ニッパー 単語

42件

ニッパー

1.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ニッパーとは、

  1. ニッパー - 工具の一種。概要解説する。
  2. ニッパー(生放送主)
  3. ニッパー君 - Victorの蓄音機に首をかしげる。通称ビクター犬。 → His Master's Voice
  4. 女性用矯正下着の一種。ウエストニッパー
  5. ゲームバンジョーとカズーイの大冒険」に登場するキャラクター

である。

概要

ニッパーは、配線コードワイヤープラスチックなどを切断するために使われる工具である。
電気工事、電気製品の修理をはじめとする工業的な用途やプラモデル制作手芸にも使われる。また、ネイルサロンなどで使用されるを切るためのニッパーも存在する。(一般的な「爪切り」もニッパーの一種とも言える。)
先端が鋭いになっており、軽いで細い針などを切断することができる他、プラモデルなどではバリ取りやランナーから切り取る時に用いる。
ニッパーには用途に合わせた専用のニッパーがあり、JIS基準などによってわけられている。

名前は「挟む」を意味する「nip」からだと思われるが、

英:Diagonal pliers
独:Seitenschneider
西:Cortaalambres
芬:Sivuleikkurit
仏:Pince coupante
中:斜口鉗
などなど各Wikipediaではてんでバラバラ名前になっていて、日本で何故「ニッパー」と呼ぶようになったのかはわからない。ついでに「ニッパ」と表記される場合もある。

種類

  • ニッパ(一般的なニッパー。JIS基準では強級、普通級がある。)
  • ニッパ(ニッパーの中でもかなり強いタイプ先が切れないように注意。)
  • 精密ニッパ(電気工学につかわれる。名の通り精密作業向け。)
  • エンドニッパ(縦方向に切ることに適したニッパー。切るものによっては軽くけがするので注意。)
  • 斜めニッパ(シャニッパーとも。ケーブルの切断と皮むきに適している。皮むきの際に普通のニッパーと取り違えるとどんどんケーブルが短くなるので注意。)
  • プラスチックニッパ(読んでのごとくプラスチック向け。切る際にプラスチックに負荷がかかりすぎて化してしまうこともある。)
  • 電工ニッパ(ニッパーにが開いていたりするタイプ。通電しないように設計されているものも多い。)

関連動画


ニコニコミュニティ

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
麻倉もも[単語]

提供: (o・∇・o)

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/21(日) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/21(日) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP