加した一般編集者向けに「」の付与が行われた。超会議終了後も「」が付与されたままとなった一般編集者が存在していた。

2018年3月29日、「マークの取扱いについて一部仕様変更と「」付き編集者の人数拡大が行われた。(ちなみにニコニコ大百科公式Twitterブロマガでは表されておらず、はくはく氏の個人ツイートで軽くアナウンスされている。)
これにより、「」が付与された編集者は同日までに59人に増加。(人数ははくはく氏の個人ツイートexitより)また、従来「」が付与されていた一部の編集者は「」に変更された。これは、運営サイドと一般編集者差別化を図るためと思われる。ちなみに「」が変更された編集者は、現在ニコニコ大百科運営サイドの中心となっているはくはく氏とサポート3号氏の2人のみとなっている。また、運営の中にも依然「マークのままの人もおり、この中にはひろゆきグニャラくんも入っている。

その後の4月6日5月7日に行われたニコニコ大百科催のイベントバーチャルYouTuber百ッカソン」では、記事の新規作成、編集をしたいニコニコ一般会員ユーザー向けに「」の付与を行い、イベント期間内のみ特例で記事編集・記事作成できるようにした。
さらに、ニコニコ超会議2018ニコニコ大百科公式ブースで行われたイベントニコニコ超会議2018 超年表」とその関連イベントに参加する一般ユーザー編集者向けにも「」の付与が行われた。この時点で付与された編集者数は99人にまでのぼった。

なお、イベント終了後の扱いについては、はくはく氏が本記事掲示板レス>>13で一定期間後に付与の解除を執り行うことを明かしている。ただ、対者が3月29日以降分なのか、「バーチャルYouTuber百ッカソン」が始まった4月6日以降分なのかは不明である。また、ニコニコ超会議2017の時のように一部ユーザーに対しては残す可性もある。

また、今後再び編集者を増やすのかは正式アナウンスが一切されていないため不明である。

」の付与で得られる特権

」が付与されることで得ることが出来る特権がいくつかある。大きな特権として、ニコニコ大百科の記事編集面で、下記の待ち時間関係の規制全て免除となる。
※記事編集の詳しい仕様については「ニコニコ大百科:仕様」を参照。

  • 新規記事を作成し、そのあと新たに新規記事を作成出来るまでの900秒(15分間)の待ち時間(リダイレクト記事も含む)
  • 既存記事を編集し、そのあと新たに既存記事を編集したり、新規記事を作成できるまでの60(1分間)の待ち時間
  • 既存記事の名編集を行い、そのあと新たに別の既存記事の名編集が行えるまでの120(2分間)の待ち時間

なお、掲示板レス投稿の待ち時間の規制は免除されていない
また、運営ではない一般編集者付与された場合については、削除に関する権限は付与されておらず、記事や掲示板削除することはできない。

待機時間免除以外にも、以下の特権が確認されている。

多くの編集者は既にユーザ記事を作成しており実感しにくいと思われるが、イベントにおいて希望者に対し一時的にが配布されることがありその際にこの現が確認できる。未作成のユーザ記事掲示板には書き込みができないため情報伝達が難しい等の問題がある。

また、編集ロックがかかっていて、ニコニコ大百科運営しか編集できない記事を編集することができる編集者も一部存在しており、その編集者ニコニコ大百科運営関係者である。(今月のお題(仮):2018年秋アニメ編集者が編集していることが履歴で確認できる。)

」が付与される上でのメリット・デメリット

が付与されることで編集が楽になるなどのメリットがある反面、逆に付与したことで発生するデメリットも存在する。ここではそれをいくつか紹介する。

メリット

  • 記事の編集率が格段に向上する。
    先述の通り、記事編集に関する待ち時間が免除となるため、記事の編集率が格段に向上。編集に取り掛かる時間も大幅に減らすことが出来る。
  • 新規記事・リダイレクト記事の作成時間の大幅短縮
    新規記事作成後、表記ゆれの為にリダイレクト記事を作成しようとすると待ち時間規制に引っ掛かって困った事はないか。「」が付与されると待ち時間が免除となるので、リダイレクト記事を時間制限で何件も作り出すことができる。
    もちろん、新規記事でもすぐに作ることが可。「」の付与で発生する一番のメリットといえる。

デメリット

」が付与されている編集者一覧

2018年4月現在59名の編集者が付与されている。(※五十音順)

運営開発/サポート関係者

サポート~号」の記事も参照。

一般ユーザー

※差し障りなければ追記して下さい。し等のトラブルも考えられるため、本人以外が追記する際は当人への確認をお願いします。

かつて「」が付与されていた編集者一覧

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/01/18(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/18(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP