ニシノフラワー単語

ニシノフラワー

3.4千文字の記事
掲示板をみる(5)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ニシノフラワー(Nishino Flower)とはセイウンスカイ1989年生まれの日本の元競走馬、元繁殖牝馬である。

優れたスピードをもってGI競走3勝を挙げた、黒鹿毛少女
名前冠名ニシノ」+(Flower)
東・松田厩舎所属、生産は鵡西山牧場騎手佐藤正雄から河内洋

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
ニシノフラワー(ウマ娘)を参照してください。

な勝ち
阪神3歳牝馬ステークス桜花賞スプリンターズステークス(GI)
デイリー杯3歳S読売マイラーズC(GII)、札幌3歳S(GIII)

レース名や表名を除き、年齢表記は基本的に現表記に統一

生い立ち

Majestic LightデュプリシトDanzigという血統。米国からの持込である。

ダート10F以上のGIを4勝し、種牡馬としてオークスなどを輩出しそこそこ活躍している。母親は未出走であるが、曾祖母セクレタリアトの全であり、近に大種牡馬サーゲイロードがいる。結構な良血である。

ニシノフラワーは「ニシノ」や「セイウン」の冠名でしられる西山正行が所有する西山牧場で生を受けた。西山牧場1970年代は社台ファームに匹敵する大牧場であったが、本が産まれる頃には導入種牡馬の失敗を要因として成績が低迷しており、革の手段として少数精鋭義に切り替えた。そのときに導入された繁殖牝馬が本デュプリシトである。

韋駄天少女の快速日記

2歳

デビューは2歳7月札幌開催。膜炎のもあり負担の少ないダートを初戦に選んだが、ここを後続に4身つける快勝を収めた。続く札幌3歳S、更に京都に戻りデイリー杯3歳Sく間に重賞を連勝。

こうなれば2歳女王の座は貰ったも同然である。阪神3歳牝馬ステークスでは、4コーナー3番手から強く伸び、サンエイサンキューシンコウラブリイを抑えて押し切り勝ちを収める。文句なく最優秀3歳に選ばれ、来年のクラシック戦線の役をることは疑いようもない。上の佐藤正雄騎手も初めてのGIタイトル獲得となった。

3歳

冬休みの後、当時オープン特別だったチューリップ賞を始動戦に選び、1.2倍という圧倒的一番人気に推されたものの、仕掛けが遅れた結果群から抜け出すのが遅れ、アドラーブルから3身離された2着に敗北。この結果を受けてデイリー杯を除き全て騎乗してきた佐藤正雄騎手が自ら降を打診。新たに関西トップジョッキー河内洋を迎え桜花賞へと向かう。

桜花賞本番でも2.3倍と高い人気を維持したまま向い、4コーナー先頭から阪神の坂を全く意に介する事なく駆け上がり、3身半差をつけて押し切り、チューリップ賞敗北熨斗を付けて返した。

続くオークス距離が長かったか直線で伸びを欠き7着、しかし着差は3身程度ではあった。

ローズSから始動するが、ここでは4着。続くエリザベス女王杯(当時は牝馬三冠路線の三冠で、距離も2400m)では距離不適と思われたせいか6番人気まで人気を落としたが、思い切って中段後方につける策が奏功し、内から鋭く伸び3着を確保。

シーズンの締めくくりに古との混合戦であるスプリンターズステークスを選択。この時は2番人気で、ダイタクヘリオスが1番人気だった。レースでは後方グループ競馬を進め、最終コーナーで大外に持ち出すと、ヤマニンゼファー逃げ切り体勢を図っていた所をゴール手前で一気に強襲。クビ差で差しきりGI競走3勝を挙げた。

この年6戦2勝、桜花賞スプリンターズステークス優勝という成績から最優秀4歳と最優秀スプリンターを受賞した。

4歳

1993年も現役続行。初戦のマイラーズカップで後続を3身突き放す快勝を収め、安田記念を1番人気に迎えたが10着に大敗。宝塚記念に出走したが8着と特に言うことなく終わる。

シーズンスワンS3着の後、マイルチャンピオンシップ13着と大敗を喫した。しかし続くスプリンターズステークスでは本格化したサクラバクシンオーヤマニンゼファーには敗れるも3着を確保し、少女としての才気を遺憾なく見せつけた。

この年を最後に引退した。通算成績は16戦7勝、重賞GI競走3勝を含む6勝で、古になっても一線級のと戦えており、どこに出しても恥ずかしくない、それどころか隠す必要すら感じさせない立な成績である。

その後

1994年から繁殖入りし、96年に初子が誕生。産駒は全部で11頭おり、その内9頭がデビューにこぎ着け、7頭が中央勝ち上がりを収めた。代表産駒は若駒Sを制したニシセイリュウや、重賞で2度の2着があるニシノマムスメ重賞に届く産駒は出なかったものの、勝ち上がったが全頭複数勝を挙げてるから、アベレージは非常に優れている。

孫、曾孫世代も中央で勝ち上がるを複数おり、フラワーの勝った札幌2歳ステークス(フラワーが勝ったときは札幌3歳Sだったが)を制し、クラシック戦線に加わったニシノデイジーはフラワーの曾孫であり、セイウンスカイとの間に生まれた子の孫という西山牧場謹製の血統である。

繁殖を引退後、故郷の西山牧場(牧場の敷地はダーレージャパンに売却されたが、育成牧場としての機は保有している)にて功労として生活していた。長らく息災であったものの、2020年2月5日西山オーナーブログにて死亡が発表された。享年31歳。

現役時代は最大でも430kgそこそこの小さな体だったが、短距離では相手に大立ち回りを演じ、苦手な中長距離でも一定の成績を残した。ヤマニンゼファーを差しきり、56kg背負って相手に3身つけるパワフルであった。

血統表

Majestic Light
1973 鹿毛
Majestic Prince
1966 栗毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gay Hostess Royal Chager
Your Hostess
Irradiate
1966 芦毛
Ribot Tenerani
Romanella
High Voltage Ambiorix
Dynamo
*デュプリシト
1985 鹿毛
FNo.2-s
Danzig
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Pas de Nom Admiral's Voyage
Petitioner
Fabulous Fraud
1974 鹿毛
Le Fabuleux Wild Risk
Anguar
The Bride Bold Ruler
Somethingroyal

クロスNative Dancer 4×5(9.38%)、Nearco 5×5(6.25%)

産駒成績

関連動画

丁度100位。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/06(木) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/06(木) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP