今注目のニュース
青森に存在する「りんごまるかじり条例」 どんな内容なの?地元に聞いてみた
台東区の避難所が“ホームレス拒否”し物議、ネットでは「自己責任」の声も 「日本社会の分断あらわに」
20年研いでいない包丁を切れ味バツグンの包丁に復活させる! 砥石でピッカピカになるまで磨き上げる根気に脱帽

ニコ・ロズベルグ単語

ニコロズベルグ

掲示板をみる(28)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

矢澤ニコ・ロズベルグ(Nico Erik Rosberg, 1985年6月27日-)とは、F1ドライバー息子である。

概要

本名はニコ・エリク・ロズベルグ。2016年F1チャンピオン1982年F1チャンピオンサングラス親父ケケ・ロズベルグで、史上初の親子チャンピオン達成者である…と言いたいところだが前例あり。ただし、親子共に存命かつ両方が元チャンピオンというのは史上初である。ケケはスウェーデン系のフィンランド人であるが、母親ドイツ人で、ニコ西ドイツヘッセン州ヴィースバーデン生まれである。育ちはモナコ。ちなみにドイツ語英語イタリア語フランス語スペイン語は話せるもののフィンランド語はほとんど話せないらしい。

鶴さんほどではないが、決勝よりも予選に強い傾向がある。

キャリア

F1以前のキャリア

10歳でカートをはじめ、2002年フォーミュラBMWにステップアップ&年間チャンピオン。翌2003年からF3に2年参戦。2005年GP2へ参戦し、GP2の初代チャンピオンいた。

F1でのキャリア

ウィリアムズ時代(2006年~2009年)

2006年ウィリアムズからF1デビュー。開幕戦のバーレーンでいきなりファテストラップを獲得(史上最年少記録)、7位入賞を果たして見せた。デビュー戦でファテストラップを獲得したのはジャックヴィルヌーヴ以来史上二人である。そういえばジャックウィリアムズからデビューだった。次戦では予選3位を獲得したものの、それ以降はいいところがなかった。

2007年チームメイトアレクサンダー・ヴルツ(最終戦のみバカマカジキ 轢き逃げ王子中嶋一貴)。前半はパッとしなかったが、中盤以降はコンスタントポイントを獲得し、最終戦で4位入賞を成し遂げる。

2008年は昨年最終戦から引き続いて中嶋一貴と組んで参戦する。開幕戦は荒れたレースをうまく立ち回って3位表台を獲得する。しかしこの年のマシンははっきり言って遅く、予選最高位は10位という散々なものだった。シンガポールも荒れた展開になり2位台を獲得する。2回の表台の他のグランプリは大抵下位に沈んでおり、カナダでは信号視でハミルトンのカマを掘るなど浮き沈みのしいシーズンとなった。

2009年ウィリアムズでのラストシーズンとなった。この年は着実なレースが多く、8連続入賞を果たす。シーズンを通してリタイヤは僅か1回で、2008年から数えて27戦連続完走を記録した。

メルセデス時代(2010年~)

2010年ブラウンGPもといメルセデスGPに移籍した。前年のチャンピオンチームへの移籍とあって、初優勝が期待されたが、あいにくマシンには前年ほどの圧倒的な戦闘力かった。しかしこの年は初のフロントロー獲得を達成し、また一歩初優勝への階段を上がった。チームメイトは7度のワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハ。1年を通してシューマッハを上回る活躍を見せ、獲得したポイントは2倍だった。

2011年マシン戦闘力明らかレッドブルマクラーレンフェラーリに次ぐ4番であり、シーズンの大半をポイント圏内の下位フィニッシュで過ごすことになった。全19戦のうち5位2回、6位4回、7位5回、8位1回、9位1回、10位1回と、「安定している」といえば聞こえがいいが…というような結果になった。この年もシューマッハポイントでは勝ったが、レース結果では下回ることもしばしばあった。

メルセデスでの3年を迎えた2012年メルセデスマシンは予選での速さを手に入れていた。第3戦の中国GPではついに念願の初ポールポジションから初優勝を飾った。参戦111戦での優勝であり、史上5番の遅咲きであった。シーズン前半は序盤2戦を落とした他は活躍しているが、中盤以降勢いを失っている。第13戦イタリアGPではファテストラップを記録し6位入賞、第14戦シンガポールでは5位入賞を果たすが、第15戦から最終戦まで6戦連続ノーポイントに終わった。

2013年引退したミハエル・シューマッハに代わりマクラーレンから移籍してきたルイス・ハミルトンチームメイトに迎えた。マシンは予選で他チームを大きく速さを見せ、ニコは第4戦バーレーン~第6戦モナコまで3連続でポールを獲得した。しかし決勝になってみるとに高速コーナー体のコースタイヤの持ちが極めて悪く、マレーシアでの4位獲得を除いて結果に結び付かないレースが続いた。一方モナコのような路面ミューの低いコースでは如何なく実を発揮し、悲願の優勝を飾った(のケケも1983年モナコGPを勝っており、親子モナコ優勝は初である)。昨年からのメルセデスの弱点であるタイヤの持ちの悪さは、シーズン中盤に差し掛かるとようやく善の兆しを見せ、シルバーストーンではシーズン2勝を飾っている。総合ポイントではハミルトンに負けたものの、マシントラブルを考慮するとほぼ互だったと言える。

2014年からパワーユニットハイブリッドV6ターボになると、メルセデスエンジンが開発競争に勝り、中でも本家メルセデスは開幕前テストから圧倒的な速さを見せた。ロズベルグは開幕戦で優勝し、そのままシーズン中盤までランキング首位をひた走ったが、子供のころからの友人であったハミルトンとの関係は徐々にこじれていった。そしてベルギーGPでハミルトンに接触してリタイアに追い込むと、確執は一気に表面化された。ニコ自身もシンガポールGPでリタイアしたことで流れが変わり、ハミルトンに首位を奪われ、17ポイント差のランキング2位で最終戦を迎えた。この年の最終戦F1史上一のダブルポイント制であり、優勝すれば50ポイント、十分に逆転のチャンスがあったが、その肝心な時にニコ数のトラブルが発生し、満身創痍での14位完走となった。ランキング2位という結果に終わったが、19戦中11回のポールポジションを獲得するなど予選での速さは際立っており、「速いが“持ってない”ヤツ」という印を持たれた。

2015年メルセデス一強は変わらなかったが、ニコ自身はスタートダッシュに失敗し、予選も決勝もハミルトンより悪いことが多かった。モナコGPでは3連覇となる優勝を果たしたが、終盤にはフェラーリセバスチャン・ベッテルに抜かれランキング3位に落ちるなど、低調なシーズンとなった。アメリカGPでハミルトンチャンピオンが決定。このレース後の表式に向かう中、ハミルトン2位帽子を投げつけられて昂し、投げ返すところが放送された。これが相当頭にきたのか、残り3戦で破の3連勝を飾り、昨年同様ランキング2位に入った。

2016年に入っても怒涛の快進撃は続き、開幕4連勝。しかし、続くスペインGPで1周ハミルトンと大クラッシュマックス・フェルスタッペンの最年少優勝記録が生まれてしまった。その後は好不調の波がしく、4連覇がかかったモナコGPも7位に終わった。しかし、ベルギーGP~シンガポールGPの3連勝と、マレーシアGPでのハミルトンリタイアがき、日本GPの優勝後にはハミルトンを33ポイントリードしてランキング首位。その後、ハミルトンは残る4戦を全て優勝したが、その全てで2位に入り続けたロズベルグがこの年のチャンピオンいた。

2016年終戦アブダビGPの5日後(12月1日)に突然、ロズベルグ電撃引退ニュースが流れた。世界中のファンが「エイプリルフールは4かいぞお前ら」とメディアに総突っ込みを入れた…かどうかは知らないが、ニュース真実であり、家族との時間を過ごしたいという本人の意志だった。

通算成績は、出走206戦、優勝23回、ポールポジション30回、ファテストラップ20回。

チャンピオン獲得こそ1回だったが、それまでに長いキャリアを過ごしてきたため、この数字は3度のチャンピオンであるネルソン・ピケとほぼ互の成績である。

豆知識、エピソードなど

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP