今注目のニュース
街中で酔いつぶれた光景を「顔出し」でTwitterに投稿、法的な問題は?
みちょぱ、潔癖を主張するもツッコミ殺到 おぎやはぎ・小木「汚い」「ありえない」
どのデザインを覚えてる? 「UCC ミルクコーヒー」の復刻デザイン缶 7月1日発売

ネタバレ単語

ネタバレ

掲示板をみる(1,372)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
ネタバレ注意 ※※注意※※
この記事は、ネタバレについてネタバレしています。
核心を突いている部分があったら、字で隠すなど細工してください。
この記事は247今週のオススメ記事に選ばれました!

ネタバレとは、娯楽作品の相・核心(ネタ)が明らかになってしまう(バレてしまう)ことである。 」←注意

ネタバレはネタばらしとも呼ばれる」←注意

ネタバレは英語ではスポイラーSpoiler)と呼ばれている」←注意

この記事の最後に心臓にわるい画像が貼ってあります」←注意!

概要

基本的に「その作品の概要を知っている、もしくは既に一度見ている」者が、知らない者にその概要を明かしてしまう行為。故意か否かは問わない。

昔は会話や記述で行われていたネタバレも、ネットの普及した現代では、速さと詳細さを増したものが(時にデマなどと混ざって)容易に発散出来る・閲覧させられるようになっている。

一般サイトブログでは管理者が未見の読者に配慮してネタバレに対する注意喚起をすることも出来るが、掲示板Twitterniconico内各サービスのように、人の出入りがしく自由に書き込みが出来る場所ではネタバレに出くわすことが非常に多い。

ニコニコ動画におけるネタバレ

まず非常に多いのが、動画視聴者がその内容や、扱われている作品のネタバレを書き込んでしまうケース。特に視聴直後(再生0)の段階でピンポイントコメントを残し、これから動画を観る視聴者に対して、作品の相や肝となる内容を先にバラしてしまう行為が存在する。

また、MAD作品等には、題材となっている作品の結末やクライマックスシーン等が含まれることもある為、投稿者があらかじめ投稿者コメントタグで注意を呼びかけている場合がある。

ネタバレ注意」「コメント非表示推奨」等のタグコメントが付けられている動画では、初見の際に注意しよう。特に後者のように投稿者コメントで注意が呼びかけられていた場合、読まずに視聴して逆ギレ荒らし、という非常に見苦しいケースも散見される。

「ネタ」としてのネタバレ

その一方で、あくまでもネタとして「ネタバレ」が扱われる場合も数多い。代表例は以下の通り。

他にも、サムネイル画像でその動画の内容や結果がおおよそわかってしまう「サムネタバレ」等があるが、これはいわゆる出落ち的な演出として扱われることが多い。

ネタバレ対策

如何に対策を講じていても、思いがけない場所からネタバレは飛び込んでくる。ましてや何の対策もせずにぼんやりとネットを眺めているだけでは、ネタバレをにしたところで何の文句も言えない。

最強策は「よりもく視聴すること」これに尽きる(ネタバレする側にまわってしまわないよう注意)。それでもごく稀にではあるが、店舗在庫からのフライング入手や試写会や海外などで先行開されているところなどから違法な手段で入手した情報(書籍などは予約すると違法なことをしなくても発売日前日に届く人もいる)でネタバレされるリスクが残っているので(あるいは学校仕事などで発売日や開初日に視聴できない場合や、大作RPGなど1日で終わらないものなどについて)、万全を期すなら(開日より少し前からの)「該当作品を見終わるまでのネット断ち(ただし直前に開される期間限定情報を逃してしまうジレンマも)帰りの電車学校・職場で立ち話が聞こえてくるという可性も残っているが、最速視聴していればまず起きない。

それでもネットは見たい! でもネタバレは嫌! と言うワガママな人の為に、ここに次善の策を記しておく。もちろん璧ではないので、自己責任でどうぞ。

  • ネタバレがありそうなウェブサイトは見ない。最近ではブラウザが履歴からオススメしてくるリストの見出しにも警
  • 2ちゃんねるTwitter等、該当作品のネタバレが多そうな場所に行かない。
  • ニコニコ動画なら、あらかじめコメントを非表示にしておく。
  • ネタバレになりそうな言葉をあらかじめNG機能で対策しておく。 例:死、犯人、勝、負、神展開など。
  • バレと信じ込み、ワクワク感を維持する。「自分ので見て確かめるまでは確定しない」。
  • ネタバレされても動じないような精を身につける。
  • 「作品の面さは演出・技術・動き・効果によるものでネタバレされたからといってなんともいよ」と強がる。
  • 公式がネタバレのときはどうしたらいいんだろう。

コラム : どこまでが「ネタバレ」なのか?

では、どこまでが「ネタバレ」として扱われるべきなのか?

ブロガーや掲示板利用者、さらにはニコニコ大百科編集者を悩ます問題のひとつでもあるだろう。果たしてどこまでの記述が許されるのか。ネタバレは「悪」か「善」か。ネタバレ糾弾を恐れるあまりに作品の魅について触れられない、ネタ部分を払拭出来ないといったファンジレンマは解決されるのか。

ギリギリのラインで悩める人々にぐ。

ネタバレに関する私的定義(甘くする定義)

作品のことを書く以上、すべてはネタバレにあたるといえばそうなのかもしれないが、少し厳密に定義しようとすると次のようになるのではないかと思う。

ある時点まで情報を伏せておくことによる演出効果(おもしろさ)が意図されている時に、その情報を望まない未視聴の人間に教えて視聴する楽しみを損なうことをネタバレという。

こういう定義に基づけば、たとえば結末に関する情報でも断片的でその情報からでは隠された部分を推測できない場合や、情報を伏せることによる演出効果が意図されていない場合などはネタバレにあたらないので、思い切って書くこともできるかもしれない。

たとえば「~子: 大統領」と書いた場合でも、作品内で最初から「大統領」として出てくる場合はネタバレではないが、普通の人として登場して、最後に正体が明かされることでが解明される、といった場合はネタバレになる。

ただ、すでに知っている人間と知らない人間とでは視点・感じ方にかなり温度差が出るので、意識して検討する必要はある。またどこまでが制作者の「意図」であるかも(そのことをおもしろいと思ったかどうかという主観に基づく)推定でしかなく、人によって解釈が分かれる可性は十分にある。

人によって解釈が分かれるのを避けるために、情報すべてを一ネタバレ禁止としたりする場合もある。

また、上記の定義によるのであれば、見る前からネタバレすることが明らかなもの(プレイ動画や一部の2次創作)や、視聴者が結末を知っていることが前提のものなどはネタバレにあたらないといえる。

フラグはネタバレか(辛くする定義)

フラグ本質物語を成立させるための演出のの断片であるということに理解があれば、死亡フラグなどはフラグの存在を明かしてしまうことだけで死亡を予測することができ、生死に言及しなくてもネタバレになりうる。

よくあるネタバレの一例

まとめ

ネタバレは他人の楽しみを奪うことになるので、極避けた方がよい。

例えばあなたが楽しみにしていた物語を見る前に「この話、実は最後で××××なんだよ!」と言われてしまったら、どう思うだろう?

安易かつピンポイントなネタバレによって、最後までその作品を見る、楽しむ気持ちが削がれてしまう人も多くいることにはまず配慮しなければならない。

しかしその一方、ネタバレを過剰に避けることで文章が読みづらくなったり、誤解やネタ扱いが生じたまま解消されないという事態が生じ、結果として作品から離れてしまう人がいるのもまた事実である。また、ネタバレを批判することで場が荒れることがあり、「荒らしに構うものも荒らし」に似たジレンマを生むこともある。

いずれにせよ、あなたにとっては許容できない・できるネタバレでも、仮にネタバレにはあたらなくても、人によってはそうは考えないということがあるということは念頭に置く必要がある。

関連動画

関連項目

↑「心臓」に「わるい」と書いた画像

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP