今注目のニュース
糸谷哲郎八段がツンデレ化 仲良し都成竜馬六段に「用意してなかったらクビ」「よくやった」/将棋・AbemaTVトーナメント
でっぱりん、木村花さん死去に絶句 自身も2000件以上の誹謗中傷の被害
猫8匹「家で仕事? かまってニャー!」→3カ月後「今日もおるよ」 猫たちとの距離感ビフォーアフター漫画が面白い

ノストラダムス単語

ノストラダムス

  • 8
  • 0
掲示板をみる(107)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ノストラダムス(1503-1566)とは、ルネサンスフランスに存在した詩人、学者である。
多くの人には予言者として認知されていると思われるが、これについても本稿で説明する。

概要

16世紀のフランス出身の詩人医師科学者、料理研究
本名は「ミシェルノートダムMichel de Nostredame)」。

ミシェル・ノストラダムス師の予言集』を始めとする様々な著作を発表し、その中には「化粧品とジャム論」に始まる料理関連の著作もいくつか存在する。日本では「ノストラダムスの大予言」というタイトルの著書が知られているだろう。
信奉者もまた現在も少なくない数存在しており、彼の残した予言を巡って様々な論争が繰り広げられてきた。

アヴィニヨン大学で学業に腐心したことに始まり、当時では一流の博識を持ち合わせていた事でも知られる。科学者や
医師としてルネサンスを担った一人であるとされる一方、権者に取り入るのが上手い食通でもあるという人間らしさもあり、また医師として、南フランスペストが流行した時は自らが感染するかもしれない事も顧みず患者を治療するべく奔走したという英雄的な一面もある。しかしペストによって彼は妻と子供を一度に失ってしまい、「医者でありながら自分の家族すら救えなかった」という感から各地を放浪するようになる。
その後は、サロン=ド=プロヴァン地方へ定住するようになるまでに各地へ様々な伝説を残していたようである。
(この放浪中にまつわる記録が残っていない、というのが大きいだろうが)

ノストラダムスにまつわる俗説

  • よく名前を「ミシェル・ド・ノストラダムス」と表記されるが、最初に述べた通り「ミシェルノートダム」が本名であり、これは誤った表記である。まず、ノストラダムスとは本名である「ノートダム」をラテン語に表記を変えたものであるため、言うなれば彼が著作活動の際に用いていたペンネームなのである。次に、名前の間に入っている「ド(de)」はフランス人の姓に多く見られるものの、ラテン名の姓にこの名前は付けない。そして何より、ノストラダムスは自らの著書に「ド(de)」を入れた名前の表記を一切行っていない。
    ミシェル・ド・ノストラダムス」なる名前が広まったのは同じ時代に存在したノストラダムスの偽者(ノストラダムス2世)が元となったためと言われている。
  • またノストラダムスが非な才を持っている事を裏付けるエピソードに「ノストラダムスは在学時代(15歳頃)にコペルニクスの地動説を知っていた」というものもある。こちらについても、裏付けとなる資料や記録はいので創作であると思われる。仮に事実だとしても、当時のミシェル少年の発言をが記録に残していたというのか・・・
    これに限らず「アンリ二世の死を予言した」「黒豚の違いを見抜いた」「処女喪失を見破った」等など、ノストラダムスには予知明するような裏付けの取れない伝説が数々流布しているが、こういった話を信じる事は山本弘氏の著書にく「大裁きや一休さんのとんち話を実話だと信じてるようなもの」。
  • 術師として紹介される機会も多いが、当時と現在では占術に対する認識が異なる事に留意されたい。一般的にはあまり知られていないものの、当時の占術は医学哲学と密接に結びついている学問であって、医学における治療技術にも占術が用いられていた程である。中世時代の知識人にとって占術は必修科の1つであった。
    ちなみに言うとノストラダムスの本職はあくまでも「医者」であって、少なくとも「占術師」ではない。
  • 日本を始めとして世界中で「ノストラダムスの大予言」が一時期話題となり、世界の滅亡をめかす騒ぎにまで発展したのは記憶に新しいだろう。こちらについては後述。

ノストラダムスの大予言

1973年頃に五島勉による著作「ノストラダムスの大予言」が発表されると、当時の「人類滅亡」ブームも手伝い大ベストセラーとなる。これに端を発し、数多の「ノストラダムス研究」達によってノストラダムス関連の本が出版され、その結果『1999年恐怖の大王が降臨し、人類は滅亡する』という予言のみが一人歩きを始めるに至る。

ノストラダムスの予言を見てみると解るのだが、予言の大半は様々な言が散りばめられて構成されているので言葉の意味すら解らない文章が多い。そして大多数の「予言解釈」は、『事件が発生した後に「ノストラダムスはこの事件を予言していた!」とこじつけている』だけに過ぎない。五島勉の著書にしても、資料がエピソード創作して大幅に膨らませているというのが相で、内容を調べてみるとフィクションデタラメともいう)である事が解る。
かつて、オウム真理教地下鉄サリン事件を引き起こす引き金になったのもこの著書が発端といわれるが・・・?

以下、山本弘氏の著書より引用

  • ノストラダムスの大予言」なるものの正体は、ノストラダムスの予言のテクニックに踊らされた自称「研究」達がよってたかって築き上げた、壮大な妄想にすぎないのである。
  • 断言しよう。ノストラダムスの日本人が理解するのは、まず不可能に近い。フランス人にさえ困難だろう。日本のノストラダムス本の著者の中には、ろくにフランス語を知らず、他の訳者が訳した文章を元に「解読」している者もいるありさまだ。
  • ちょっと想像してみてほしい。室町時代末期(ノストラダムスと同時代)の歌人が書いた和歌を、現代のフランス人が和辞典のみを参考にして解読できるだろうか?
  • さらに呆れたことに、日本人のノストラダムス研究の大半はフランス語が読めないのである。英語が読めないシェークスピア研究」「日本語が読めない紫式部研究といったものを想像してみれば、これがいかに奇怪な現であるかご理解頂けるだろう。
  • ただのインクの染みが人によっては「チョウチョ」に見えたり、「悪魔の顔」や「抱き合っている男女」に見えたりもする。それと同じで、曖昧な言葉で書かれているノストラダムスの予言は読む人間主観によって、どのようにでも解釈できてしまう。
  • この2000年間、数え切れないほどの宗教家占い師、予言者らが世界終末の日を予言し、ことごとくはずし続けている。彼らの勝率は0パーセントだ。にも関わらず、彼らの言葉を信じて人生を棒に振る愚か者は後を絶たない。
  • 戦争環境問題による人類滅亡の危機は依然として存在するが、それは人間の努によって回避できる問題だ。だが予言者や予言の信者達はそうは考えない。彼らにとって未来は決定済みであり、努しても変更不可能なのだ。それどころか、世界が滅びるのは喜ばしい事なのだ。
  • レーガン政権下で内務長官だったジェームズ・ワットは、の汚染を心配する連邦下院の委員会メンバーへ向かって、「自然破壊など大して気にならない」と責任に言い放ったという。イエスの再臨まであと何世代もかかるわけじゃないですからな」と。
    そう、終末予言を信じる人間が多くなるほど世界が本当に終末を迎える確率は高くなるのだ。だからこそ、次の事実を全人類が肝に銘じる必要がある。
    「予言は当たらない。予言を信じるな」

 

引用元:「トンデモ超常現象99の相」「トンデモノストラダムス本の世界」「トンデモ大予言の後始末」

 

近年では「2012年に人類は(今度こそ)滅亡する」という説が流布していた事もあった。その結果についてはここに記述するまでもないだろう。
もっともこちらについては、ノストラダムスの予言と直接の関係は薄いものの展開されている事態は上記と同様の現にほかならない。そして、当記事をご覧になっているあなたがもし、これと同種の予言を見かけたら、そのあかつきにはえて言ってやろう。

 

 

この嘘つき!!

 

 

 

参考→ 「wikipedia:ノストラダムス現象exit

関連動画

関連商品

ノストラダムスはたまごっちガンダムウルトラマンルパン三世、果てはニコニコ動画すらも予言していた?
大予言を盛大に笑い飛ばす、新次元の予言解釈の世界へようこそ。

関連項目

掲示板

  • 105ななしのよっしん

    2020/05/06(水) 10:56:13 ID: U+Xy3F/Ubi

    これが流行っていたのは日本だけってのがなぁ。
    当のフランス人にしてみれば「何言ってんだこいつら」と思うだろう。

    当時の日本オウム関連の事件とか、地球温暖化対策のためのCOP3(日本では京都議定書で有名)とか、暗いニュースが多かったせいでこういう「終末論」的なものが受け入れられやすい潮だったんだろうなぁ。

  • 106ななしのよっしん

    2020/05/15(金) 22:06:37 ID: LKhNw2/5Mj

    正直イルミナティカードも一番騒がれてんの日本だけって感じしてくる
    あれ自体ノストラダムスの代わりって感じしてくるし
    あからさまに外の絵なのにやたらと日本で起こる(起こった)ことにしがちだし
    カードに関しては911的なあれのカードもあってたかノストラと違って海外でもそこそこ言われてるけど
    ウィキペイルミのカードの記事でも、日本語だと予言がどうこう書かれてるんだけど、英語とかの記事だと時にそういう記述は書かれてなかったり
    スレチ気味でスマソ
    まあ、これもカード人生棒に振る人間製造マシンではあるよな

  • 107ななしのよっしん

    2020/05/15(金) 22:16:04 ID: /BZSQa2IrN

    (予言者扱いした場合に)コロナショックを予言出来なかったという点では、現存する全ての占い師共と同程度の人物ではある。
    年明けの時点にでも、「までに汎人類的な災厄が世界を席巻するから、個人個人の運命等バカらしくて占う気もしない」等と放言したご仁が何人おいでやら…(新年々にメシのタネを失う覚悟が必要だが)。

急上昇ワード

最終更新:2020/05/25(月) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/05/25(月) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP